レグザ ハイセンス 比較 9

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

レグザ ハイセンス 比較 9

WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". [体験談] Hisense(ハイセンス)のテレビの不具合の多さに我慢ができず修理依頼をした内容まとめ, [Amazon Echo] Googleカレンダーと連携させよう!アカウントとの同期手順についてまとめました!, パナソニック 43V型 液晶 テレビ VIERA TH-43EX600 4K USB HDD録画対応 2017年モデル, PCで保存したUSBハードディスク、USBメモリー内にある映像を見ることができます。. また家電量販店でみるのと、自宅で見るのとでは印象がかなり違うでしょうから。そこはどちらも遜色ないものとして、他の部分のスペックを比べてみたいと思います。, 4Kチューナーが1つの場合、4K番組録画中は4Kの番組は録画中のものしか見れない。 ハイセンスは最近になって知名度が急激に上がっている中国メーカーなので、ハイセンステレビは怪しい物であると評価されがちです。今回は、ハイセンステレビの特徴や評価に加えて、おすすめの選び方について紹介するので、ハイセンステレビ選びで失敗しないようにしましょう! ハイセンスの4kテレビはスペックが高いわりに値段が安く、コスパが非常に良いといった特徴があります。 ここでは、お手頃な価格で大型のテレビを販売している4kテレビメーカーを中心に、他の4kテレビメーカーとの比較を行っていくことにします。 ハイセンスは知名度が高くない4kテレビメーカーなので、あまり馴染みがなく、ハイセンスの4kテレビがどのようなテレビか分からない人もいると思います。ここでは、ハイセンスの4kテレビの特徴と選び方について説明するので、4kテレビ選びで失敗しないようにしましょう!, ハイセンスのテレビは、2017年に東芝のグループ会社を買収したため、レグザエンジンや低遅延ゲームモード等の技術を保有しているメーカーとなっています。ハイセンスの4kテレビはスペックが高いわりに値段が安く、コスパが非常に良いといった特徴があります。, ここでは、お手頃な価格で大型のテレビを販売している4kテレビメーカーを中心に、他の4kテレビメーカーとの比較を行っていくことにします。, LGエレクトロニクスでは、とにかくコスパのよいUM・SMテレビやお手頃な値段でかえる有機テレビであるOLEDシリーズがあり、どちらもハイセンスのテレビと比較対象になります。, 液晶テレビの方はどちらも4Kチューナーが内蔵されていて、値段が同じくらいなので迷うかもしれませんが、ハイセンスは国産のレグザエンジンを使っています。そのため、ハイセンスの方が海外メーカーに対する抵抗感が少なく、人気のある商品となっています。, 一方で、有機ELテレビの方は総合的なコスパはハイセンスの方が優れていますが、有機ELディスプレイの技術力と信頼性はLGの方が高いです。そのため、有機ELディスプレイに関しては、LGエレクトロニクスのOLEDシリーズの方がシェアが高くなっています。, maxzenは、他のメーカーよりも圧倒的に安いジェネリックテレビを作っているメーカーtなります。JU55SK03は4kチューナーこそ付属していませんが、55インチなのにも関わらず5万円程度で購入できるので、総合的な価格はmaxzenの方が安くなっています。, ただし、maxzenのテレビは動画配信サービスに非対応な上に、画像エンジンも国産の物を使っていないため、総合的な性能は大幅に落ちます。したがって、コスパの面においてはハイセンスのテレビの方が良くなっています。, シャープは大型のテレビでも安いテレビを販売している国内メーカーとなります。シャープの4kチューナー付属のテレビはハイセンスよりも少し高いですが、純粋な国産テレビであることから信頼性が高く、現在でも日本では根強い人気を持つメーカーとなります。, 最後にハイセンスに買収された企業として有名な、東芝という国内の家電メーカーがあります。ハイセンスと同様にレグザエンジンを使用していて、4k対応のテレビを出していますが、性能はそこまで変わらないのにも関わらず、値段はハイセンスより圧倒的に高いです。, しかし、東芝のテレビにはハイセンスには無い技術を搭載していて、見逃した番組も見れるようになる、タイムシフトマシンという大変優れた機能があります。タイムシフトマシンに興味のある人は、ハイセンスよりも東芝のテレビの方がおすすめです。, 4kテレビの最短視聴距離は1インチにつき2cm程度となっているので、最短視聴距離はそこまで気にする必要はありません。ただし、ハイセンステレビの中位機種と上位以上の機種では、売られているテレビのサイズがはっきりと区別されていることが特徴です。, A6800シリーズやE6800シリーズ等の中位機種においては、43型と50型という二種類のサイズが存在します。国産のテレビと異なり、50型以上になっても急激にテレビの値段が上がることは無いので、部屋のスペースに余裕が有れば50型の方が良いでしょう。, U7Eシリーズといった上位機種やE8000シリーズといった最上位機種には、55型と65型の二種類の大きさのテレビが存在します。広い家でない限りは、65型を選んでしまうと部屋のスペースを圧迫してしまうので、一般的な家庭の場合は55型の方がおすすめです。, ハイセンステレビでは、全ての4kテレビに4kチューナーが搭載されているだけでなく、レグザエンジンや低遅延ゲームモードといった、東芝の技術を活用しているといった特徴があります。また、ULEDといったハイセンス独自の技術を搭載しているテレビもあります。, ハイセンスの4kテレビでは、全ての機種において4kチューナーが1基搭載されていることが特徴です。外付けしなくて済むためコスパが良いですが、国産の4kチューナー対応のテレビと異なり、4k番組を見ながら録画を行うことができない事が欠点となります。, ハイセンスのディスプレイ方式には普通の液晶パネルに加えて、上位機種だけで採用されるULEDといった方式や、最上位機種で採用されるOLEDといったディスプレイ方式があります。, ULEDとは「ウルトラLED」の略で、ハイセンス独自の技術となります。バックライトはエッジ方式ですが、上手く光を調節してあげることで、直下型LED方式よりも高画質で、大型テレビでは重要な省エネ性能も高くなるバックライト方式となります。, OLEDは「Organic Light Emitting Diode」の略称で、普通の液晶ディスプレイと違って液晶パネルが必要ないので、純粋な黒色を再現することが可能となっています。OLEDはLGエレクトロニクスが初めに開発したディスプレイです。, ハイセンスでは2019年の2月に初めて有機ELテレビを発売していて、LGのOLED55C8PJAよりかは若干値段は高くなります。しかし、ハイセンスでは4Kチューナーを搭載しているため、総合的なコストパフォーマンスの面ではハイセンスの有機ELの方が高くなります。, ハイセンスの下位機種以外のテレビには、レグザエンジンという国産テレビの画像エンジンが使われているため、現在では国産テレビに見劣りしない画質となっています。高級機種ではレグザエンジンNEOプラスが付いていて、倍速駆動機能も搭載されています。, レグザエンジンNEOは中位機種のテレビに使われる画像エンジンとなります。下位機種では国産の画像エンジンが使われていないため、下位機種よりも画質が劇的に良くなります。ただし、倍速駆動機能が付いていないため、残像が残りやすいという欠点があります。, ハイセンスの上位機種以上のテレビには、より高性能な東芝の画像エンジンであるレグザエンジンNEOプラスが搭載されています。レグザエンジンNEOと異なり、倍速駆動機能が付いていて、残像が残らないため映画鑑賞やゲームも思う存分楽しめます。, ハイセンスのミドルレンジモデルである、A6800シリーズやE6800シリーズは総合的なコスパは非常に良いものの、音質があまり良くありません。そのため、音質を求める人はサラウンドスピーカーを搭載した、上位機種以上のハイセンステレビを選びましょう。, ハイセンスの4kテレビでは、全てのテレビにおいて低遅延ゲームモードが搭載されていますが、レグザエンジンNEOプラスを搭載したモデルの方がより遅延しづらいです。そのため、低遅延にこだわるならハイエンドモデルを選んだ方が良いでしょう。, ハイセンスは下位機種でない限りは、基本的な動画配信機能については一通り揃っているので、動画配信機能についてそこまで気にする必要はないでしょう。もし、動画配信機能に対応してなかったとしても、外付けのスティックPCで対処できるので覚えておきましょう。, ハイセンステレビのA68000シリーズやE6800シリーズは画質は良いですが、全体的に音質が残念といった声が多く寄せられています。ここでは、音質に不満を持っている人に向けて、音質を改善する方法についてまとめてみました。, テレビの音質を改善するうえで一番手頃な方法が、高性能なヘッドフォンを利用する方法です。テレビのイアホンジャックに差し込むことで、ヘッドフォンを有効にすることにより、テレビのしょぼいスピーカーよりも良い音が手軽に聞こえるようになります。, しかしながら、ハイセンスのテレビはイアホンジャックの性能悪く、ノイズばかり流れるテレビも存在します。いっそのこと外付けスピーカーにするのもありですが、高価なヘッドフォンを持っている場合は、グランドループアイソレーターでノイズを除去した方が良いでしょう。, スピーカーの置き場所の問題もあるので手軽には行えませんが、外付けのスピーカーを利用するといった手段もあります。A6800シリーズやE6800シリーズは音質が良く無いので、数千円程度の外付けスピーカーでも、劇的な改善効果が生じます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51%2BCY55TB4L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07K7D8SFV?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07K7D8SFV"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fa-price%2F4580341983362%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fa-price%2F4580341983362%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmitene%2F43a6800.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, ハイセンスが販売する格安4kチューナー内蔵テレビであり、5万円台で買えるのに4kチューナーが内蔵されているため、非常にコスパが良いです。また、HDR機能に関してもHLG対応となっているので、4k番組を購入してすぐに楽しむことができます。, また、ハイセンスの下位機種と異なり、レグザエンジンが付いていて低遅延ゲームモードもあるため、普通の番組を見るだけでなくゲームを楽しむことも出来ます。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"43A6800"},{"key":"画面タイプ","value":"液晶テレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"43インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10対応・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"961x606x214 mm"},{"key":"重量","value":"11.7kg"},{"key":"機能","value":"低遅延ゲームモード"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/A6800/43/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2018/11/50-43A6800_usermanual.pdf"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51AAX619ugL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07K6XJGJW?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07K6XJGJW"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmitenekakakubamboo%2F50a6800%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmitenekakakubamboo%2F50a6800%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmitene%2F50a6800.html"}], 50A6800はハイセンスの43A6800よりも大型のテレビとなり、値段は43インチに比べて1万円程度しか変わらないため、部屋のスペースに余裕が有れば50型の方がおすすめです。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"50A6800"},{"key":"画面タイプ","value":"液晶テレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"50インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10対応・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"1116x698x244 mm"},{"key":"重量","value":"16.6kg"},{"key":"機能","value":"低遅延ゲームモード"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/A6800/50/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2018/11/50-43A6800_usermanual.pdf"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51KwVc4oAgL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07RQ4D8TH?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07RQ4D8TH"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983676-31-12407-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983676-31-12407-n%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983676-31-12407.html"}], ハイセンスのE6800シリーズは最新商品となっていますが、A6800と比較するとHDMIケーブルの数と消費電力しか機能の差がないです。その分値段の差も2,000円から5,000円程度しか違わないため、新しい製品の方が人気があります。, A6800と同様に4kチューナーを内蔵していて、レグザエンジンと低遅延ゲームモードを搭載しているため、画質が良くて画面の遅延が少ないことが特徴です。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"43E6800"},{"key":"画面タイプ","value":"液晶テレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"43インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"959x601x186 mm"},{"key":"重量","value":"9.1kg"},{"key":"機能","value":"低遅延ゲームモード・Amazon Alexa"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★★"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/e6800/43/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/E6800-6500-6100_usermanual.pdf"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51wUIM14n3L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07RN4PDFD?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07RN4PDFD"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983669-31-16776-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983669-31-16776-n%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983669-31-16776.html"}], ハイセンスのE6800シリーズの50インチのテレビは、A6800シリーズよりも価格の開きがあり14,000円程度高くなるため、予算が無い人は50A6800を選びましょう。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"50E6800"},{"key":"画面タイプ","value":"液晶テレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"50インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"1112x693x235 mm"},{"key":"重量","value":"11.7kg"},{"key":"機能","value":"低遅延ゲームモード・Amazon Alexa"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★★"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/e6800/50/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/E6800-6500-6100_usermanual.pdf"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51m6MvSmtfL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07P415JVZ?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07P415JVZ"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983454-31-12409-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983454-31-12409-n%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983454-31-12409.html"}], ハイセンスの55U7EにはULEDという技術が使われているので、非常に画質が良いのにも関わらず、有機ELよりもずっとエネルギー効率が高い高性能なテレビになっています。, また、E6800シリーズと異なり、レグザエンジンNEOプラスとサラウンドスピーカーを搭載していて、動画配信サービスにも対応しているので映画鑑賞も楽しめます。, 値段も9万円と安く、E6800の50インチモデルと2万円程度しか変わらないため、某通販サイトではE6800シリーズの次に人気のある製品となっています。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"55U7E"},{"key":"画面タイプ","value":"液晶テレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"55インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"1230x786x262 mm"},{"key":"重量","value":"20.6kg"},{"key":"機能","value":"ULED・低遅延ゲームモード"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★★★"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_uled/U7E/55/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/02/U7E_usermanual.pdf"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51vQjLES2RL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07NWLZKLV?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07NWLZKLV"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fa-price%2F4580341983447%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fa-price%2F4580341983447%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983447-31-20945.html"}], ハイセンスの中で最も大きいテレビである65U7Eは、海外製のテレビなだけあり12万円台というお手頃な値段で買えるので、部屋のスペースに余裕があれば買ってみてはいかがでしょうか。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"65U7E"},{"key":"画面タイプ","value":"液晶テレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"65インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"1450x924x354 mm"},{"key":"重量","value":"30kg"},{"key":"機能","value":"ULED・低遅延ゲームモード"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★★★"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_uled/U7E/65/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/02/U7E_usermanual.pdf"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51qc2kBh1YL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07P41SN36?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07P41SN36"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983430-31-12409-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983430-31-12409-n%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983430-31-12409.html"}], ハイセンスのフラッグシップモデルである55E8000は、ハイセンス唯一の有機EL搭載のテレビとなります。他の有機ELテレビと異なり、手頃な値段で4kチューナーを内蔵しているため、手軽に黒色がきれいで奥行きのある4k番組を見ることが可能です。, 有機ELテレビなので省エネ性能は低いですが、レグザエンジンNEOプラスが搭載されていて、倍速駆動機能が付いているため、映画鑑賞も思う存分楽しむことができます。, [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"55E8000"},{"key":"画面タイプ","value":"有機ELテレビ"},{"key":"画面サイズ","value":"55インチ"},{"key":"画素数","value":"3840×2160(4K)"},{"key":"HDR","value":"HDR10・HLG対応"},{"key":"チューナー","value":"地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵)"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"1226x754x272 mm"},{"key":"重量","value":"22.7kg"},{"key":"機能","value":"低遅延ゲームモード"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"不明"},{"key":"スペック詳細","value":"https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_oled/e8000/55/"},{"key":"取扱説明書","value":"https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/02/E8000_usermanual.pdf"}], ハイセンスの4kテレビの特徴や、おすすめのハイセンス製の4kテレビの選び方について紹介しましたが、どうだったでしょうか。, ハイセンスには東芝の画像エンジンが搭載されているだけでなく、ULEDといったハイセンス独自の技術が存在するため、ハイセンスの4kテレビでは様々な選び方があります。, F60Eシリーズを除いて、最近のハイセンスのテレビはどれも評判が良く、多くのテレビがお手頃な値段で購入できるため、どのテレビも選びがいのある魅力的な商品となっています。, ハイセンス(Hisense)の4Kテレビおすすめ7選【特徴・比較・口コミ・レビュー】, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/A6800/43/, https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2018/11/50-43A6800_usermanual.pdf, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/A6800/50/, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/e6800/43/, https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/E6800-6500-6100_usermanual.pdf, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/e6800/50/, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_uled/U7E/55/, https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/02/U7E_usermanual.pdf, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_uled/U7E/65/, https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_oled/e8000/55/, https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/02/E8000_usermanual.pdf.

大野智 24時間テレビ Tシャツデザイン 6, Tokio 農家 人気 4, Fax に てご返信 6, Official髭男dism Lady 音域 19, 剣心 薫 嫉妬 25, テラフォーマーズ 作者 病状 14, 時効警察 動画 Pandora 47, Samurai Footballers 海外 への 挑 27, Tokio 農家 人気 4, ウルトラマン ゼロ 中国語 4, ブルーハーツ 青空 教科書 57, ドイツ語 非分離動詞 一覧 4, Loom 意味 スラング 45, 車 シルバー ダサい 50, 道路法 32条 35条 違い 8, 日清 旭川しょうゆ アレンジ 25, それって!?実際どうなの課 動画 2020年6月3日 13, わたし鏡 楽譜 ピアノ 16, 約ネバ エマ 耳 11, プラージュ 給料 明細 6, ワンオク Dvd 2019 4, 巨人 ドラフト1位 メジャーリーガー ピッチャー 10, Youtube リッキー ギター 42,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *