python opencv で遊んでみる 6

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

python opencv で遊んでみる 6

モノづくりが好きで、ブログでは電子工作やゴミ回収ロボットのことを書いています。, ゴミ回収ロボットを一緒に開発してくれる方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。, Kazuki Room ~電子工作・ロボット・3Dプリンター・RaspberryPi~, 'data/dst/opencv_face_detect_rectangle.jpg', Kazuki Room ~電子工作・ロボット・3Dプリンター・RaspberryPi~ by, 解決!「Arduino ‘read’ was not declared in this scope」というコンパイルエラーについて, Blenderと3Dプリンターを使用してミニ四駆を作ってみた!【3Dプリンターで出力可能な3Dデータを作ります!】, RaspberryPiとMJPG-Streamerでライブストリーミングをする方法, 保護中: C++でNon-local Means Filterを自作して画像のノイズを除去する, 保護中: pythonによる効果的な適応的二値化処理(adaptiveThreshold)について. 以前の記事で、複数フレームにわたる連写画像を使ってノイズ除去のコードを書いてみましたが、OpenCVにもその機能が備わっているようです。今回はその効果を確認するとともに、以前書いた記事との比較をしてみます。, 画像のノイズ除去手法として、Non-local Means Filterというものが知られています。これは画像の中からちょっと遠いところも含めて、画像の類似性を探して、ノイズを除去する手法です。小さなウィンドウをちょいと遠くからずらして、相関が高いところの画像とそのウィンドウとのフィルタ合成をするものです。, 動画のような複数フレームモノであれば、隣接するフレーム間では同一座標付近に似たような特徴が出るだろう。ということで、時間軸方向に似たテクスチャを探して、ノイズ除去することが可能です。以前の記事, これでは、その特徴を使ってノイズ除去を大真面目にやってみました。iPhoneのような、小さいセンサを使ったノイズが乗りまくった画像をソースにしても、それなりに拡大にも耐えられるような画像ができました。, Non-Local MeansはOpenCVにも実装されています。簡単に調べたところ、, と複数用意されています。今回の場合には、複数枚のカラー画像なので、fastNlMeansDenoisingColoredMultiを試すことになります。, 基本的な原理は以前の記事でやっていることと同じなのだと思います。たぶん。チュートリアルには明確に、Labに色変換した後に、Lとabに対して独立にノイズ除去を行う。とあるので、このあたりのアプローチは違います。が、隣接画像間で近いところを見てノイズを取っていると思います。その関数の引数ですが、, 1.画像列(リスト)2.ベースとなる画像(フレーム番号)3.ノイズ除去に使用するフレーム数(なぜか奇数である必要があります)4.h : フィルタ強度パラメータ。値が大きいとノイズをより消せるが、画像のティテールも失う。(デフォルト3)5.hForColorComponents : カラー用のフィルタ強度パラメータ6.templateWindowSize : テンプレートウィンドウの大きさ。奇数(7が推奨)7.searchWindowSize : 探索ウィンドウの大きさ。奇数(21が推奨), ココの引用です。ココでは、Cのコードを説明していますが、Pythonでもおそらく同じだろうと思います。これもまたおそらくですが、hがLabのL(明るさ)に対するパラメータで、hForColorComponentsがab(色)に対するパラメータと予想しています。, 6のtemplateWindowSizeは、探索する窓の大きさかなと思います。7のsearchWindowSizeは探す範囲かな?推奨値で用いる場合、21×21の範囲を7×7の窓で探すということなのではないかと予想します。この場合、上下左右に7画素ぶれていてもよいよ。と言ってくれているのかな。, こんな感じかな?今回は推奨値(7, 21)で試してみることとします。コードとしては、こんな感じ、多分使い方あってると思うんだけどなぁ。, めちゃくちゃ処理に時間がかかります。どっかでハングったかな?と思うくらいでした。おそらく真面目に7×7のウィンドウ単位で隣接フレームのマッチングを取っているのではないかと予想されます。前回の記事で試した手法は、32×32のブロック単位のマッチングなので、計算量はかなり有利です。このマッチング、回転は考慮されているのかな?そのあたりは不明です。, そしてその結果ですが、ちょっとイマイチな気がします。完全にテクスチャが消えている箇所があるかと思えば、ノイズがイマイチ取り切れてない箇所があったりします。, 左がノイズ除去前、右が今回のfastNlMeansDenoisingColoredMultiの結果、中央が以前の記事で試した手法。右の結果では、洋服のスジや縫い目、表面のけば立った感じが完全になまされています。しかしエッジ付近でのノイズ除去がイマイチ効いていません。真ん中のサンプルがその両立ができていて、一番きれいに見えます。, もういっちょ拡大してみます。被写体は隅っこに写っていた子供のおもちゃの人形の家です。一番右は、左にある窓枠のノイズが取り切れていない上に、屋根がつるつるになっています。パラメータがイマイチなのかもしれませんが、うまく両立できていないように見えます。, ちょっと気になったので、OpenCVのNlMeansによるノイズ除去と、自前のNlMeans的なノイズ除去を比べてみました。 サンプルが限定的なので一概に有利不利は言えませんが、連写した7枚の静止画をソースとして試した場合、処理時間、画質ともに自前の方が結果がよかったです。パラメータを最適化するには処理がかかりすぎて、あまり真面目に試せていませんが、少しノイズ除去の処理が強すぎる感じがします。何か使い方を間違っているかもしれませんね…。, いったん自前の処理の方が今回の目的には適している。ということにして満足して寝ることにします。, 連写写真でいろいろ遊んできましたが、スマホのような画質の悪いカメラで、「はい、チーズ」で止まった状態を撮る場合には、10枚程度の連写がいいかな。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, とある電気メーカーのエンジニアをしています。ソフト屋さんです。ものを作るのが好きです。 (第2回)Python + OpenCV で遊んでみる(基本画像処理編) OpenCV. opencv_python‑3.3.1‑cp36‑cp36m‑win_amd64.whl, cv2.imreadで指定したファイルを、指定した形式で読み取り、NumPyの配列で返してくれるようです。 AIや機械学習がトレンドとなっており、Deep Learningのアルゴリズムや学習方法の情報収集をしていくなかで、一つ疑問に思いました。「あれ?この学習した結果ってどうやって利用するんだろ?」機械学習で学習させた結果の利用には、画像の判別や画像の認識などの例が多く、画像処理が出来ればおもしろいことが出来そうだということで、本テーマではOpenCVを使って遊んでいこうと思います。, OpenCVはインテルが開発・公開しているオープンソースの画像処理・解析ライブラリです。オープンソースの画像処理ライブラリの中では、デファクトスタンダードになっており、多くの分野で使用されています。対応言語は、C/C++、Java、Pythonが対応となっていますが、.Net Framework(C#,VB)向けのラッパーライブラリも有志によって多く作成されていますので、.Netユーザでも利用出来ます。 今回はPythonを使用してOpenCVを利用したいと思います。, その他、Pythonの標準/外部ライブラリを使用するので、適時紹介していきたいと思います。, 今回は、Python導入に統合環境であるAnacondaをインストールします。インストール方法については、別記事((第3回)pythonでAIプログラムを作成)の記載と同じなため、そちらを参考にインストールします。, まずは今回使用するPythonの仮想環境を作成します。Anaconda上で複数の仮想環境を切り替えることができるため、別バージョンのPythonの環境や、特定のライブラリをインストールした環境等を簡単に切り替えて使用することが出来ます。, 1. 以前の記事で、複数フレームにわたる連写画像を使ってノイズ除去のコードを書いてみましたが、OpenCVにもその機能が備わっているようです。今回はその効果を確認するとともに、以前書いた記事との比較をしてみます。複数画像によるNon-Local Anaconda Promptを管理者権限で開く 2. ここのところPythonを勉強していて、基本的なところはさらったので「さて何をやるか」と考えてopenCVで画像認識かなーとAnaconda Navigatorでインストールしようとしたらできなかったので、どうやってインストールしたかをまとめておきます。 Help us understand the problem. 折角なら、OCRのように文字の抜き取りなんかもしてみたいですね。, 今更ながらのことでも、つたないことでも。 コマンドプロンプトにて試したら次のようになりました。, なので、Pythonのインストールからと言う方はAnacondaのサイトからダウンロード&インストールを行なってください。

小学校 外国語科 評価 2020, アイアン マン マーク46 マスク, Note コメント 受け付けない, タント 水温センサー 場所, マンション ガラス 熱割れ 保険, Ora-01031 権限が不足しています Create View, Xd 共有 表示設定, 朝顔 種 芽切り, 画像 縮小 荒くなる, 靴 新調 運気, エクセル セル 結合せずに 縦 中央, 高校生 男子 プレゼント 2,000円, 僕のヒーローアカデミア 漫画 全巻 無料, デート 別れ際 寂しい, Zip パスワード 自動生成 Lhaplus, ダッシュ 英語 訳し方, 白菜 豚肉 ポン酢 大根おろし, 夙川 甲陽 線 時刻表, 進研ゼミ 退会 理由, 不動産 投資 おすすめしない, リモートデスクトップ 通信量 Windows, Steam セーブデータ 巻き戻し, 柴犬 ジャンプ 高さ, 楽天kobo 端末 セール, 大阪ガス 関西電力 どっち 一人暮らし, ワイシャツ の襟の 作り方, インク 残 量 灰色,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *