152mm 自 走 榴弾砲 6

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

152mm 自 走 榴弾砲 6

の2S3に基づくソビエトD-20 152.4mm榴弾砲、4-6人。 この自走榴弾サービスを入れたとして、1971年のソ連の対応にM109、アフガニスタン中の二つのチェチェンの戦争、そして時に用いるリビアのアメリカの南北戦争です。 ソース:Armorama 1910/37 гг.)とは、ロシア帝国時代に採用されたM1910 152mm榴弾砲をソビエト連邦が改良した榴弾砲である。他の近代化された火砲と同様に大祖国戦争の序盤において使用された。, M1910 152mm榴弾砲はライバルのM1909 152mm榴弾砲と同様にフランスのシュナイダー社が設計したものであり[1]、ロシア・ソ連国内の工場において1911年から1927年にかけて348門が製造された。しかし、旧ロシア帝国の一部であったフィンランドやポーランド、エストニアなどの独立時に一部が接収された上に、第一次世界大戦とロシア内戦、ポーランド・ソビエト戦争による損耗が重なり、1936年時点において赤軍の手元に残されたM1910は5門の試作品を含めた101門のみであった。, このため1920年代末に赤軍が保有する旧式火砲ほぼ全種類に対する大がかりな近代化計画が始まっても、ごく少数に過ぎないM1910 152mm榴弾砲をわざわざ近代化する価値はないと見なされ、1936年まではそのまま運用されていた。しかし、1936年にはM1909/30と同様に拡大された薬室を有する新型砲身が搭載され、木製の車輪はゴムを張り付けた金属製のそれに換装された。この改修を受けたM1910は、M1910/37 152mm榴弾砲として制式採用された。, M1910/37榴弾砲は比較的新しい設計であったため、砲架の仰角向上などの改修は行われていなかった。タイヤを木製からゴム付きの金属製に取り換えたことにより、牽引速度は18km/hまで向上した。移動時には8頭の馬で牽引し、砲1門ごとに付属する弾薬箱には砲弾22発と薬莢24個、そして発射用火薬が収められ馬3頭で牽引された。, しかし第一次大戦期に設計された砲である点に変わりはなく、単脚式砲架故の水平射角の狭さと、車軸にサスペンションがないことにより自動車による高速牽引が不可能な点は改善されることはなかった。, M1910/37榴弾砲が導入された直後には新型のM-10 152mm榴弾砲が開発されたが、これは砲架の構造の複雑さにより生産ペースが上がらず、1941年には生産が中止されている。M1910/37榴弾砲はライバルのM1909/30と共に大祖国戦争に投入されたが、具体的な運用期間や戦果ははっきりとしておらず、ドイツ国防軍やフィンランド国防軍がこれを鹵獲して運用した形跡もない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=M1910/37_152mm榴弾砲&oldid=59477036. M1910/37 152mm榴弾砲(ロシア語:152-мм гаубица обр. 搭載砲はD-20榴弾砲(25口径152mm)を車載用に改造した2A33榴弾砲(34口径152mm)で車体後部に設置された360度旋回可能な密閉式砲塔に搭載している。最大射程は17.3km(OF-546 高性能榴弾の場合)、RAP(ロケットアシスト弾)を使用した場合24kmになる。装填補助装置が搭載されており、発射速 … 152mm榴弾砲M1937(ML-20)(ロシア語: 152-мм гаубица-пушка образца 1937 года (МЛ-20) )とは、ソビエト連邦が1937年に開発した榴弾砲であり、その長砲身と長射程、高仰角故にпушка-гаубица(曲射カノン砲、英語:Howitzer-gun)とも呼ばれる。 83式152mm自走榴弾砲(83しき152mmじそうりゅうだんほう、中国語: 83式152毫米自行加榴炮 )は、中国の自走砲。 その名称が示す通り、榴弾砲とカノン砲を兼ねる自走砲として設計されている。 これは現代では一般的な設計であり、中国語においても 83式152毫米自行榴弹炮 と表記されることもある 1910/37 гг. M1910/37 152mm榴弾砲(ロシア語: 152-мм гаубица обр. )とは、ロシア帝国時代に採用されたM1910 152mm榴弾砲をソビエト連邦が改良した榴弾砲である。 他の近代化された火砲と同様に大祖国戦争の序盤において使用された。 榴弾砲 (りゅうだん ... 砲(左)と八九式十五糎加農(右)は、(前者は砲身の強度を上げかつ軽量に抑えられる自緊砲身採用の新鋭榴弾砲 で ... 砲や自走榴弾砲の射程はほぼ20,000mから30,000m、最大で40,000m超程度であり、一般的な155mm / 152mm榴弾砲の口径長は39、45、あるいは52口径である。 … 152mm榴弾砲M1937(ML-20)(ロシア語: 152-мм гаубица-пушка образца 1937 года (МЛ-20))とは、ソビエト連邦が1937年に開発した榴弾砲であり、その長砲身と長射程、高仰角故にпушка-гаубица(曲射カノン砲、英語:Howitzer-gun)とも呼ばれる。, ソビエト連邦の赤軍は、ロシア帝国時代に制式採用したM1910 152mmカノン砲の後継としての152mm砲を必要としていた。1930年代にはM1910の砲身を延長しマズルブレーキを取り付けるなどの改良を行ったM1910/30 152mmカノン砲を開発し、さらにはM1910/30の砲身をM1931 122mmカノン砲用に設計された新型の開脚式砲架に搭載したM1910/34 152mmカノン砲を開発した。, 1937年、ソビエト連邦はより高仰角をとれる新型の砲架を開発し、M1910/34の砲身と駐退機をこれに搭載した新型砲をM1937 152mm榴弾砲(ML-20)として採用した。この新型砲架にM1931 122mmカノン砲の砲身と駐退復座機を搭載したのがA-19(M1931/37) 122mmカノン砲である。, ML-20は薬莢を利用する薬莢砲である。砲撃時の反動を抑えるため、砲口にスリット多孔式のマズルブレーキを装備している。照準器には第二次大戦後の榴弾砲と同様に計算尺式の仰角算出装置が付属しており、距離や天候などに応じて最適な仰角を素早く算出できるようになっている。, 砲身は牽引時に左右への進路変更の邪魔にならないよう、後座位置で固定する機能がある。砲架にはリーフスプリング式のサスペンションが装備され、より高速で支障なく牽引可能になっている。タイヤは初期型ではM1910/34と同じ金属製スポーク式転輪にゴムを張りつけたものであったが、早期に金属製ホイール付きのゴムタイヤに変更されている。, ML-20はA-19 122mmカノン砲と共に軍司令部直属の砲兵連隊に配備され、主に遠距離からの火力支援や対砲兵・対要塞砲撃戦を任務とした。, 1939年のノモンハン事件で初めて実戦投入され、長射程砲の少なかった大日本帝国陸軍および満州国陸軍の陣地や砲兵を砲撃戦にて圧倒し、ソ連・モンゴルの勝利に貢献した。同年の冬戦争と後の継続戦争にもマンネルハイム線の突破などに投入された。, 1941年からの大祖国戦争ではほぼ全期を通じて活躍した。徹甲榴弾や対コンクリート榴弾を使用すれば、パンターやティーガーIも撃破することが出来たため、SU-152やISU-152の主砲としても重宝された。, 第二次世界大戦後も10年ほど第一線部隊に配備されていたが、1956年には射程距離などの性能でほぼ同等ながらも2トン近く軽量化されたD-20 152mm榴弾砲の配備開始に伴い退役し、海外に供与された。, ナチス・ドイツ軍はバルバロッサ作戦からモスクワの戦いの失敗までの間はソ連軍に対して圧倒的優位を保っており、ドイツ国防軍は兵器の不足を補う意味からも鹵獲した多数のML-20を15.2 cm KH.433/1(r)(ロシア製15.2cm 433/1型榴弾砲)として採用し、152mm砲弾の生産まで行って運用維持に努めた。, フィンランドもドイツが鹵獲したML-20を受領し、152 H 37.として採用したが、フィンランドにはML-20を牽引可能な車輌が無かったため沿岸砲として運用された。戦後もソ連からML-20を受領して運用を続け152 H 88-37に改修し、2007年になってようやく退役した。, この他にもワルシャワ条約機構加盟国や中東・アフリカ諸国、朝鮮民主主義人民共和国、共産党時代のアフガニスタンにも供与され、中東戦争などで運用された。, 152-мм гаубица-пушка образца 1937 года (МЛ-20), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ML-20_152mm榴弾砲&oldid=79865038. 83式152mm自走榴弾砲(83しき152mmじそうりゅうだんほう、中国語: 83式152毫米自行加榴炮)は、中国の自走砲。その名称が示す通り、榴弾砲とカノン砲を兼ねる自走砲として設計されている。これは現代では一般的な設計であり、中国語においても83式152毫米自行榴弹炮と表記されることもある[2]。, 開発は1970年代後半に開始された。その設計がいずれに範を採ったかには諸説ある。M109 155mm自走榴弾砲に倣うとするもの[5]、2S3アカーツィヤ 152mm自走榴弾砲のコピーとするもの[4]などがあるが、完成した車両は牽引式の66式152mm加榴砲と321式多用途車両を組み合わせたものと考えられている[1]。, ハルビン市の第674設計所による開発は、1978年末には形をなし[3]、1980年2月には試作車による公試を開始、1981年7月には結果を反映した新型の試作車を投入して試験を続け[1]、1983年11月に制式化された[3]。この間、チチハル市の第127設計所が半自動装填装置を開発し、嘉興市の第5318設計所が照準装置を開発するなど、他の設計所による開発も行われていた[1]。, 520馬力の4ストロークディーゼルエンジンで駆動する履帯には6つの転輪を持ち、最高時速55kmを発揮可能である[1]。, 主砲の仰角は62度、射程は17.2km(通常弾)、21.5km(射程延伸弾)。携行弾数は砲塔と車体の合計で30発、これを最高で毎分5発発射可能である。1990年代に入っての改装で、レーザー誘導砲弾の使用も可能となった。, 副武装として12.7mm重機関銃を砲塔上に、同軸機関銃として7.62mm機関銃を装備する他、砲塔上に69式40mm対戦車ロケットランチャーを追加可能である[1]。, 1984年10月1日[1]、北京での35周年記念パレードで公開された[2]。1個大隊は18両で編成されていた[1]。, 1988年から50両がイラクに輸出されたが[6][7]、1990年までの生産数は78両に留まっている[1]。, Type 83 152mm Self-Propelled Gun-Howitzer, Type 83 152-mm self-propelled gun-howitzer, Type 83 152-mm Self-Propelled Gun-Howitzer, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=83式152mm自走榴弾砲&oldid=73390835.

転スラ 14巻 Oad 4, ヘブンズフィール 一章 考察 7, レモン ダンス 種類 9, 秘書検定1級 独学 時間 8, 永野芽郁 奈緒 似てる 23, 陶芸 レンゲ 作り方 6, プロ野球 投手 回転数 ランキング 24, 人狼ゲーム マッドランド 庄司 7, Suzuchan1206 息子 モデル 26, 氷河期世代 ツケ 少子化 27, サラシアスリム ティー 効果 8, ブリブリブリブリュリュリュリュ ブツチチブブブチチブリリ�%8 36, 侍の名の も と に なんj 10, 藤崎マーケット Ten クビ 10, アイスボックス 飲み物 組み合わせ 5, アイミーブ 重量税 車検 5, アルビレックス スポンサー 金額 5, 秘書検定1級 独学 時間 8, ホテル ザ マンハッタンスタンダードダブル 9, 無限の住人 凛 結婚 4, サンズ スマブラ 海外の反応 53, 吉田羊 痩せ た 32, 朝 ランニング なんj 22, 大坂なおみ 父親 国籍 5, Arcadia City Jeu 6, スター ジェッツ Miyu 5,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *