相殺関税 わかり やすく 16

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

相殺関税 わかり やすく 16

〘名〙 差別関税の一つ。輸出国が輸出補助などによって競争条件を強め、輸入国の国内産業に打撃を与えるときに、輸入国が輸出補助の効果を相殺する目的で課する割増関税。〔最新現代語辞典(1933)〕. ほとんどの場合、安いのは外国産牛肉ですよね。, 我が家は、買う時にお財布に余裕があれば国産和牛ですし、そうでなければ輸入された外国産牛肉を購入します。, そうだね。どうしてかというお話の前に、次でもしも関税がなかったらこうなる、ということを見てみよう。, 輸入品の外国産牛肉には、関税分が385円上乗せされていたので、関税なしだと1,000円になります。, そうなんだ。国産は価格で負けてしまって、安い外国産が良く売れ、高い和牛は売れにくくなってしまうんだよ。, これが、買う方(消費者)からすると、外国産が安く買えてラッキー♪ですむのですが、国内の和牛生産農家さんは大打撃です。, なぜなら高い和牛が売れにくくなってしまうからです。美味しいのである程度は売れますが、安い外国産牛肉との価格競争にさらされます。, 「もう、やっていけないよ(≧_≦)」 相殺関税とは、輸出国側の政府の補助金により不当に安い商品が流入することを防止する仕組みです。具体的には、輸入国側の政府は、輸出国側の補助金負担分を上限として、相殺関税を課税して、本来の価格に近づけるようにします。 輸出国政府の補助金により不当に安くなっている商品の流入を防止するのが相殺関税です。, 輸入国側政府は、本来の価格と不当に安くなっている部分(輸出国政府補助)の差額を上限として課税します。. ASCII.jpデジタル用語辞典 - 相殺関税の用語解説 - ある輸入品に関して貿易相手国の政府が補助金を与えている場合、その輸入品の国内での市場価格は安くなり、市場ですう勢を占めることとなる。そして国内産業は損害を被り、縮小してしまう危険さえある。 以下、各関税について解説いたします。 ブックマークして購読させてもらいます。, 関税について本当にありがとうございました 簿記 リラックス法学部 > 初学者の部屋 >民法 相殺についてわかりやすく解説 相殺とは、お互いに同種の債権・債務をもっている場合に、 対当額を消滅させる一方的意思表示です。 「一方的」な意思表・・・ このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。, 行政書士 (豚肉派や鶏肉派の方も、今回は牛肉でお願いします笑), この牛肉ですが、国産の和牛とアメリカ産やオーストラリア産の輸入された外国産牛肉と、どちらが安いでしょう? 公務員試験(一般知能) このことは、特例輸入者又は特例委託輸入者についても、同じである(税関長に届け出ることにより指定地外検査を受けることはできない)。, 3 収容された外国貨物で、公売に付され、買受人が買い受けたものは、輸入を許可された貨物とみなされることから、当該貨物を国内に引き取る場合には輸入申告を要しない(同法第74条)。, 4 関税法以外の法令の規定により輸入に関して検査を必要とする貨物については、税関の検査又は輸入申告に係る税関の審査の際(「輸入申告の際」ではない。)、当該法令の規定による検査の完了を税関に証明し、その確認を受けなければならないものとされている(同法第70条第2項)。, 5 税関長は、原産地について誤認を生じさせる表示がされている外国貨物については、その原産地について誤認を生じさせる表示がある旨を輸入申告をした者に、直ちに通知し、期間を指定して、その者の選択により、その表示を消させ、若しくは訂正させ、又は当該貨物を積みもどさせ(「滅却させ」ではない。)なければならないものとされている(同法71条第2項)。, 5 納税義務者が、期限後特例申告書を提出した場合又は納税申告が必要とされる貨物についてその輸入の時までに納税申告をしないことにより税関長から決定を受けた場合等には、無申告加算税が課されることになっているが、当該無申告加算税の額を計算する基礎となる税額が1万円未満である場合には、当該加算税は課されない(関税法第12条の3第1項、第6項において準用する第12条第3項)。, 1 過少申告加算税は、納税義務者が納税申告をした後に修正申告がされた場合には、当該修正申告により納付すべき増差税額を基礎として10%の加算税が課されることになっている。ただし、その修正申告が、その申告に係る関税について税関の調査があったことにより当該関税について増額更正があるべきことを予知してされたものでないときは、当該過少申告加算税は課されない(「2分の1に減額される」ではない。)(同法第12条の2第1項、第4項)。, 2 計算をした過少申告加算税の額が5千円未満(「1万円未満」ではない。)である場合には、過少申告加算税は徴収されない(同法第12条の2第5項において準用する第12条第4項)。, 3 納税義務者が、その納付すべき税額の計算の基礎となるべき事実について隠ぺいし、その隠ぺいしたところに基づき納税申告をしていたときは、過少申告加算税に代えて(「加えて」ではない。)重加算税が課される(同法第12条の4第1項)。, 4 納税申告が必要とされる貨物についてその輸入の時までに当該申告が無いときは、税関長は当該貨物に係る税額等を決定し、その決定に係る決定通知書を送達して行うが、この場合、当該決定に係る納付すべき税額に100分の15の割合を乗じて計算した金額に相当する無申告加算税を課すこととなる。特に設問のような「納付すべき税額が500万円を超えるときは、納付すべき税額に100分の5の割合を乗じて計算した額の無申告加算税の額となる。」とする規定はない(同法第7条の16第2項、第4項、第12条の3第1項)。, 5 指定保税地域においては、輸出しようとする貨物につき見本の展示、簡単な加工等で税関長の許可(「届出」ではない。)を受けたものを行うことができるものとされている(関税法第40条第2項)。, 1 財務大臣は、指定保税地域の指定の取消しをしようとするときは、その公共性等から、あらかじめ当該取消しをしようとする土地又は建設物その他の施設の所有者及び管理者に協議し、かつ、公聴会を開き、輸出入業者その他の当該取消しについて利害関係がある者に対して意見を述べる機会を与えなければならないものとされており(同法第37条第3項)、当該公聴会を開こうとするときは、その期日の2週間前までに、指定の取消しをしようとする土地又は建設物その他の施設の名称及び所在地並びに公聴会の日時及び場所を公告しなければならないものとされている(同法施行令第31条第1項)。, 2 保税地域以外の場所に置くことを税関長が許可した外国貨物について、内容の点検、改装、仕分け等をしようとするときは、監視取締りの観点から、あらかじめその旨を税関に届け出なければならないものとされている(同法第36条第2項)。, 3 保税蔵置場にある外国貨物が亡失したときは、当該貨物が輸出の許可を受けた貨物である場合又は災害その他やむを得ない事情により亡失した場合を除き、事実上の輸入に該当することから、当該保税蔵置場の許可を受けた者から直ちにその関税が徴収されることになっている(同法第45条第1項)。, 4 保税蔵置場に外国貨物を置くことができる期間は、商取引の便宜、関税徴収の確保等の観点から、税関長が特別の事由があると認める場合を除き、当該貨物を最初に保税蔵置場に置くことが承認された日から2年とされている(同法第43条の2)。, 1 本邦から出漁した本邦の船舶によって外国で採捕された水産物及び本邦から出漁した本邦の船舶内において当該水産物に加工し、又はこれらを原料として製造して得た製品で、輸入されるものについては、外国で採捕された水産物の免税の適用を受けて輸入することができる(関税定率法第14条の3第1項)。, 2 輸入時と同一状態で再輸出される場合の関税の払戻しの額は、輸出した貨物について納付した関税の全額であって、延滞税、過少申告加算税等は含まれていない(同法第19条の3第1項、同法施行令第54条の15)。, 3 再輸出免税の適用を受けて、国際的な運動競技会で使用される物品を輸入した者は、その輸入の許可の日から1年以内に当該物品を当該運動競技会以外の用途に供する場合には、あらかじめ、その物品が置かれている場所(「輸入地」ではない。)を所轄する税関長に届出書を提出(「税関長の承認を受けなければならない」ではない。)しなければならないこととされている(同法第17条第1項第7号の2、同法施行令第37条第1項)。, 4 再輸出免税の適用を受けて輸入した国際的な運動競技会で使用される物品については、税関長の承認を受けた場合を除き、その輸入の許可の日から1年以内(「6月以内」ではない。)に輸出されなければ、免除された関税が直ちに徴収されることになっている(同法第17条第1項本文及び第11号、同法施行令第33条の3)。, 5 関税定率法第14条第2号(無条件免税)の適用を受けることができるのは、本邦に来遊する外国の元首に属する物品だけでなく、その家族又はこれらの者の随員に属する物品についても適用されることとなっている(同法第14条第2号)。, 1 航空機に使用する部分品や宇宙開発の用に供する物品の製作に使用する素材については、当該素材が本邦において製作することが困難であると認められるものに限り、その関税を免除することとされている(関税暫定措置法第4条、同法施行令第7条第3号及び第5号、同法施行規則第1条の4)。, 2 航空機部分品等の免税の適用を受けて輸入された物品が、当該免税の用途外の用途に 使用された場合には、用途外使用について税関長の承認を受けたときであっても関税は徴収されることとされているが当該承認を受けた物品につき変質による価値の減少があったときは、その関税を軽減することができる(「常に徴収される」ではない。)こととされている(同法第10条、第11条において準用する関税定率法第10条第1項)。, 3 航空機部分品等の免税の適用を受けた物品について、用途外使用について税関長の承認を受けようとする者は、その承認を受けようとする物品の置かれている場所の所在地(「輸入地」ではない。)を所轄する税関長に申請書を提出しなければならないこととされている(同法第10条ただし書、同法施行令第34条)。, 4 加工又は組立てのため輸出された貨物を原材料とした製品の減税の適用を受けることができる製品は、同条に基づき関税の軽減を受けるため本邦から輸出された貨物のみを原料又は材料とする製品だけでなく、当該本邦から輸出された貨物に加え、当該加工国の産品やその他の外国の産品を原料又は材料も合わせて使用した製品でもよいこととされている。ただし、減税額に反映されるのは本邦から輸出された貨物だけであり、本邦から輸出された貨物以外の貨物は減税額には全く反映しないことになっている(同法第8条、同法施行令第21条)。, 5 特恵関税の適用を受ける物品については、加工又は組立てのため輸出された貨物を原材料とした製品の減税の適用を受けることはできない(同法第8条第2項)。, 1 品質又は数量等が契約の内容と相違しているため返送することがやむを得ないと認められる貨物について、当該貨物を輸出に代えて税関長の承認を受けて廃棄した場合であっても、関税の払戻しを受けることができる(関税定率法第20条第1項本文及び第1号)。, 2 通信販売により購入し輸入した個人的な使用に供する物品の品質等が、輸入者が予期しなかったものであるため返送することがやむを得ないと認められる場合には、関税の払戻しを受けることができる(同法第20条第1項本文及び第2号)。, 3 品質又は数量等が契約の内容と相違している貨物について、関税の払戻しができる場合は、その輸入の時の性質及び形状に変更を加えないものを本邦から輸出するときであり、輸入後において輸入の時の性質及び形状に変更が加えられた場合には、関税の払戻しを受けることができない(同法第20条第1項本文及び第1号)。, 4 貨物の輸入後において法令によりその販売が禁止されるに至ったため当該貨物を輸出することがやむを得ないと認められる場合には、関税の払戻しを受けることができる(同法第20条第1項本文及び第3号)。, 5 品質又は数量等が契約の内容と相違している貨物について、関税の払戻しができる場合には、返送することがやむを得ないと認められる場合であって、当該貨物を第三者へ販売する目的で当該貨物を輸出するときは、関税の払戻しを受けることができない(同法第20条第1項本文及び第1号)。, 2 輸入貨物の輸入港までの輸送に実際に要した運賃等の額が、当該輸入貨物の運送が特殊な事情の下において行われたことにより、当該輸入貨物の通常必要とされる当該輸入港までの運賃等の額を著しく超えるときは(設問では「超えるときは」との記述になっている。)、関税定率法第4条の6第1項(航空運送貨物等に係る課税価格の決定の特例)に規定する貨物に該当する場合を除き、当該通常必要とされる当該輸入港までの運賃等を同法第4条第1項第1号に規定する輸入港までの運賃等として、当該輸入貨物の課税価格を計算する(関税定率法基本通達4-8(8))。, 1 輸入貨物の課税価格には、当該輸入貨物の輸出国における積込み前の一時的保管料を含む、当該輸入貨物の輸入までの運送に付随して発生する積卸しその他の役務の対価として支払われる費用が含まれる(同法基本通達4-8(5))。, 3 輸入貨物に係る契約において航空機による運送以外の運送方法により運送されることとされていた貨物で、当該貨物の製作の遅延により、当該貨物の本邦への到着が遅延するおそれが生じたため、その輸入者以外の者が運送方法の変更に伴う費用を負担することにより航空機によって運送されたものに関しては、航空機による運送方法以外の通常の運送方法による運賃及び保険料を同法第4条第1項第1号に規定する輸入港に到着するまでの運送に要する運賃及び保険料として、当該輸入貨物の課税価格を計算する(同法第4条の6第1項、同法施行令第1条の13第2項第6号)。, 4 輸入貨物が運送契約に基づき運送された場合には、当該輸入貨物を運送するために要した船舶改装費は、当該輸入貨物の課税価格に含める(同法基本通達4-8(3)イ(イ)。, 5 輸入取引に係る契約において輸入貨物の輸入港までの運賃を買手が負担することとされている場合には、当該輸入貨物を輸入港まで運送するために実際に要した運送費用の額を、その負担者を問わず、当該輸入貨物の課税価格に含める(同法基本通達4-8(6)ロ)。, 2 本邦以外の地域を仕向地とする船荷証券により輸送された貨物を仮陸揚げ後、輸出管理徹底国(いわゆるホワイト国)向けに輸出する場合には、輸出貿易管理令別表第1の1の項(武器)以外の貨物であれば、輸出の許可の特例が適用できる。したがって、輸出管理徹底国である大韓民国を仕向地とする船荷証券によって運送された同令別表第1の4の項の貨物を仮陸揚げ後輸出する場合には、輸出の許可の特例が適用でき、経済産業大臣の輸出の許可を受けることを要しない(輸出貿易管理令第4条第1項本文、ただし書及び第1号)。, 1 輸出貿易管理令別表第1の中欄に掲げる貨物は基本的にリスト規制品目であり、輸出の許可の特例に該当しない限り経済産業大臣の輸出の許可を要する。総価額100万円以下の貨物の輸出又はアメリカ合衆国を仕向地とする輸出いずれも輸出の許可の特例ではないので、経済産業大臣の輸出の許可を要する(同令第1条第1項、第4条第1項第2号、第4号)。, 3 経済産業大臣の輸出の承認を受けなければならない場合は、輸出貿易管理令別表第2の中欄に掲げる貨物を同表の下欄に掲げる地域を仕向地として輸出する場合だけでなく、北朝鮮を仕向地として輸出する場合や、経済産業大臣が指定する加工、原材料による委託加工貿易契約により貨物を輸出する場合がある(同令第2条第1項第1号、第1号の2、第2号、附則第3項、輸出貿易管理規則第3条)。, 4 本邦から出国する旅客が携帯して輸出する貨物については、原則として輸出の承認の特例の適用を受けることができるが、ダイヤモンド原石、一時的に入国して出国する者が携帯して輸出するワシントン条約該当品等は当該特例から除外されている(同令第4条第2項第4号)。, 5 外国為替及び外国貿易法第48条第1項の規定による輸出の許可の有効期間の延長に係る経済産業大臣の権限は、税関長に委任されているが、その範囲は経済産業大臣の指示する範囲内のものに限られている(同令第11条第2号本文及びニ)。, 3 本邦から出漁した船舶が外国の領海において採捕した水産物で当該船舶により輸入されるものについては、水産物が輸入割当て及び輸入の承認の特例除外貨物として規定されていないため、輸入割当て及び輸入の承認の特例の適用ができ、経済産業大臣の輸入の承認を受けることを要しない(輸入貿易管理令第14条本文、ただし書、同令別表第1第17号、経済産業省告示第391号)。, 1 輸入割当てを受けている者が、当該輸入割当てを受けた貨物を輸入するときは、経済産業大臣の輸入の承認も受けなければならないこととされている(同令第9条第1項、同令第4条第1号、輸入貿易管理規則第2条第1項)。, 2 政府機関が経済産業大臣の定める貨物の輸入を行う場合には、輸入貿易管理令の規定は適用しないこととされているが、税関の確認手続まで免除されてはいない(同令第19条第1項及び第2項、同令第15条)。, 4 税関長には、経済産業省令で定める範囲の貨物の輸入の承認に係る経済産業大臣の権限だけでなく、当該承認に条件を付する権限も委任されている(同令第18条第1号及び第3号、同規則第5条)。, 5 船舶又は航空機により輸出した貨物であって、当該船舶又は航空機の事故のため積み戻したものについては、輸入割当て及び輸入の承認の特例の適用を受けることができ、経済産業大臣の輸入の承認を要しない(同令第14条本文、ただし書及び第1号、同令別表第1の第18号、経済産業省告示第391号本文及びただし書)。, 4 電子情報処理組織を使用して輸入申告を行う者は、関税等に関する法令において輸入申告書に記載すべきこととされている事項を入出力装置から入力しなければならないものとされているが、貨物の記号については、税関長が入力の必要がないと認める事項として、その入力を省略することが認められている(NACCS特例法施行令第3条第1項、同法施行規則第1条)。, 1 輸入者、通関業者等は、輸出入等関連業務を行う者として、電子情報処理組織を使用して税関に輸入申告を行うことが認められている(NACCS特例法第2条第1号、第2号イ、同法施行令第1条第1項第1号、別表第39号、情報通信技術利用法第3条)。, 2 通関業者が、電子情報処理組織を使用して輸入申告を行う場合に、当該申告に係る入力を行う入出力装置の設置場所等について、あらかじめ税関長に届け出なければならないとする規定はない。, 3 通関士は、電子情報処理組織を使用して行われる輸入申告の内容を審査する場合には、入力の内容を入出力装置の表示装置に出力して行うほか、紙面に出力して審査することも認められている(NACCS特例法施行令第6条)。, 5 輸入申告を電子情報処理組織を使用して行う者は、輸入申告書に記載すべきこととされている事項の入力後税関長が定める期限までに、関税等に関する法令の規定により輸入申告に際して税関に提出すべきものとされている書類を税関に提出しなければならないものとされているが(同法施行令第3条第2項)、電子情報処理組織を使用して仕入書に代わる書類が提出されている場合には、登録されている項目が不足している場合など当該登録された情報に関係する書類を確認する必要があると認める場合を除き、仕入書の提出を求めないものとされている(輸出入・港湾関連情報処理システムを使用して行う税関関連業務の取扱について(平22.2.12財関第142号)の記第5章第1節1-4の(1)のなお書、(2))。.

鹿児島 少年サッカー 市 内 リーグ2020 37, 尾上 松 也 弟子 10, みんな私を好きになる ネタバレ 結末 8, 大恐竜展 2020 名古屋 42, 寄付 お礼状 コロナ 16, 家事ヤロウ 和田明日香 まな板 黒 29, ゴルフサバイバル チャンピオン大会 2019 6, 心予報 歌詞 Eve 6, あざける 意味 山 月 記 8, ポケモン 視聴率 2020 8, 諏訪部 順一 指輪 42, Equipment 読み方 カタカナ 12, Cognitive Attention 意味 5, Ffbe アルティマニア データ引き継ぎ 30, 24 シーズン2 キャスト 4, オーシャンズ12 ライナス 母 5, Teams 予定表 他人 31, Onikuma ヘッドセット 評価 5, みんなの手話 2020 7月 6, 在宅酸素 医療行為 介護職員 8, オ ジャリョンが行く キャスト 9, 邪神ちゃん 2期 12話 28, 名古屋 外国 語大学 小宮悦子 6,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *