朝鮮戦争 中国軍 強い 4

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

朝鮮戦争 中国軍 強い 4

DP8�D����������m`ۿxc�#��y:��!ڹ����XB�İ�*�����Ł7�3h�AgD��)p�\k�4����˽]V����f�Wx|B8u>�š�8�!bS�vn�%��V��� o�(IXO�i�E��-Wv$VN���}�$��|&�K�l�\�(MQ��)1r���`:W̃�rKf���\y[�xHd=��=-�,�6���dT��5-�1�c��Pp�W����f� 0000002038 00000 n 0000001519 00000 n 35 0 obj<>stream 0000000016 00000 n endstream endobj 46 0 obj<>stream xref endstream endobj 45 0 obj<>stream 0 %%EOF 0000002589 00000 n 国民防衛軍事件(こくみんぼうえいぐんじけん)は、朝鮮戦争中の1951年1月に、韓国の国民防衛軍司令部の幹部らが、国民防衛軍に供給された軍事物資や兵糧米などを横領した事件。 横領により9万名余りの韓国軍兵士が餓死したとされる 中国軍(中国人民解放軍)について基本的な知識から、なぜ脅威となりつつあるのかを示す5つの兆候までを紹介し解説していきます。世界最大の人口を誇り、過去数十年に渡って圧倒的な経済成長を見せてきた中国は、現在、世界No.2の経済大国として君臨して <<25c6a39b4d23eb4695a37fc1cbd1c31d>]>> 0000007302 00000 n 0000004547 00000 n �1IY(�iIo�(O��G� d]� 0000001075 00000 n 朝鮮戦争. トルコとギリシャの関係について見ていきます。主にオスマン帝国時代から続き、キプロス問題が影を落とす両国の関係を確認していきましょう。 トルコとギリシャは一部は陸によって隣り合い、大部分はエーゲ海を挟んで隣り合う国家です。 ... 現代社会で暗躍した(暗躍してきた)有名な武器商人を10名紹介していきます。死の商人とも言われる人物も含めた武器商人達です。 世界では今だに戦争が絶えません。 世界大戦規模の戦争は、第二次世界大戦以降起こっていないものの、... インド経済の成長について見ていきます。特に、今後の成長に影響を与えるであろう国内経済の特徴を中心に、理解を深めていきましょう。 南アジアに位置する大国インドは、中国に次いで第2位の人口規模を誇ると同時に、2018年現在では世界... 独裁国家の一覧として、トルクメニスタン、ベラルーシ、北朝鮮など20ヵ国をまとめて紹介していきます。それぞれの国に関する基本情報や、独裁体制とされる理由などを見ていきましょう。 日本が承認している国が世界には196ヵ国(2018... 世界に数ある諜報機関の中でも、その能力が高いと言われるスパイ組織・諜報機関を10個紹介していきます。実在するスパイ組織を確認していきましょう。 国外を担当するスパイ組織または諜報機関は、海外からの潜在的な脅威に対する防衛の最前... 中国経済の成長と構造について、いくつかのポイントを紹介していきます。特にビジネスを検討している人などにはおすすめです。 経済発展に関する中国のモデルは、ここ数十年で大成功を収めました。 そのため、中国の経済情報は毎日のよ... 準軍事組織である「人民武装警察(武警)」の66万人も、中国共産党と中国の軍事力に含まれる, (※中国人民解放軍の人員に関して、中国政府と中国軍は情報公開に積極的でないため、この数字はあくまでも外部による推測である), 最も速く近代化をしている軍隊の一つで、将来的には圧倒的な軍事力を備える潜在力を持っている, 民主化を求めていた一般市民のデモ集団に対し、中国人民解放軍が武力を行使して制圧した事件, 中国経済の成長と構造について知っておきたいこと|ビジネスを検討している人も確認してみよう。, クリミア併合(危機)とは?なぜ起こったのか?問題点などをロシアとウクライナの関係から見ていこう, ウイグル人(ウイグル族)|中国との問題で注目される新疆ウイグル自治区に多く住む人々. Text by Vasily Mikryukov 0000006634 00000 n 国民防衛軍事件(こくみんぼうえいぐんじけん)は、朝鮮戦争中の1951年1月に、韓国の国民防衛軍司令部の幹部らが、国民防衛軍に供給された軍事物資や兵糧米などを横領した事件。横領により9万名余りの韓国軍兵士が餓死したとされる[1]。, 国民防衛軍(こくみんぼうえいぐん、朝:국민방위군)は、「国民防衛軍設置法(1950年12月21日公布)」に基づき、学生でない第2国民兵該当者[2]の将兵によって組職された韓国の軍事組織である。, 1950年12月時点の韓国軍は、北朝鮮軍の奇襲攻撃を受けてから洛東江戦線で戦力を立て直すまでに兵力の45%を喪失する一方、同年3月の徴兵制廃止[3]により通常の方法のみではまともな兵員招集ができない状況にあった[4]。更に、仁川上陸作戦で有利になっていた戦局も中国義勇軍の参戦(10月19日)によって悪化し、長津湖の戦いを受けて国連軍は北朝鮮からの退却を開始していた。, そのため、韓国政府は悪化する戦況を打開するために、約50万人の将兵達を51個の教育連隊に分散・収容して国民防衛軍を編成し、韓国軍の戦力を補強しようとした。しかし、早急に編成された軍隊であるため、将兵の動員・輸送・訓練・武装などのための予算不足や指揮統制の未熟さ等の問題点を当初から抱えていた。人事も混迷し、当初は軍隊経験が皆無ながら義勇軍を率いた経験がある金斗漢を司令官に起用しようとするものの拒否された。結局申性模国防部長官の推挙で司令官に金潤根(朝鮮語版)・副司令官に呉益憲(朝鮮語版)をそれぞれ充てたが、この二人は李承晩政権肝煎りの大韓青年団(朝鮮語版)で活動していただけで軍事関係は全くの素人だった。, 防衛軍発足直前の時点で前線は北朝鮮地域の一部占領地域(黄海道、及び東朝鮮湾沿岸部)、及び北緯38度線付近にまで後退していたが、1951年1月4日に北朝鮮・中国両軍の攻勢を受けた韓国軍は前線の後退(いわゆる「1・4後退」)作戦を敢行し、国民防衛軍は50万人余りの将兵を後方の大邱や釜山へと集団移送することになった。しかし、防衛軍司令部の幹部達は、国民防衛軍のために編成された軍事物資や兵糧の米などを、不正に処分・着服した。その結果、極寒の中を徒歩で後退する将兵に対する物資供給(食糧・野営装備・軍服)の不足が生じ、9万名余りの餓死者・凍死者[1]と無数の病人を出す「死の行進」となった。, この事件は国会で暴露され、真相調査団が設置された。調査の結果、人員数の水増し報告により国庫金23億ウォン、糧穀5万2000石が着服・横領され、食料品費の計上額と実際の執行額・調達額の差が約20億ウォンに上ることが明らかとなった。また、着服金の一部が李承晩大統領の政治資金として使われたことも明かされ、李始栄副大統領と事件の黒幕と見られた申性模国防部長官が辞任した。, 翌1951年4月30日、国会は防衛軍の解散を決議し、5月12日に解体された。同年7月19日に中央高等軍法会議が開かれ、司令官の金潤根・副司令官の尹益憲など5人に死刑判決[5]、8月12日に大邱郊外の端山で銃殺刑が執行された[1]。, http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=003&aid=0000623016, http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=48841&thread=15, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=国民防衛軍事件&oldid=78976302. 朝鮮戦争勃発時、そのきっかけとなったのは、 韓国軍10万で日本全土占領と言う目的 で、南方に移動していた軍の輸送待ちを 捉えた北朝鮮軍の韓国への侵攻である。 当初は中国軍が介入していないのにもか … 1950年6月南北に分断された朝鮮半島で勃発した戦争。北朝鮮の南下から始まり、アメリカが南を支援して盛り返し、後半は中国軍が北を支援して参戦、53年に北緯38度線で休戦協定が成立した。 0000008222 00000 n 0000002145 00000 n H��SMk�@��W�{؉F͌`�C[ 朝鮮戦争と中国-戦略、国防及び核開発への影響-1 張 小明 朝鮮戦争(1950~1953)は、中華人民共和国(prc)が1949 年10 月の建国後、最 初に関与した地域武力紛争であった。この戦争で中国が受けた影響は、重大であり、広 範囲に及ぶものであった。 1958年生まれ。元ロシア陸軍中佐。士官学校卒業後、モスクワ大学で工学修士号、モスクワ教育大学で教育学博士号を取得。ロシア連邦軍事科学アカデミー正会員。軍事作戦・戦術を専門とし、国防に関する論文・著書多数。日本の武士道を崇拝し、モスクワで生徒数500名の空手道場を運営。自身は古流現代日本空手道(常心門少林流)三段。, アジアの国々が攻めてきたら、どう行動すべきか? ロシアの軍事専門家が、日本を含む6ヵ国を仮想敵とした軍事シナリオを公表。中国軍の弱点から自衛隊のポテンシャルまで徹底分析されており──。, だが、もう一度繰り返すが、ロシアの現在の同盟国も未来の同盟国も、同盟条約を破って敵に寝返り、ロシアを裏切る可能性はいつだってある。そのことを忘れずに、我々は“裏切り”に対して備えておくべきなのだ。, さまざまな機関が国際軍事力ランキングを発表しているが、私の評価では、アジアの軍隊で実際に力を持っているのは中国、インド、韓国、北朝鮮、日本、ベトナムの6ヵ国だ。, 軍備も独特で、世界最大の軍隊でありながら、時代遅れ、あるいは急速に時代遅れになりつつある兵器を装備している。, したがって、こうした軍隊と対戦する際は、機動力のある陸上部隊をできるだけ迅速に動かし、部隊が群がっているところを高精度の兵器で急襲し、陸海空同時攻撃を仕掛けるといった戦術が有効である。, 中国がロシアの利益を守ってくれることは決してないだろうが、アジア太平洋地域における米国の勢力拡張に対抗するためには、中国は同盟国を探さざるを得ない。この点において、ロシアと中国の同盟は利益が一致している。. 0000013961 00000 n x�b```"Vna>�c`��0pt���Ndn4a�$��pF�Ì `��.�>N_z��y�q �@��Y;���" �f`��E�X,����l��0Az��P� C?K�r�� �G���q�B�� ԽH3�5@� �4 �%U�|�6��#B�rE�GO�rE������Y��aio�9�溦Cᑛ�yv'��=_�n`z������Jq���@p�S�R�������޶�q� C�qv�LBe=����-�x��E"�T��R�e��όJ2��YK� 33 23 [��,B�Z�B(��#8 $���� c,zk=D.�z_�}(��5���B!�Cpp�B���NdRd���k>Ajϰ&qGJ��E��ʍ��&2���;=4¿Q�dR�����&�;T�5����L=�U�4�D�I�T9E~x҄�w�JK�. 0000007952 00000 n All rights reserved. 0000003901 00000 n 中国人民志願軍(ちゅうごくじんみんしがんぐん、中国語: 中国人民志愿军 )は、朝鮮戦争に参戦した中華人民共和国の部隊の名称。 初代司令員は、彭徳懐が担当した(政治委員を兼任)。 人民義勇軍、抗美援朝義勇軍 ともいう。 ��e������.�ѷ�a;Aܣj���xx��9T��F{��MI{�D������"h�' endstream endobj 34 0 obj<> endobj 36 0 obj<> endobj 37 0 obj<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>> endobj 38 0 obj<> endobj 39 0 obj<> endobj 40 0 obj<> endobj 41 0 obj<> endobj 42 0 obj<> endobj 43 0 obj<> endobj 44 0 obj<>stream PHOTO: SEFA KARACAN / ANADOLU AGENCY / GETTY IMAGES, From Nezavisimoe Voennoe Obozrenie (RUSSIA) 独立新聞軍事版 ‚邱‚Æ‚ª l‚¦‚ç‚ꂽBV‹K‚É•â‹‹‚³‚ꂽí“¬•”‘à‚́A‘æ‚P–ìíŒRA‘æ‚Q–ìíŒR‚©‚ç ‘I”²‚³‚ꂽ‚à‚Ì‚Å‚ ‚Á‚½B ’†‘‹¤ŽY“}ŒR‚̏tŠúU¨Žž‚Ì•º—Í‚ðA•ÄŒR‚́A“–‰A‚R‚UŒÂŽt’c‚Æ•]‰¿‚µ‚½‚ªA ‚±‚ê‚ÍŒë‚è‚Å‚ ‚Á‚½BŽÀÛ‚́A‚P‚XŒÂŒRA‚T‚VŒÂŽt’c‚Å‚ ‚Á‚½B ŽQlŽ‘—¿‚PFw•¶åYtH@‚Q‚O‚O‚X”N‚P‚PŒŽ†x@‘æ‚Q‚U‚O•Å`‘æ‚Q‚W‚T•Å @@@@@@@ƒfƒBƒ”ƒBƒbƒgEƒnƒ‹ƒo[ƒXƒ^ƒ€w’©‘Ní‘ˆ@ƒ}ƒbƒJ[ƒT[_˜b‚̉Rx ŽQlŽ‘—¿‚QFƒfƒBƒ”ƒBƒbƒgEƒnƒ‹ƒo[ƒXƒ^ƒ€’˜ @@@@@@@wƒUEƒR[ƒ‹ƒfƒXƒgEƒEƒBƒ“ƒ^[@’©‘Ní‘ˆ@ã•‰ºx @@@@@@@ •¶åYtH@‚Q‚O‚O‚X”N‚P‚OŒŽ”­s ˆÈã. 朝鮮戦争での中国軍は強かったのですか?強かったのであれば、どうして強かったのですか? 米韓軍が埋めた地雷原を、人海戦術で突破しました。政治犯が使われたそうです。 0000005813 00000 n %PDF-1.4 %���� Brain-washing in Red China: the calculated destruction of men’s minds. H�tS�n1��+��� %R/�p�T�c�������BR��%p��n)j����_�����q��lǸ�lJlǏ� vp���^~=���!��Cx��g� рA�� a���Ǘ����f�N&��fv��! ��������>JVZ=�� �Q�Ok��:V����{?,� ����M�4��k��4�-K�樷��` wH G闲0iQ;�I0NB �sJ���_���;�'y�� �c��D�����V��Q�߬�~�����X a�����}ؼ���&�E���@���wF�0�b��7l�֟e�g��P��*~�_�@�i�DTU����>�7~n��֥�B���n�:�/c��Y������,9yJR 0000002665 00000 n trailer 0000006007 00000 n New York: Vanguard Press.日本語訳:エドワード・ハンター、福田実訳『洗脳 中共の心理戦争を解剖する』法政大学出版局、1953年, http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/03/28/0200000000AJP20180328001800882.HTML, http://japanese.joins.com/article/874/206874.html, http://www.jb.mil.cn/junbo/zc/jdcl/kmyczzg/index_123.html, http://j.people.com.cn/n/2015/1012/c94474-8960726.html, http://japanese.donga.com/List/3/all/27/313606/1, http://www.asahi.com/special/08001/TKY201010280518.html, http://j.people.com.cn/94474/8347666.html, http://japanese.china.com/news/world/329/20150728/426958.html, http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/07/27/0200000000AJP20180727000200882.HTML, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=中国人民志願軍&oldid=80276612. b��g����~&j��#��('�$��m�n�Fp;K��S��B��mYC�:R�Anwy����`F���3y3��Ŭ�Cޏi��@�a����䯳��v�zV]��s����;:����ym��҂���D� 0000000756 00000 n 0000000995 00000 n 0000003253 00000 n ©2020 KODANSHA CO.,LTD. 中国軍(中国人民解放軍)について基本的な知識から、なぜ脅威となりつつあるのかを示す5つの兆候までを紹介し解説していきます。, 世界最大の人口を誇り、過去数十年に渡って圧倒的な経済成長を見せてきた中国は、現在、世界No.2の経済大国として君臨しています。, そして近年は、その経済的な力を背景に覇権大国を目指すような動きも目立ち始め、その一つが中国軍(中国人民解放軍)の強化やグローバル展開です。, この記事では、日本にとっても将来的に脅威となるかもしれない中国軍について、基本的な知識から知っておくべき5つの情報、そして、脅威になりつつあることを示す5つの兆候までを紹介していきたいと思います。, 国際情勢を理解する上でも、また、日本の将来を考える上でも知っておきたいことだと思います。, 日本国内では通称「中国軍」と呼ばれる「中国人民解放軍(Chinese People’s Liberation Army:PLA)」は、中国共産党の指揮下にある中国人民共和国(中国)の軍隊。, 2018年にイギリスの「国際戦略研究所」が発行した「2018年ミリタリーバランス」によると、, を抱える世界最大の軍隊であり、それに加えて準軍事組織である「人民武装警察(武警)」の66万人も、中国共産党と中国の軍事力に含まれるとされています(※中国人民解放軍の人員に関して、中国政府と中国軍は情報公開に積極的でないため、この数字はあくまでも外部による推測である)。, さらに、防衛予算は世界第2位であり、現在(2018年現在)の世界においては、最も速く近代化をしている軍隊の一つで、将来的には圧倒的な軍事力を備える潜在力を持っている軍隊と言えるでしょう。, 1927年に設立され、当初は中国工農紅軍(紅軍)と呼ばれていた中国人民解放軍は、1927年から1950年まで続いた「国共内戦」において、蒋介石が率いた国民革命軍を破り、その結果、共産党の毛沢東が実権を握ることになりました。, この経緯を見ても分かる通り、現在、中国軍と呼ばれる「中国人民解放軍」は、正しくは共産党の軍隊であり、中国の国軍となるべきだという声も度々上がる中、共産党の中国統治を徹底することが主要な任務となっています。, またその指揮は、中国共産党の最高軍事指導機関である「中国共産党中央軍事委員会」によって行われています。, 中国人民解放軍は、これまで何度も海外紛争に派遣されていますが、実際に海外で戦ったのは5回(2018年現在)。, その後、1962年にヒマラヤの国境をめぐってインドと紛争になった時と、1969年にシベリアの国境線をめぐってソ連軍と紛争になった時に武力衝突しています。, そして中国が支援していたカンボジアのポルポト政権がベトナムの侵攻によって崩壊した後、1979年に中国とベトナムの間で中越戦争が始まり、また、1984年にはその延長で両国の国境を巡る中越国境紛争が起こり、これが中国軍が実戦に参加した今のところの最後の紛争となっています。, 日本で「天安門事件」として知られる「六四天安門事件(ろくよんてんあんもんじけん)」は、1989年6月4日、民主化を求めていた一般市民のデモ集団に対し、中国人民解放軍が武力を行使して制圧した事件。, 丸腰の一般人達に対して中国軍は無差別発砲を行い、最大で3000人もの人々が殺されたと言われます。, 中国政府はこの凄惨な事件を今でも「反革命的な暴動」と言及しており、これに対して公然と反論することを禁止していることは有名です。, 1978年に鄧小平が中国で実権を握った時、中国人民解放軍に「不動産、製薬、ナイトクラブなどの広範囲にまたがる巨大ビジネスを行う許可」を与えた結果、市場中心の経済改革を行うことに対する人民解放軍からの支持を得ることが出来ました。, そして1998年、当時の中国国家主席であった江沢民は、人民解放軍に対してビジネスの多くを手放すことと引き換えに、防衛費の大幅な引き上げを約束します。, 一方、現在(2018年現在)の国家主席である習近平は、人民解放軍に残りの商業事業も手放すよう要求しており、軍内の腐敗を一掃するために指揮系統の見直しを推し進めています。, というのも、中国にはすでに多数の現役兵や予備兵が存在し、また、国家の緊急時には人民武装警察も参加するため、現在のところ強制兵役を行って軍人を確保する必要はないと考えられているから。, 中国軍(中国人民解放軍)を理解する上で知っておきたい基本知識から、5つの情報までを見てきましたが、最後に、中国軍がこれまでよりも危険になってきているかもしれない5つの兆候を挙げておきます。, 過去の中国軍は、当時世界最強の軍事力を誇ったアメリカやソ連の軍隊と比較すると、柔軟性に欠けて動きも遅い大集団でした。, しかし現在は、より規模の小さい旅団や、大きな大隊などの様々な部隊を組み合わせることで、戦況に応じて柔軟に、しかも素早く対応出来る集団に変身していると言われます。, が設置されているようで、これによって中国軍の臨機応変さはさらに強化されていると言えるでしょう。, 中国人民解放軍は単なる人員の数による強さではなく、それ以上の破壊力を有する軍隊を実現するために、あらゆる手段を採用し始めています。, の分野でハイテクを導入するなど、拡大および改善が見られたと言われ、これによって、各部隊は数以上の力を発揮することが出来るようになったと考えられます。, これまで中国軍が戦争に参加する時は伝統的に、陸軍が中心となって、空軍と海軍は支援する形を取ってきました。, 陸軍、海軍、空軍の3者による統合的な訓練が増えたのに加え、新たなコミュニケーションネットワークによって、陸海空軍内の協力が促進されるようになってきたのです。, 2018年度の国防費予算案として中国政府が発表した額は、およそ18兆4千億円と言われ、この数字は2010年度の中国国防費のおよそ2倍で、毎年増え続けています。, また、2018年度の日本の国防費4兆9388億円と比較した場合、その予算額は3.7倍にも達し、中国が自国の一部だと主張し続ける台湾と比較すると、その差はおよそ15倍近くになります。, 実際、台湾を中国の一部として事実上の併合をする上で必要な軍事力を手に入れるために、中国の国防費の多くが費やされているという分析もあるほどです。, ハイテクによって可能になった破壊力抜群のドローン開発によっても、中国の脅威が増していると言えます。, 2017年、中国の防衛産業の代表らは、「長距離ステルスおよび、非常に高い高度を飛べる無人航空機(ドローン)を開発している」と発言。, 2018年の2月には、中国の海南島(ハイナン島)でXianglongと名付けられた無人航空機が確認されたとの報告もありました(参照:Jane’s 360)。, この結果、近い将来、中国軍は人命を犠牲にすることなく軍事的な活動を行うことが可能になると推測出来、中国軍のさらなる軍事力拡大につながると言えます。, 中国軍は近年、グローバルにその軍事的な影響力を持つような活動を活発化させています。, 例えば、中国、台湾(中華民国)、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイの6か国が、全域または一部について領有を主張している「南シナ海の南沙諸島海域」の一部に、中国は2014年から大量の土砂を投入して人工島を建設。, スービ礁には将来的に人民解放軍の海軍陸戦隊数百名が常駐する可能性があるだけでなく、中国が文民の存在によって領有権の主張を強化しようとしているため、行政拠点が置かれる可能性もある, また、2017年8月に中国は、アフリカ大陸北東部の国ジブチに、初めての海外の中国軍基地を置き、海兵隊員や必要な機材を配置しています。, といった二方向からアプローチすることで、中国人民解放軍のグローバル化を虎視眈々と狙っているようなのです。, 中国軍に関して、基本知識から抑えておきたい情報、さらに、脅威となりつつ兆候までを見てきました。, これ以外にも、中国軍がグアム、フィリピン、日本を含めた太平洋西部深くまで空爆する訓練をしているとする報告もあるなど、中国人民解放軍の脅威は無視できないほどに強まってきています。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.

ステンレス シール 100 均, 英単語ノート 作り方 中学生, Ubuntu Php 複数バージョン, Ipad 画像編集 合成, 三つ折り財布 レディース 安い, Autocad コマンド 表示位置, 遊撃手 打点 王, 群馬 室内 イベント, 事故物件 映画 池袋, Windows Media Player Mp4 再生できない Windows10, キャンドゥ 自転車 ライト, D払い クレジットカード ポイント 二重取り, ヨルシカ 歌詞 夜に駆ける, Windows10 バッテリー 残量 おかしい, ブールミッシュ 社長 木山, 地域共通クーポン 東京 電子クーポン, マグザム 中古 大阪, Icloud メールアドレス 作成, エクセル Url リンク化 一括, フォトショップ イラスト 塗りつぶし, Twiceサナ 髪型 オーダー, Teams 会議ポリシー カスタムポリシー, Ubuntu Php 複数バージョン, Docker-machine コマンド Windows, 自撮り 心理 女性, セルヴォーク アイシャドウ 08, Excel 分析ツール ヒストグラム, 日本一周 車 女, 金山 焼肉 まるみ, 阿武隈急行 時刻表 卸町, 勉強 休憩 いらない,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *