七 つの 大罪 似 てる 漫画 7

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

七 つの 大罪 似 てる 漫画 7

七つの大罪第2部のメインの敵キャラとして登場した十戒。 登場当初から圧倒的強さを見せつけ、作中最強の敵キャラが多く登場しています。 今回、新旧問わず十戒のメンバーをすべてまとめました。 漫画七つの大罪の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ブラッククローバー 物語:8 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人 [ 梶裕貴 ]価格:3898円(税込、送料無料) (2019/6/28時点), ワンピースやフェアリーテール、鋼の錬金術師、とある能力漫画と被っているからでもない。, ついでに言うと私は「ライジングインパクト」や「金剛番長」のファンなので、この作者に恨みがあるわけでもない。, 別に私はクリスチャンではないので、宗教の言葉を漫画に引用することが不敬とは思わない。, だが、引用した用語がオリジナルよりも有名になると、社会におかしな誤解を与えてしまうのではないかと考える。, アダルトゲームのFateがアーサー王などの英霊を登場させたところで、「歴史上の英雄を召喚している」と言う設定であり、年齢層も高いために「アーサーは女性だったんだ」という誤解はまず生まれない。, しかし、この作品は「七つの大罪」や「十戒」といった名前を借りているだけで、本来の内容とは完全にかけ離れている。, しかも年齢層の低い少年漫画であるために、何も知らない小学生に間違った知識を与える恐れがある。, 恥ずかしい話だが、私が小学生の頃もガンダムやセーラームーンのキャラ名で元ネタを知らなかったことがある。, 信玄頑駄無や謙信頑駄無のせいで歴史上の人物をガンダムの名前と思っていたり、マーキュリーやマーズをセーラー戦士の名前だと思っていた時代があった。, ある程度年齢が高くなれば起こりえないことだが、幼少にこのような二次創作に触れてばかりいると何が真実なのかわからなくなってしまう。, 既に日本では本来の教義である「七つの罪源」ではなく、この漫画が言葉の意味になってしまっているということだ。, 既に存在する言葉を使うのは商業的には有用な部分もあるのだろうが、それで儲けた分だけ社会にはしわ寄せが生まれる。, 何も知らない無垢な子供に誤った知識を与えないように、せめてタイトルを少し変えるぐらいの配慮はしてほしいところだ。, 【在庫あり/即出荷可】【新品】七つの大罪 (1-37巻 最新刊) 全巻セット価格:17248円(税込、送料無料) (2019/6/28時点), mastersinさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 漫画七つの大罪の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画七つの大罪の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新 2020年3月25日発売日の週刊少年マガジン2020年17号、最新話! マギの作者が今描いてるやつ, 過去の仲間たちが再結集してうんたらかんたらやっとるけど 七つの大罪の終わりを見届けたいという方のために、七つの大罪の漫画やアニメを気軽に見直せる方法をご紹介します。 彼らが絆を深めてきた軌跡や、これまでの戦いを見直したいという方は、ぜひどうぞ。 ebookjapan(お得にコミックスが読める!) これまでの七つの大罪の活躍や、メリオダスとエリザベスが仲を深めていく様子を楽しみたければ、ebookjapan ゴウセルの設定 俺が好きな女を。 2期のアニメ化が決まっている漫画『七つの大罪』。主要キャラクター7人と、魔神族「十戒」との最終決戦を目前に控え、この先の行方が気になるところです。戦いに入る前にまずは、「七つの大罪」の魔力や神器、「十戒」らの魔力や闘級について紹介しつつ、考察していきます。, 「七つの大罪」と呼ばれる、7人の伝説の騎士団の戦いを描いた物語です。2012年から「少年マガジン」で連載が始まりました。, 物語は人間の他に、巨人や魔神、妖精、魔神などの様々な種族が登場するファンタジックな世界を舞台とし、そこから3000年も遡る「古の大戦」について語られたり、まったく違う視点で描かれたりと、ワクワクするほど色濃く幅広い内容です。, また、所々に貼られた伏線を考察するファンも多く、今や日本を代表する、人気漫画のひとつと言えます。, 「七つの大罪」と「十戒」との因縁は、3000年前の「聖戦」から続いています。人間族、女神族、妖精族、巨人族からなる「光の聖痕(スティグマ)」と、魔神族との壮絶な戦いの末、魔神族は封印されたはずでしたが……。, 物語はすでに最終章へ突入し、これまでにたくさんのキャラクターが登場してきました。しかしそのなかでも、魔力や強さなど、未だ詳細が明かされていないキャラもいるのです。ここでは、詳細が分かっているものも含め、キャラの持つ魔力(能力)や神器、闘級などをキャラごとに、考察を交えながら紹介していきます。, ストーリーを1巻からおさらいしたい方は<漫画『七つの大罪』の魅力を全巻ネタバレ紹介!アニメ2期前に復習!>の記事をご覧ください。, 大罪を犯した7人から結成された騎士団。10年前に王国の転覆を目論み、聖騎士から総攻撃を受けて散り散りになっています。手配書が掲げられていますが、すでに死んだとも噂されていました。, 以後、リオネス国では国を守るはずの聖騎士による暴走が激化していました。彼らの暴走を止められるのは、「七つの大罪」しかいないだろうと考えた王女のエリザベス。彼らを探すための旅に出て、はじめに出会ったのが大罪メンバーのひとり、メリオダスでした。, 単行本19巻ではエスカノールを迎え、メンバーが再び揃いました。それでは、「七つの大罪」のメンバーを一人ずつ紹介していきます。, 主人公メリオダスは団長で、移動酒場「豚の帽子亭」の店主です。また、過去にリオネス国に匹敵する一国「ダナフォール」を憤怒(怒り)にまかせて消滅させたとして、憤怒の罪(ドラゴン・シン)を負う者。左腕に龍の印があり、その正体は、魔神族で結成された「十戒」の元統率者です。, メリオダスの神器は「魔剣ロストヴェイン」。そして、魔力を使った技で代表的な技に、相手が仕掛けてきた攻撃を、倍の威力で跳ね返す「全反撃(フルカウンター)」と、受けた攻撃を一旦体内に蓄えてから一気に放出して攻撃する「リベンジ・カウンター」があります。, 闘級は、登場当初3370でしたが、その後3万2500まで上昇。さらには22巻で、十戒のエスタロッサに敗北して命を失うものの、23巻では復活して6万まで跳ね上がっています。, このとき、命を失ったメリオダスが生き返った理由として、七つの大罪のひとり「暴食の罪(ボア・シン)」のマーリンはこう語っていました。, 魔神族は7つの心臓を持っているので、すべてを失うまでは蘇生をくり返します。しかし、メリオダスに関しては、魔神王に掛けられた「永遠の生」という呪いにより、何度も蘇ってしまうのです。ただその都度、魔神王に感情を奪われるため、いつかは十戒だった頃のように、非情で冷酷なメリオダスに戻る可能性があるということ。, また、メリオダスが掛けられた呪いについては、3000年前に起こった聖戦と関係があったことが27巻で明らかになっています。, 当時、十戒のリーダーだったメリオダスは、女神族のエリザベスと愛してあってしまいます。種族は違えども、彼らの愛は誰にも止められませんでした。, その後、メリオダスは十戒の仲間を裏切ってしまいます。女神族を長とした、妖精族との連合軍「光の聖痕(スティグマ)」として、かつて自分が属していた魔神族と戦うことを決めるのです。, 敵対する種族である者同士、手を取り合うことを許さなかった魔神王と女神族の最高神。メリオダスとエリザベスは立ち向かいますが、族長に力で敵うはずがありませんでした。2人には、それぞれ呪いがかけられます。, メリオダスには、歳を取らず、死んでもまた生き返る「永遠の生」。エリザベスには短命をくり返し、そのたびに前世の記憶を忘れ去る「永劫の輪廻」。これらの呪いがかけられるのです。, さらに、2人は生まれ変わるたびに何度も出会い、恋に落ちます。悲しいことに、エリザベスは記憶を取り戻した3日後には絶対に死んでしまいます。, バンは、自分の欲のために妖精族にとって命ともいえる森を破壊し、「生命の水」を守護する聖女を殺した挙句、不死身の力を手に入れた「強欲の罪(フォックス・シン)」を負っています。印となるのは狐で、刻印は左のわき腹あります。, バンがかつて保持していた神器は「聖棍クレシューズ」という両端の先が鋭く尖った四節棍で、打撃系の武器です。過去、バスティーユ監獄で捕らえられた際に、取り上げられたまま戻っていません。しかし神器が無くても、バンは高い能力で戦闘に挑んでいます。, バンの強みは不死身というほかに、相手の力を奪って自分の物にする「身体狩り(フィジカルハント)」や、気配を消す「絶気配(ゼロサイン)」、相手の所有物を道具を使って奪い取る「獲物狩り(フォックスハント)」、盗みの能力「強奪(スナッチ)」など、様々な能力を使えることです。, 22巻では、ボロボロになったメリオダスの魂を食らおうとしたメラスキュラに、「絶気配(ゼロサイン)」で近づいて首を捻り、すぐさま「獲物狩り(フォックスハント)」で命を奪うシーンが描かれます。十戒を相手にその強さを見せつけてくれました。, しかし意外にも、バンの闘級は3220と、それほど高くありません。でも、この闘級はあくまでも通常時の数字であって、周りにいる者すべてに「身体狩り(フィジカルハント)」を使った大技、「狩りの祭典(ハンターフェス)」使用時には、2万6000以上にも上がります。, この分だと、神器を取り戻したあとは、さらなるパワーアップが期待できますね。ただ、神器が今どこにあるのか、ということに関しては一切触れられていませんし、本人も神器を取り戻そうともしません。これには何か意図があると噂されています。, そして、バンが「強欲の罪(フォックス・シン)」の罪を負うことになった過去の物語が、4巻に収録されている外伝で明かされています。, バンは「聖女に守られしお宝」を求めて、ブリタニア王国の北にある最大の森「妖精王の森」に向かいました。, 森の中心にある大樹を登り、生命の水を守る聖女エレインと出会います。水が無くなると森が枯れると聞いたバンは、水をあっさり諦め、エレインもそんなバンを「変な人」と思いながらも、次第に惹かれていったのです。, そこから長い時を過ごし、ふたりの気持ちが通じ合った頃、封印されていたはずの魔神族が現れて、バンもエレインも瀕死の状態に。エレインは、最期の力を振り絞ってバンに「生命の水」を飲ませようとしますが、バンはお前が生きろといって拒みます。そこでエレインは、自分の命をかえりみず、口移しでバンに水を飲ませたのです。, これによってバンは不死身になりました。罪状では、バンが聖女を殺害して、水を奪ったとなっていますが、2人の間にはこんなドラマがあったのです。, キングは妖精族の王で、本名はハーレクイン。印となるのは熊で、左のふくらはぎに刻印。妖精王でありながらも、ひとりの妖精による、人間への大量虐殺を見過ごした「怠惰の罪(グリズリー・シン)」を背負っています。, また、小さくて可愛らしい少年のような姿をしていますが、緊張したり照れたりすると、まるで「おっさん」のような姿になります。この姿は手配書に描かれていますが、キングにとっては正装でもあるのです。ただ、「おっさん」の姿でいることは、常に緊張状態なので本人も疲れるとのこと。, 魔力は、妖精王にした使うことが出来ない「災厄(ディザスター)」。小さな傷を大きくしたり、毒を猛毒にしたりと、対象の状態を促進させる「状態促進(ステータスプロモーション)」、植物の水分を凝縮した水弾で攻撃する「養分凝縮(コンデンスパワー)」。, また、「災厄(ディザスター)」は、妖精の森の大樹から作られた神器「霊槍シャスティフォル」の力を引き出すための重要な魔力でもあるのです。, 「霊槍シャルティフォル」は、第一形態から第十形態まであり、普段キングが乗っているクッションは第十形態となります。, スタンダードな槍の状態が第一形態、巨大な熊の形になる第二形態「守護獣(ガーディアン)」、槍で突いて石化させる第三形態「化石化(フォシライゼーション)。巨大な花で光線を放つ第四形態「光華(サンフラワー)」、小さい剣のようなものを降らせる第五形態「増殖(インクリース)」など実に様々です。, キングの強さは、闘級もまだ上がっていなかった、ヘンドリクセンとの最終決戦で描かれています。様々な暴挙を行い、自分を無敵を謳うヘンドリクセンへの、怒りが爆発したシーンです。, キングの闘級は4190で、戦い方のほとんどが魔力によるもの。神器を解放した場合は、1万1000まで上がりましたが、「妖精なのに羽がない」ことも影響してか、それ以上闘級をあげるには限界がありました。, しかし25巻で元妖精王グロキシニアと、元巨人族王のドロールによって3000年前に送られ、聖戦の真実や、彼らが十戒に入った経緯を知った後、大きな変化が訪れます。, グロキシニアほど美しくはありませんが、とうとうキングにも小さな羽が生えてきて、闘級も一気に4万1600まで跳ね上がりました。, 急に羽が生えた理由としては、3000年前の影響もあるかと思いますが、キングの精神的な部分にも関係あったのかもしれませんね。, (なぜ、グロキシニアとドロール王によって、3000年前に送られたのかは、下記の「グロキシニア」で解説します。), ディアンヌは、優しくて純粋で、女の子らしくて可愛い巨人族の少女です。印となるのは蛇で、刻印は左太ももに。同族のマトローナの力に嫉妬して毒殺、さらにその口封じとして、騎士330人を惨殺した「嫉妬の罪(サーペント・シン)」を負っています。, 神器は、2000ポンド(約1トン)の重さのある「戦鎚ギデオン」。過去に「七つの大罪」が解散したときに紛失し、「バイゼル喧嘩祭り」のあとに取り戻しました。, 闘級は3250。巨人族だけあって、武力が中心となった戦い方です。魔力は、大地を自在に操る「創造(クリエイション)」、自分の体を鉄のように重くする「重金属(ヘビメタ)」、地面を剣の形にして攻撃する「大地の剛剣(グラウンド・グラディウス)」など、大地と密接な関係のある魔力を使います。, 25巻では、ディアンヌもキングと共に3000年前に送られたあと、闘級は1万5000まで上昇。ディアンヌの闘級も上がったということは、やはりキング同様に、3000年前の体験が大きな影響を与えているようです。, ディアンヌは、普段は優しく可愛い女の子ですが、仲間に危害が加わると豹変します。最初にその強さを証明したシーンは、2巻で「不気味な牙・聖騎士ルイン」に、魔力で操られたメリオダスと対等に戦ったとき。, この時は、ディアンヌも操られていたので、メリオダスが聖騎士にみえていました。それにしても、団長のメリオダスと対等に戦うシーン……大罪メンバーならではの迫力です。, ディアンヌも、25巻でキングと一緒に3000年前に送られています。その後27巻で、闘級は1万5000まで上昇しています。, さらに、28巻で城塞都市コランドにて、メラスキュラと対峙したときに、闘級はなんと4万8000まで上昇します。しかし、これは怨霊が体に乗り移っていた状態でした。ただ、ディアンヌの体がそれだけの力に耐え切れるということを暗示しているのかもしれません。「十戒」との最終決戦では、さらなる闘級アップも期待できそうです。, ディアンヌについては<『七つの大罪』嫉妬の罪ディアンヌを徹底考察!キングとの関係は?>で詳しく紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。, ゴウセルは人形で、その本体は「十戒」無欲のゴウセル。王女を誘拐したうえ、強姦し、無惨なまでに殺害したとする「色欲の罪(ゴート・シン)」を負っています。印となるのは羊で、刻印は右胸です。, 闘級は、3100。神器は、体に埋め込まれた「双弓ハーリット」。腕や指先から光の矢を出して、相手の精神への攻撃を中心としています。, ゴウセルは、相手の脳内に侵入し、記憶を読み取ったり操作したりする技を得意としています。なかでも一番厄介なのが、記憶を消去する「消えゆく彼岸(ロストワールド)」。16巻でディアンヌの記憶を消去しています。, 「七つの大罪」のゴウセルの正体は人形ですが、それを作ったのは大魔術師にして「十戒」の、無欲のゴウセルです。無欲のゴウセルは、魔神王に一目置かれた存在でした。大魔術師という能力の高さから、十戒の一員となり「無欲」の戒禁を与えられたのです。, しかし、「その戒禁を持つ者の前で、欲を抱くと感情を失くす」という危険性から、500年間ずっと牢に幽閉されていたのです。その間ずっと、人形ゴウセルを通してでしか、外の世界を見ることはできませんでした。, しかし、無欲のゴウセルは3000年前、「自由の身になり、命に代えて聖戦を止める」という目的で脱獄。どうやって聖戦を終わらせたかは明かされていませんが、自分の夢、自分のすべてを人形ゴウセルに託して命を落としました。, 人形ゴウセルはその際に、無欲のゴウセルから「ありったけの心の魔法」が詰まった心臓を与えられています。26巻ではその様子が描かれており、聖戦から3000年後に目覚めたゴウセルは、明らかに感情を持っていたことがわかります。しかし……。, ゴウセルが感情を捨てた原因となる出来事があったのです。そして、自分自身に「消えゆく彼岸(ロストワールド)」を掛けて、すべての記憶を失くしました。, その後も、記憶が蘇えりそうになると「ノイズ」として、その度に「消えゆく彼岸(ロストワールド)」で記憶を消去していたようです。, ゴウセルについては<『七つの大罪』色欲の罪ゴウセルの正体は十戒!

ニュースター号 予約 電話, インスタライブ コメント 表示されない, 軽バン ターボ 中古 神奈川, 赤ちゃん 米粉 パン 無添加, Dvd 再生できない パソコン, エンジンチェック ランプ 消し方 スバル, サンダーバード クイックフィルタ 消えた, 河原町 ランチ 食べログ, 食べログ 千葉 テイクアウト, 立教大学 センター利用 ボーダー 2020, ヨシノリ コタケ 大阪, Hdd 完全消去 フリーソフト おすすめ, パナソニック オフローラ 価格, トマト ほうれん草 冷製パスタ, ジャミロクワイ 妻 日本人, バイク保険 内容 おすすめ, 靴 種類 サンダル, セリア 仕切りボックス 木製, Vba Split 型が一致しません, Cd 移動できない Linux, Galaxy S10 バッテリー交換 費用, Vscode ターミナル 文字化け Python, 中古マンション キッチンリフォーム ブログ, エクセル ヘッダー 日付 自動更新, 4歳 男の子 甘えん坊, プラド ホイール 17インチ 黒, 自分の欲しいものが わからない 誕生日, 封筒印刷 プリンター キャノン, なす 豚ひき肉 ピーマン,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *