裁判 it化 teams 5

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

裁判 it化 teams 5

・平成 30 年に全国の地裁に提訴された民事訴訟 (約 13 万 9 千件) のうち、4 割以上にあたる約 6 万件で争点整理が実施されていることから、Teams の利用を契機に争点整理のプラクティスを見直すことで争点整理をより充実したものにすること。, 民事裁判の IT 化においては、上記のような争点整理手続における Web 会議の利用を行っていくほか、今後においては法改正も含め、口頭弁論期日における Web 会議等の利用によるさらなる利便性の向上や訴訟の迅速化、訴訟の提起の際の訴状の提出や手数料等の納付、その後の準備書面の提出等をデジタル化すること、期日の進捗状況等を当事者がオンラインで確認できるようにする等の変更も検討されており、世界でも例を見ない先進的なデジタル裁判の実現を目指しています。, 日本マイクロソフトは、最高裁による民事訴訟手続の IT 化、デジタルトランスフォーメーション (変革) を支援することで、迅速かつ効率的で、セキュリティ面に十分配慮した、国民にとって利用しやすい裁判の実現に貢献していきます。, [参考情報] ・争点を整理するための資料や、契約書などの関連資料を Teams の画面共有を利用して、関係者全員が同じ場所にいるかのように、文書を確認し、争点を確認・議論・協議できる, ■ 民事訴訟の争点整理に Microsoft Teams を活用することで期待される効果: 日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。 ・裁判所に出頭していない当事者の顔の表情を見ながら争点整理をすることができる * その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。, 【日本マイクロソフト株式会社について】 受付時間: 9:00 – 17:30 マイクロソフトコーポレーション Web サイト http://www.microsoft.com/, 本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。, http://www.courts.go.jp/about/topics/webmeeting_2019/index.html, https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/smb/teams.aspx, Project xCloud プレビュー プログラム、11 月 18 日より日本で提供開始, レジリエンシー、変化、イノベーションの時代に向けて: クラウドにフォーカスした企業戦略が業界全体のトランスフォーメーションを推進. ・Teams を利用したWeb会議を利用することで、移動時間を考慮せずに争点整理手続のための期日が設定でき、結果的に裁判期間の短縮に繋がる 日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志) は、最高裁判所 (以下 最高裁) が推進する、民事訴訟手続きの IT 化において、当社のクラウドサービス「Office 365」におけるコラボレーションツール「Microsoft Teams (マイクロソフト チームズ、以下 Teams)」が採用されたことを発表します。2020 年 2 月から 9 か所、2020 年 5 月頃から 5 か所の裁判所で取り扱われる民事訴訟事件の争点整理注から Teams が活用されることになります。民事訴訟事件の争点整理において、Teams が活用されるのは世界初です。, Teams は、「Office 365」においてチームワークを実現するためのコラボレーションハブとして機能するアプリケーションとして、世界で毎日 2,000 万人以上に利用されています。Teams は、チャットによる会話を軸に、資料の共有や同時編集、Web 会議や企業向け電話機能、各種アプリケーションとの連携が可能なことから、時間や場所にとらわれないリモートワークやテレワークによる、法人の働き方改革やデジタル変革の実現に欠かせないコラボレーションツールとなっています。また、お客様の Teams のデータは、マイクロソフトの日本国内のデータセンターに格納されるため、政府・自治体・公共機関・医療・教育などの規制の厳しい分野の組織でも、安心してお使いいただくことができます。, 従来、民事訴訟手続きの争点整理手続においては、当事者が遠隔地に居住しているなどの理由がある場合、電話会議やテレビ会議システムも利用することができました。しかし、電話会議では当事者や裁判官が互いに表情等を見ることができず、またテレビ会議システムを利用する場合でも裁判所間でしか接続できないため、訴訟が係属する裁判所に出頭できない当事者も最寄りの裁判所までは出頭しなければなりませんでした。また、電話会議やテレビ会議では、裁判官と両当事者が同じ書面や図面の、同じところを見ながら協議することも難しいものがありました。このような制約もあってテレビ会議システム等の利用も活発なものとはなっておらず、遠隔地間における訴訟においては出張を伴うため、当事者や代理人弁護士の移動時間や費用などの負担増のほか、裁判所と両当事者で裁判期日の調整を行う際、移動時間を含めて調整する必要がある結果、なかなか都合が合わず、次回期日が先の日程になってしまうこともありました。, 今回裁判手続の IT 化を実現するフェーズ 1 の取り組みとして争点整理において Teams を使うことで、裁判の関係者は、場所にとらわれることなく、Teams 上で資料を同時に閲覧し、表情等も確認しながら争点を確認、議論できるようになります。, ■ 民事訴訟の争点整理における、Microsoft Teams の活用例: LIBRA Vol.20 No.1-2 2020/1-2 5 第1部 裁判手続のIT化・Q&A Q1 A1 Q2 A2 裁判手続のIT化とは,どのようなものな のですか? 裁判手続のIT化とは,民事訴訟手続をイ ンターネットなどのIT(Information Technology) を活用して実施することをいいます。 https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/smb/teams.aspx, (注) 争点整理手続とは、民事訴訟において、当事者間で争いになっている事実は何であり、その事実を立証するためにどのような証拠調べを行うかといった、争点や証拠の整理をする手続きであり、公開の法廷で行われる準備的口頭弁論と、非公開の場で行われる弁論準備手続・書面による準備手続がある。弁論準備手続・書面による準備手続においては電話会議やテレビ会議システムの利用が認められている。 働き方改革 NEXT について詳細を見る, 最新の導入事例やセミナー情報をチェック! ・Teams の Web 会議機能を利用し、訴訟関係者が一か所に集まることなく、弁護士事務所等からも争点整理に参加できる 最高裁判所は2020年から一部の地方裁判所などで民事裁判の争点整理手続きに日本マイクロソフトのクラウド型チャットツール「Teams」を導入することが分かった。2019年5月17日に同社が開いた公共市場の戦略説明会で、佐藤知成執行役員常務パブリックセクター事業本部長が明かした。 取りまとめでは、民事裁判手続のIT化実現に向けたフェーズ1として、2019年度中に特定庁において、現行民事訴訟法の下でウェブ会議等のITツールを積極的に利用した、より効果的・効率的な争点整理の試行・運用を開始することとされている。 (土日祝日、弊社指定休業日を除く). 1 裁判のIT化関係で 一部の裁判所が、2020年から争点整理手続にマイクロソフトのTeamsを活用するという記事が出ていました。 http://www.courts.go.jp/about/topics/webmeeting_2019/index.html 日本マイクロソフト株式会社は、最高裁判所が推進する、民事訴訟手続きのIT化において、当社のクラウドサービス「Office 365」におけるコラボレーションツール「Microsoft Teams」が採用されたことを発表します。 ・Teams の資料共有や同時編集の機能を利用し、裁判所が作成した「争点整理案」の骨子に双方が主張を書き込んで 1 つの書類を完成させる Teams を活用した争点整理を行う裁判所の情報は上記 Web サイトを参照ください。, Microsoft Teams について * Microsoft、Office 365、Microsoft Teams は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。 ・争点整理手続のために裁判の関係者が遠方に出張する必要が無くなり、当事者や弁護士の時間、および弁護士の出張や移動時間にかかる費用を節約できる 一部の裁判所が、2020年から争点整理手続にマイクロソフトのTeamsを活用するという記事が出ていました。, https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02183/, https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/saiban/dai9/index.html, 福岡でも開始されるということで、「もしかしたら福岡地裁の裁判もやるかもしれないし、そのうち長崎にも波及するだろう。」という読みのもと、せっかくなので早期にTeamsの導入することにしました。, そのときに検討した事項等をまとめましたので、今後導入を検討される先生方はご参考までにどうぞ。, Teamsは、マイクロソフトが提供しているグループチャットソフトです。 組織内でのやりとりをチャット形式でできたり、ファイルの共有をすることが可能です。似たようなサービスだと、「チャットワーク」や「スラック」なんかがありますね。, https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software, 社内のやり取りをメールでやっていたりするのであれば、結構業務の効率化ができると思います。うちでは、現在、チャットワークを不在時に入った電話連絡のメモを共有や、ファイルのやり取り、備忘録の記録等に活用しています。, チャットワークとの比較で言えば、Teamsは、タスクの押しつけができない代わりに、会議機能等がついている感じです。, https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/hardware-requirements-for-the-teams-app, 一応、約2年前に購入したCPUがCorei3 /メモリ4GBのデスクトップパソコン(Windows10)でも動きましたが、他のアプリとの併用を考えると、もう少しスペックが欲しいところ。, 調べた感じだと、CPUが最新のCorei5か少し古いcorei7/メモリ8GB〜くらいあればそれなりに動きそうな感じですが、これから買い換えるなら、すこし奮発してメモリは16GBにしておいた方が快適だと思います。 他のOfficeアプリの要求水準もどんどん上がっていますからね・・・, OSはWindows7やOSX El capitan でも動くらしいので、それほど気にする必要はありませんが、セキュリティの関係から、OSは最新のものにしておくのがベターかと思います。, また、会議機能を活用するためには、マイクやカメラが必要です。imacのように、最初から組み込まれているのでなければ別途購入しましょう。, Teamsは無料バージョンからはじめられます。さっそくインストールして使ってみましょう(マイクロソフトアカウントがない場合は別途作成が必要)。 ストレージが少なかったりしますが、とりあえず触って試す分には全く問題ありません。, https://products.office.com/ja-JP/microsoft-teams/group-chat-software, で、使っているなかでさらにストレージが必要になったり、スケジュールを設定した会議をする必要に迫られたら有料の方に移行すればいいと思います。, そのときは、他のWordやらなんやらが不要ならBusinessEssential、WordやらなんやらもほしければBusinesspremiumを選ぶ感じでしょうか。, なお、plannerやSharePoint、顧客管理ソフトなんかも使えるようになるらしいので、うちでは移行するのであればBusinesspremiumに移行する予定です。, https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/free, 他のチャットツールを利用されていれば、移行は容易かと思いますが、これからという場合には、グーグルで「Microsoft Teams 導入ご参考資料」と検索すると、マニュアル的なものが出てきます。適当に触っててもそれなりに使えるので、あんまり必要ないかとは思いますが。, 外部ユーザーも招待できるので、顧問先とのやりとりに活用できるのではないでしょうか。ファイルの共有もできますし、チャットが残るので、以前のやりとりの確認も容易です。, 後は、早く刑事裁判の方にも波及して欲しいところ。とりあえず準抗告とかだけでもIT化しません?, この間、この辺についておうかがいできる機会があったので聞いてみたところ、弁護士側のTeamsは、無料アカウントで大丈夫ということでした。裁判所側が有料アカウントで、訴訟ごとのチームに追加してもらえるから大丈夫なんだとか。, また、詳しいインストール方法などについては、日弁連謹製のマニュアルが最近公開されたので、会員専用ページからみてみましょう。, 弁護士のためのteams導入ガイド 2を公開しました。必要スペックを満たしていそうなパソコンの紹介などもしていますので,よかったらこちらもどうぞ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 平成27年 海事代理士試験 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律. 日本の行政の動き: 迅速な裁判への効率化、そして民事裁判を国民にとってもっと利用しやすいものにするために、裁判手続きIT化の有効性・重要性はこれまでも指摘されてきました。近年の様々な分野におけるIT化の進展と取り組み、民事裁判をめぐる諸情勢から、そのニーズは、ますます高まっています。 日本における裁判手続き等のIT化は、平成 8 年に成立した現行民事訴訟法を機に、民事訴訟手続における電話会議システムやテレビ会議システムの利用・運用が始まり、現在に至ります。また … 最高裁判所 が推進する、民事訴訟手続きの IT 化において、マイクソフトのクラウドサービス「Office 365」のコラボレーションツール「Microsoft Teams (マイクロソフト チームズ)」が採用されました。2020 年 2 月から 9 か所、2020 年 5 月頃から 5 か所の裁判所で取り扱われる民事訴訟事件の争点整理から Teams が活用されることになります。民事訴訟事件の争点整理で、Teams が活用されるのは世界初となります。, 迅速な裁判への効率化、そして民事裁判を国民にとってもっと利用しやすいものにするために、裁判手続きIT化の有効性・重要性はこれまでも指摘されてきました。近年の様々な分野におけるIT化の進展と取り組み、民事裁判をめぐる諸情勢から、そのニーズは、ますます高まっています。, 日本における裁判手続き等のIT化は、平成 8 年に成立した現行民事訴訟法を機に、民事訴訟手続における電話会議システムやテレビ会議システムの利用・運用が始まり、現在に至ります。また、その後の司法制度改革においても、訴訟手続等へのITの積極的利用が指摘がされ、平成 16 年の民事訴訟法改正で、オンライン申し立て等を可能とする規定が設けられました。これによって、平成 18 年に「督促手続オンラインシステム」が導入されるなど、利用者の利便性を向上するために、より一層のIT技術の活用が図られてきました。, しかし、民事訴訟におけるオンライン申し立て等の試行を実施したものの、利用実績に乏しかったことから、現状では、オンラインでの訴え提起や書面提出をすることができない状況に。また、テレビ会議システムの利用も、利用環境の制約もあり、それほど活発化していない状況にありました。, 一方、諸外国の状況に目を向けると、欧米を中心に裁判手続等のIT化が既に進められており、アメリカ、シンガポール、韓国等では、IT化した裁判手続等の運用が広く普及・定着しているほか、ドイツ等でも、近年、IT化の本格的取組みが着実に進展しています。, 日本においても、「利用者目線に立った裁判手続のIT化」を求める声が高まりつつありました。, このような状況の下、日本政府は平成29年6月9日閣議決された「未来投資戦略2017」で、「迅速かつ効率的な裁判の実現を図るため、諸外国の状況も踏まえ、裁判における手続保障や情報セキュリティ面を含む総合的な観点から、関係機関等の協力を得て利用者目線で裁判に係る手続等のIT化を推進する方策について速やかに検討し、本年度中に結論を得る。」との方針が出され、これを受けて、平成29年10月に「裁判手続等のIT化検討会」が設置され、 3つの内容のIT化が進められることになりました。, 利用者目線にたち、紙ベースの裁判書類を裁判所に持参・郵送等する現行の取扱いに代えて、24時間365日利用可能なオンライン提出へ移行し、一本化していく(訴訟記録について紙媒体を併存させない)。, 裁判所が管理する事件記録や事件情報について、訴訟当事者本人や訴訟代理人が、いつもでも容易に、訴状、答弁書その他の準備書面、証拠等の電子情報にオンラインでアクセスすることが可能になる。期日の進捗状況も確認できる仕組みも構築。これにより、裁判手続の透明性も高まり、当事者本人や代理人が紙ベースの訴訟記録を自ら持参・保管等する負担から解放される。, 当事者等の裁判所への出頭の時間的・経済的負担を軽減するため、また、期日にメリハリを付けて審理の充実度を高めるため、民事訴訟手続の全体を通じて、テレビ会議やウェブ会議の活用を大幅に拡大させる。, 法改正を要することなく現行法の下で、IT機器の整備や試行等の環境整備により実現可能となるものについて、速やかに実現を図っていく。例えば、電話会議に加えてウェブ会議等のITツールを積極的に利用したより効果的・効率的な争点整理の試行・運用を開始して、その拡大・定着を図っていく(e法廷の先行実現の一環)。, 関係法令の改正により初めて実現可能となるものについて、所要の法整備を行い、直ちに制度的実現を図っていくこと。具体的には、民事訴訟法等の見直しを行い、例えば、双方当事者の出頭を要しない第1回期日や弁論準備手続期日等の新たな運用を制度的に位置付け、その運用を開始すること。, 関係法令の改正とともにシステム・ITサポート等の環境整備を実施した上で、オンライン申立てへの移行等を図る。, これまでの民事訴訟手続きの争点整理手続においても、当事者が遠隔地に居住しているなどの理由がある場合に限って、電話会議やテレビ会議システムを利用することができました。, といった制約もあり、電話会議やテレビ会議システムの利用は活発とは言えませんでした。, また、遠隔地間における訴訟は、当事者や代理人の移動時間や出張費用などの負担に加え、裁判所と当事者等との日程調整も難しく、期日が先延ばしされることもありました。, 今回のTeams の導入は、裁判手続きのIT化を実現するための フェーズ1の取り組みになります。, Teams を使うことによって、裁判の関係者は、場所にとらわれることなく、争点を確認、議論できるようになります。, Microsoft Teams は、「Office 365」においてチームワークを実現するためのコラボレーションハブとして機能するアプリとして、世界で毎日 2,000 万人以上に利用されています。Teams は、チャットによる会話、資料の共有や同時編集、Web 会議や企業向け電話機能、各種アプリ連携が可能なため、時間や場所にとらわれないリモートワークやテレワークによる、法人の働き方改革やデジタル変革の実現に欠かせないコラボレーションツールとなっています。, Word、Excel、PowerPoint など使い慣れた Office ファイルを Teams 上で直接表示や編集でき、ブックマーク機能で簡単にアクセス。1 つのファイルを複数人で同時に編集する共同作業もすぐに始められます。, 移動中や外出先からでも、ビデオ通話や音声通話機能を使えば、PC やスマートフォン経由で会議に参加することができます。会議中にシェアされたメモやファイルも会議履歴として残り、途中参加しても前後の文脈を容易に理解できます。テレワークにも最適です。, Microsoft Teams を含む Office 365 サービスは、東日本、西日本の 2 リージョンのデータセンターから提供されます。※ 国内にデータ保管することをパブリッククラウド利用の要件とされることが多い金融や官公庁などのお客様も業界規制等に沿った運用が可能になります。, ~ 日本マイクロソフト社による自社実践の姿 ~ 始めよう Microsoft Teams について詳細を見る, Microsoft Teams や Office365 関する各種お問い合わせはこちらからどうぞ。, マイクロソフトの担当者が直接お答えいたします。 世界中の政府・行政機関ではコロナ禍に対応するために、リモートワークを実践して国民・事業者と繋がるためにデジタルサービスを提供し、またデータの収集... デジタル技術の進展により急激に変化した現代社会において、多くの企業・組織が、新たな働き方への対応やリモートワーク環境への早期移行、セキュリティ対策、膨大なデータの保管など、さまざまな課題に直面しています。... 自治体におけるデジタル トランスフォーメーション (DX) は、多くの取り組み事例が見られるようになり、実践期に入りました。2020 年前半からのリモートワーク導入の流れは、さらに幅広く、半ば強制的に自治体の DX が進む兆しを見せています。... デジタル化を加速させる新しい公共の開発のかたち~内閣官房 情報通信技術 (IT) 総合戦略室様向け内製化勉強会~, 【中央省庁向け動画・資料まとめ】 デジタルガバメント実現に向けて ICT を利活用するには, 【自治体向け 無償ウェビナー集】 ステップ バイ ステップで解説 リモートワークの始めかた, テレビ会議システムを利用する場合、裁判所間でしか接続できないため、当事者は最寄りの裁判所までは出頭しなければならない, 電話会議やテレビ会議では、裁判官と両当事者が同じ書面や図面を見ながら協議することが難しい, Teams の Web 会議機能を使えば、訴訟関係者が同じ場所に集まることなく、弁護士事務所などからでも争点整理に参加できる。もちろん、当事者は裁判所に出頭する必要がない, Teams の資料共有や同時編集の機能を使えば、裁判所が作成した「争点整理案」の骨子に双方が主張を書き込んで 1 つの書類を完成させることができる, Teams の画面共有を利用すれば、関係者全員が同じ場所にいるかのように、争点整理に必要な資料を同時に閲覧し、争点を確認・議論・協議できる, Web会議を利用することで、移動時間を考慮せずに争点整理手続のための期日が設定でき、結果的に裁判期間の短縮に繋がる, 裁判関係者が遠方へ出張する必要が無くなり、当事者や弁護士の移動にかかる時間や出張費用を節約できる, Teams の利用を契機に民事訴訟のプラクティスの必要な見直しが期待でき、より効果的で充実した争点整理を実現できる.

小学校 漢字 数, セリア 通販 収納, ヨルシカ ただ君に晴れ キーボード, Mac Pdf 回転 微調整, 大人 ハロウィン 仮装, Macintosh Hd ロック解除, 1ヶ月 たって も仕事が できない, Mp4 結合 Mac 無劣化, リモートデスクトップ 何も表示 されない, バイク エンジンブレーキ 燃費, 不妊治療 保険適用 条件, Netflix 配信終了 ダウンロード, エグゼクティブ スイート専用クラブラウンジ 新宿グランベルホテル, 多角形 内外判定 Vba, 朝顔 英語 複数, Aquos メールアドレス確認 ドコモ, 妖怪ウォッチ3 ガチャ 無限, セミリタイア 向け 仕事, 心拍数 高い 原因, ブロードバンド Wifi 繋がらない, One Note 赤線 Mac, 糖質制限 本 人気, 公務員試験 論文 書き方, Google Meet ハングアウト 違い, 40代 女性 ゲームアプリ, Windows10 ポータブルデバイス 表示されない Androidフォルダ内 Pdf 一括印刷, Vscode デバッグコンソール 表示, 渋谷 食べ物 高校生, Fgo 強化 大成功 キャンペーン, 固定資産税 いつ 届く, スピッツ ベビーフェイス 解釈, Zip パスワード 自動生成 Lhaplus, 千葉 そごう 店長,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *