mtg 黒 最強クリーチャー 21

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

mtg 黒 最強クリーチャー 21

... 2020年7月3日発売のマジック:ザ・ギャザリングのセット SNSで発信して頂くことも問題はありません。 緑のクリーチャーに黒の除去や手札破壊などのコントロール要素を織り交ぜた、ビート・コントロールの形態をとる場合が多い。. 【黒単】生け贄を捧げて勝利せよ!『戦慄のアヤーラ』デッキで大きく取り上げたカードです。, 黒のクリーチャーが出るか生け贄に捧げるたびに能力を発動するので、黒単のサクリファイス(生け贄)系デッキで威力を発揮します。, このクリーチャーは、戦場に出たときに各プレイヤー(自身を含む)にクリーチャーかプレインズウォーカー1体の生け贄を強制させ、それができないプレイヤーはカードを1枚捨てさせます。, いわゆるハンデス(手札を捨てさせる)やコントロール(盤面を制御・制圧する)において役立つクリーチャーですので、デッキ構築の上で覚えておいて損はありません。, 毎ターン、ドロー(デッキから手札を引く)の前に手札を1枚捨てる必要を迫られますが、たったの黒、計3マナで7/6という驚きの高ステータスを誇ります。, デメリット以外の能力は持ちませんが、手札を意図的に捨てることで墓地利用を狙ったり、またグレートヘンジを最速の緑2マナで落着させたりすることもできます。, シンプルですが、飛行と初期ステータスの高さにより、相手からするとより除去し辛くなっています。, 白黒デッキでライフを得る手段が豊富にある場合は、アジャニの群れ仲間共々(ともども)採用するのはもはや定番というか、様式美(ようしきび)になっています。, 召喚マナ・コストと同じコストで出来事として唱えられ、自身が2点のライフを失う代わりにクリーチャーかプレインズウォーカー1体を破壊できます。, クリーチャーとしての性能は、ステータスが2/3で絆魂(はんこん。与えたダメージ分、自分がライフを得る)を持ち、また死亡したときにライブラリー(デッキ)の一番下に置くという変わった能力があります。, ライブラリーを切り直すカードなどを利用すれば、再び引いて再利用するのも現実的です。, トークン以外の自軍のクリーチャーが死亡するたびに、1点のライフロスを受けますが、デッキからカードを1枚引けます(強制能力)。, シンプルですが、黒単などでは自発的にクリーチャーを生け贄に捧げるカードなどが多数存在するので、盤面を支配しつつハンド・アドバンテージ(手札枚数の優位性)を稼げます。, ダメージを受ける場合は、そのダメージを軽減(無効化して受けなくする)し、+1/+1カウンターを1つ取り除きます。, なんといっても、戦闘以外で相手プレイヤーにダメージが与えられるたびに+3/+0の修整を受けられます(強制能力)。, 緑3マナで4/4のステータス、他のクリーチャーが出るたびに+1/+1、サイズアップします。, パワーが自身より大きいクリーチャー(そうそう出ない気がしますが)の場合はさらにサイズアップします。, 緑3マナで4/4の時点で十分な強さを持つのに、それ以上にパワーアップする強力クリーチャーです。, ステータスはやや高めで、1マナを支払い、このクリーチャーを生け贄に捧げることでアーティファクトかエンチャント1つを破壊できます。, シンプルな能力ですが、相手が強力なエンチャントなどを活用する際には、サイドボードに忍ばせておくと2戦目以降の対戦があるときに役立ちます。, 出来事は緑の1マナで唱えられ、白の1/1の人間・クリーチャー・トークンを1体生成します。, 1/1のクリーチャーをコントロールしていないと攻撃できないデメリット(ただし、出来事とはむっちゃ噛み合っていますね)はありますが、3マナで5/5は破格のステータスです。, MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 ブログや情報サイト主様とのリンク共有等は大歓迎です。 黒コントロール(Mono Black Control)は、黒単色のコントロールデッキ。略して「黒コン」とも呼ばれる。, アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。, プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードをX枚、無作為に選んで捨てる。, クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。堕落はそれに、あなたがコントロールする沼(Swamp)の数に等しい点数のダメージを与える。あなたは、これにより与えられたダメージに等しい点数のライフを得る。, 黒の得意とするクリーチャー除去や手札破壊をベースに、対戦相手と戦場をコントロールすることを狙う。, エンドカードはドレイン系の呪文や大型クリーチャーが主であるが、時代によってカード自体はまちまち。, 黎明期から現在まで非常に人気のあるデッキタイプであり、環境によって構成は様々。黒は色拘束が強いカードや、単色デッキで組まれることでより威力を発揮するカードが多いため、環境に現れた強力なカードを最大限に使いたいが為に組まれたりもする。, 手札破壊を持つ性質上、コンボデッキやパーミッションには有利。ピンポイントでのクリーチャー除去も豊富なため、中速ビートダウン相手にも互角以上に戦える。, 一方、手札の消費が激しいウィニーは、手札破壊の効果が薄くなること、黒にライフロスを要求するカードが多くダメージレースで押し切られやすいことから相性が悪い。特にこの傾向が顕著なスライや、多くの黒の除去が効かない黒ウィニーなどは苦手。しかしこれに関しては、環境に存在するドレインカードや、除去特に全体除去の速度や質次第で挽回も不可能ではない。, その他にも、プロテクションやアーティファクト、エンチャントは、手札破壊やアーティファクトに頼らなければ処理が困難なため、メタられると色対策カードの質によってはどうしようもなくなってしまう場合もある。, 前環境の黒単色デッキに彩色の灯籠/Chromatic Lanternを組み込んだ、彩色黒単(Chromatic Black)が登場した。, あなたがコントロールする土地は「(T):好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ。 (T):好きな色1色のマナ1点を加える。, 以下から1つを選ぶ。 ・あなたのライブラリーからカード1枚を探し、それをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。 ・ゲームの外部からあなたがオーナーであるカード1枚をあなたの手札に加える。, 各種除去で時間を稼ぎ、陰謀団の要塞/Cabal Strongholdの大量マナで勝負を決める基本戦略は前環境と同じ。大きな違いは首謀者の収得/Mastermind's Acquisitionによるウィッシュボードが取り入れられていることで、彩色の灯籠を前提に、苦悩火/Banefire、浄化の輝き/Cleansing Nova、原初の災厄、ザカマ/Zacama, Primal Calamityなど様々な色のカードが採用される。, ドミナリア参入後、陰謀団の要塞/Cabal Strongholdを中心に据えた黒単色のコントロールデッキが登場した。, (T):(◇)を加える。 (3),(T):あなたがコントロールしている基本沼(Swamp)1つにつき(黒)を加える。, キッカー(5)(黒)(あなたはこの呪文を唱えるに際し、追加で(5)(黒)を支払ってもよい。) 威迫 リッチの騎士、ジョス・ヴェスが戦場に出たとき、これがキッカーされていた場合、威迫を持ち黒の2/2のゾンビ(Zombie)・騎士(Knight)クリーチャー・トークンを8体生成する。, 致命的な一押し/Fatal Push、大災厄/Doomfall、ヴラスカの侮辱/Vraska's Contemptなどの除去や手札破壊で対戦相手の攻勢を凌ぎつつ土地を並べ、闇の取り引き/Dark Bargainやウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urzaで手札を補充。最後は陰謀団の要塞や太陽の聖域/Sanctum of the Sunが生み出す膨大なマナから、霰炎の責め苦/Torment of HailfireなどのX呪文かキッカー込みのリッチの騎士、ジョス・ヴェス/Josu Vess, Lich Knightを唱えて勝負を決める。, 信心ギミックを中心とする黒単色のミッドレンジである黒単信心(Mono-Black Devotion)が存在する。, アスフォデルの灰色商人が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれX点のライフを失う。Xは、あなたの黒への信心に等しい。あなたはこれにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。(あなたの黒への信心とは、あなたがコントロールしているパーマネントのマナ・コストに含まれる(黒)の総数である。), エンチャント(土地) エンチャントされている土地は「(T),ライフを1点支払う:カードを1枚引く。」を持つ。, 時のらせんブロック期は、「黒い神の怒り/Wrath of God」こと滅び/Damnationをベースにしたコントロールデッキが存在した。特に時のらせんブロック構築で有力なタイプだったが、スタンダードにも存在した。, 黒き剣の継承者コーラシュのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールする沼(Swamp)の数に等しい。 (1)(黒):黒き剣の継承者コーラシュを再生する。 壮大 ― 他の《黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackblade》という名前のカードを1枚捨てる:あなたのライブラリーから沼カードを最大2枚まで探し、それらをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。, 突然の死/Sudden Deathや堕落の触手/Tendrils of Corruption、殺戮の契約/Slaughter Pactなどの単体除去によって序盤の攻勢をしのぎ、滅びによってカード・アドバンテージを稼ぐのが基本的な戦略。特に堕落の触手はライフを稼ぐのにも役立った。時のらせんブロック構築では、幽体の魔力/Spectral Force対策に大物狙い/Big Game Hunterが使われることもあった。, この環境には黒に実用的なドローが無いため、手札破壊から一気に大型クリーチャーへ繋ぎゲームを決めるのが重要となる。, フィニッシャーには手札破壊と相性がよいファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem、制圧力のある要塞の監視者/Stronghold Overseerやセンギアの吸血魔/Sengir Nosferatuがよく用いられた。未来予知参入後は黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackbladeが使われることが多かった。, デッキ内のカードが3マナ以降に偏っていたため、マナ加速として虹色のレンズ/Prismatic Lensや精神石/Mind Stoneがよく採用されていた。, 時のらせんブロック構築では、メタゲームで最有力視されたスライに対して、除去兼回復の役割を果たす堕落の触手、火力で除去されづらい高タフネスのクリーチャーが有効だった。, 未来予知参入後の時のらせんブロック構築では、ニヒリスコントロールとも呼ばれる、小悪疫/Smallpoxを中心としたものが主流となった。, 各プレイヤーは1点のライフを失い、カードを1枚捨て、クリーチャーを1体生け贄に捧げ、その後土地を1つ生け贄に捧げる。, 帰ってきた悪疫/Poxこと死の雲/Death Cloudを利用したデスクラウド型が登場した。, 各プレイヤーはそれぞれX点のライフを失い、各プレイヤーはそれぞれカードをX枚捨て、各プレイヤーはそれぞれクリーチャーをX体生け贄に捧げ、その後、各プレイヤーはそれぞれ土地をX個生け贄に捧げる。, 黒単のものは世界のるつぼ/Crucible of Worldsを使用したるつぼクラウドがある。, トーメントが黒重視を全面的に押し出していたため、オデッセイ・ブロック構築および当時のスタンダード環境で一大勢力を形成する。, すべてのクリーチャーは、ターン終了時まであなたがコントロールする沼(Swamp)1つにつき-1/-1の修整を受ける。, (2),(T):あなたがコントロールする沼(Swamp)1つにつき、(黒)を加える。, 無垢の血/Innocent Blood、チェイナーの布告/Chainer's Edict、もぎとり/Mutilateをフル投入したマス・デストラクション型が流行する。, 陰謀団の貴重品室/Cabal Coffersからの大量マナにより、ミラーリ/Mirariや次元の門/Planar Portalを有効利用できた。, とどめはミラーリ経由の堕落/Corruptや霊魂焼却/Soul Burn。無垢の血/Innocent Bloodを減らして戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadfulやナントゥーコの影/Nantuko Shadeで押し切るタイプもある。また、相手次第では消えないこだま/Haunting Echoesで投了に追い込むことも。, インベイジョン・ブロック期は、ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arenaでカードを引くアリーナドレイン。→*1, オンスロート・ブロックが入ると燻し/Smotherやアンデッドの剣闘士/Undead Gladiatorが追加され、完成度が更に高まった。→*2, また、陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minionを主力にしたノワールも登場。, 各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーはアーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを生け贄に捧げる。, 暴露/Unmaskや深淵の死霊/Abyssal Specterで手札破壊しつつ、疫病吐き/Plague Spitterや仕組まれた疫病/Engineered Plagueで戦場をコントロールするデッキが登場した。, あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたの手札にある黒のカード1枚を追放することを選んでもよい。 プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。, あなたのアップキープの開始時に、疫病吐きは各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれ1点のダメージを与える。 疫病吐きが死亡したとき、疫病吐きは各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれ1点のダメージを与える。, フィニッシャーはのたうつウンパス/Thrashing Wumpusやファイレクシアの盾持ち/Phyrexian Scutaなど。, ウルザ・ブロックでヨーグモスの意志/Yawgmoth's Willや強迫/Duressなどのパワーカードを得たことにより、当時のスタンダードやウルザ・ブロック構築で活躍した。, ターン終了時まで、あなたは、あなたの墓地から、土地をプレイしても呪文を唱えてもよい。 このターン、あなたの墓地にいずれの領域からでもカードが置かれるなら、代わりにそれを追放する。, 対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。, テンペスト・ブロック期には、死体のダンス/Corpse Danceやヴォルラスの要塞/Volrath's Strongholdを利用しクリーチャーの能力を使いまわす戦術が登場した。使いまわされるクリーチャーは貪欲なるネズミ/Ravenous Ratsやファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelordなど。特にボトルのノーム/Bottle Gnomesをメインに回すタイプはダンシング・ノームと呼ばれる。, バイバック(2)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(2)を支払ってもよい。そうした場合、その解決に際し、このカードをあなたの手札に加える。) あなたの墓地にある一番上のクリーチャー・カード1枚を戦場に戻す。そのクリーチャーはターン終了時まで速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それを追放する。, (T),ファイレクシアの疫病王を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-4/-4の修整を受ける。クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。, Jakub Slemrが世界選手権99にこのデッキを持ち込み、スタンダード部門6戦全勝、総合ベスト8と輝かしい成績を残している(デッキリストはWorld Championship Decks 1999を参照)。, マスクス・ブロック参入後には、吸血の教示者/Vampiric Tutorによるシルバーバレット戦略を基調としたフローレスブラックも登場する。, あなたのライブラリーからカードを1枚探す。その後あなたのライブラリーを切り直し、そのカードをその一番上に置く。あなたは2点のライフを失う。, 第5版でネクロポーテンス/Necropotenceが再録されたためネクロディスクは健在。, あなたのドロー・ステップを飛ばす。 あなたがカードを捨てるたび、あなたの墓地にあるそのカードを追放する。 1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを裏向きのまま追放する。あなたの次の終了ステップの開始時に、そのカードをあなたの手札に加える。, 各プレイヤーは、自分のライフの端数を切り上げた3分の1を失う。その後各プレイヤーは自分の手札にあるカードの端数を切り上げた3分の1を捨てる。その後各プレイヤーは自分がコントロールするクリーチャーの端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。その後各プレイヤーは自分がコントロールする土地の端数を切り上げた3分の1を生け贄に捧げる。, 基本的戦略は、アドバンテージを生み出すカードを多用して相手より多くのリソースを展開し、自分のリソースが残る程度に悪疫/Poxを唱え、残ったリソースか早いリカバリーによって勝利することである。, 最強クラスのドローエンジンであるネクロポーテンス/Necropotenceを利用したネクロディスクが環境を真っ黒に染め上げた(通称、ネクロの夏)。, ネビニラルの円盤はタップ状態で戦場に出る。 (1),(T):すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。, 単純にネクロポーテンスで大量にカードを引いてハンド・アドバンテージを稼ぎ、危なくなったらネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskで戦場をリセットする。, レガシーでは、従来の黒コントロールに緑をタッチしたTrain Wreckと呼ばれるデッキが存在する。, (X),破滅的な行為を生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがX以下の、すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。, (黒)(黒)(黒),(T):土地1つを対象とし、それを破壊する。その土地が基本でなかった場合、ヘルドーザーをアンタップする。, 用いられないこともあるが、フィニッシャーに据えられているヘルドーザー/Helldozerが特徴的。, また、旧エクステンデッドに存在したPoxも、さらなる改良が加えられて存在している。, 飛行 探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。), ETB持ちクリーチャーを多く搭載したアドバンテージ重視型のコントロールデッキが存在する。, 騒がしいネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札のカードを1枚、自分のライブラリーの一番上に置く。, 騒がしいネズミ/Chittering Ratsやファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Ragerなどのアドバンテージを稼げるETB持ちクリーチャーに、墓所のネズミ/Crypt Ratsによる全体除去、血の署名/Sign in Bloodによるドロー、ティム能力を持つクォムバッジの魔女/Cuombajj Witchesなどを用いて様々な形でアドバンテージを取りに行く構成が特徴。それを多くの単体除去で補う形になっている。, ライフロスが激しい上、ダメージソースがクリーチャーの攻撃だけではデッキとしての線があまりにも細いため、プレイヤーを対象に取れるドレインカードが追加の勝ち手段として用いられる。以前は堕落/Corruptが最有力であったが、テーロス以降はETB持ちクリーチャーなどで稼いだ信心を利用できるアスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodelが重視されるようになった。信心を増やしながら相手のクリーチャーを除去できるカードとしてクォムバッジの魔女/Cuombajj Witchesや土牢/Oubliette‎が重視される。そちらは黒単信心を参照。, 黎明期にはビートダウンへの強さからメタの中心にいたデッキ。その後は夜の犠牲/Victim of Nightやゲスの評決/Geth's Verdictなど優秀な除去を獲得してはいたものの、他のデッキの強化や新しいデッキの成立に比べ相対的に弱体化していった。テーロス以降は禁止改定により苦手なデッキが消滅・弱体化したこともありトップメタの一角に返り咲いている。, 精神錯乱/Mind Twistなどで手札破壊し拷問台/The Rackでダメージを与える黒き拷問台が存在。, 拷問台が戦場に出るに際し、対戦相手を1人選ぶ。 選ばれたプレイヤーのアップキープの開始時に、拷問台はそのプレイヤーにX点のダメージを与える。Xは、3引くそのプレイヤーの手札の枚数である。, カラデシュ・ブロック+アモンケット・ブロック+イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019期, Korlash, Heir to Blackblade / 黒き剣の継承者コーラシュ, http://mtgwiki.com/wiki/%E9%BB%92%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB, Pauper Premier #664833 on 11/07/2009 1st Place (, Pauper Daily #5712217 on 07/22/2013 4-0 (.

鬼ちゃん 嫁 予想 5, ウルトラタワー 希望の唄 Mp3 7, 東京グール 考察 リゼ 5, しんのすけ 来店 兵庫 6, 朝pon 歴代 アシスタント 7, ジンジャー リリー 球根 販売 16, Moshimo 岩淵 年齢 8, メリオダス ゼルドリス 声優 57, 366日 歌詞 意味 13, オーディオ 2ch まとめ 38, 形式 意味 対義語 7, 俺と結婚 したい と聞かれた 13, 野々村は なの 松村北斗 出会い 46, 今田美桜 高 画質 8, 志村けん まとめ 5ch 4, ゴッドタン 20150606 動画 18, 台湾地震 日本 恩返し 58, 瑛人 出身 中学 5, 社内 つきまとい 止まらない 24, ゲオ 予約 自動キャンセル 32, Teams 翻訳 会議 22, 知らなくていいこと キスシーン 動画 26, 最遊記歌劇伝 Oasis 感想 4, マリル 色違い 剣盾 15, 頭痛 頭頂部 ズキズキ 52, Svn 差分 マージ 8, 逃げ恥 特別編 未公開 8, シティーハンター 二次小説 ダーク 15, セブンイレブン 漂白剤 使い方 7,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *