ファースト 牽制 構え 26

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

ファースト 牽制 構え 26

特に送りバントは ”成功して当然” と見られますし、失敗したら罵声を浴びます。それだけに、やる方は大きなプレッシャーを感じることも少なくありません。, この記事ではそのような方のために、バントのやり方を良い例・悪い例を交えて詳しく解説したいと思います。, バントにも合理的な『バントをするときのバットの握り方』『バントの構え方』『バットの当て方』があり、これらを理解し身につけることが上達への近道になります。, バットスイング同様、バントでも何気なくバットを握ってはいけません。バットの握り方が悪いとピッチャーの投げるボールに押されることがあるからです。, 捕手側の手(図1の右手)を見ると、親指と人差し指との間にバットを乗せるような握り方をしています。, 人間の指の間には ”指間水かき” と呼ばれる柔らかい部分がありますので、このような握り方をするとミートした瞬間ボールの勢いに押し戻され、狙った所にバントを決めることが難しくなるのです。, そして左手首を背屈させずに掌屈(手のひらの方へ折り曲げる)していますので、ミートした瞬間ボールの勢いに押し戻されづらくなり、狙った所にバントを決めやすくなります。, 手の甲を空の方へ向け、前腕部とともに内捻(内側に捻ること)していることが分かると思います。, 捻りが入った腕はボールの勢いに対する抵抗力になりますので、ボールの力に負けないバントが可能になります。, このようなバットの握り方や手首の使い方はバントに限った話ではなく、普段のバットスイングでも共通して言えることです。, バットの握り方で飛距離が変わる?フィンガーグリップがパームグリップより優れている2つの理由!, 両脚を外捻してしまうと腰が引けてしまい、ヘッピリ腰になってしまいます。そうすると重心が脚に乗りませんので、非常に不安定な姿勢になってしまうのです。, 不安定な姿勢だと投球を正確に見定めるこが難しくなりますし、ミートした瞬間ボールの勢いに押し戻されやすくなってしまいます。, コースによっては腕だけでバントせざるを得ない場合(特に外角低め)もあり、このような構え方はデメリットだらけなのです。, 投手側の脚(図4の左足)を内捻させることにより、いわゆる ”壁” が出来ている状態であり、安定した姿勢になります。, 捕手側の脚(図4の右足)を内捻すると自然と捕手側の肩(図4の右肩)も前に出てきますので、自然とバントをしやすい姿勢になります。, そして両脚を内捻させることにより、重心が脚にしっかり乗っていますので姿勢が安定します。, その結果、ボールに対する抵抗力が増し、ボールの力に負けないバントが可能になるのです。, 送りバントはフライを打ち上げずに打球を転がすことが要求されます。それも弱すぎず、強すぎずに。, もっと簡単に言えば、バットの先にボールを当てるようにすればいいのです。バットの芯を外せば、強い打球を転がしたくても転がりませんからね。, そのためにミートする瞬間バットを引くのですが、動いているボールに対しバットの動きが大きくなれば確実性が低下して当たり前です。, そんなときバントの苦手な人ほど捕手側の手(右打者の右手、左打者の左手)を使って引いたり押したりしようとします。, しかし、投手側の手(右打者の左手、左打者の右手)の意識が薄いと、角度をつけたつもりでも全然角度がついていなかったりし、バントを失敗する要因になってしまうのです。, 打球に角度をつけるコツは、捕手側の手を支点とし投手側の手を引いたり押したりすることです。, 特に高めのボールなどは、投手側の手に意識を持てばヘッドが立ちやすくなり、フライを打ち上げるリスクが少なくなります。, バントを失敗するケースでよくあるのは、投手側の手がほとんど動いてなく、捕手側の手で調整しようとした結果ヘッドが下がり、ファールにしたり小フライを打ち上げてしまうことです。, ランナー一塁での送り送りバントは一塁線に打球を転がすのがセオリーであり、三塁線に転がしてはいけません。, なぜなら、ファーストは牽制球に備えて一塁ベースに入っているため打球処理に対するチャージが遅くなってしまうのに対し、サードはフリーに動け、極端なチャージをかけることが可能だからです。, このケースで右打者の場合、捕手側の手である右手を支点とし投手側の手である左手を押し出し一塁線を狙います。, そうすることで、右手は微調整をするだけの小さな動きで済むため安定感が増します。左手を右手より下げておけば自然とバットのヘッドが立ちますので、フライを打ち上げるリスクが減ります。, これとは逆に、左手を支点として右手でバットを引こうとすると、意図せずバットのヘッドが下がりフライを打ち上げるリスクが高まります。, 特に低めのボール、中でも外に逃げるスライダーやカーブの場合はそうなりやすく、それは支点となる手と動かす手を間違っていることが原因なのです。, 左打者の場合は捕手側の手(左手)を支点とし投手側の手(右手)を引いて一塁側を狙います。, このとき右手を支点として左手を押し出そうとすると、いわゆる『迎えに行く姿勢』になってしまいます。, 迎えに行った状態でバントをした場合、バットの芯にボールを当ててしまうと強すぎる打球が飛んでしまいますし、右手の意識が薄いと押し出した左手につられて右手も前に出してしまい、結局バットに角度がつかずピッチャー正面への打球→ダブルプレー・・・なんてこともありうりますので注意しましょう。, ランナー二塁での送り送りバントは三塁線に打球を転がすのがセオリーであり、一塁線に転がしてはいけません。, なぜなら、サードは二塁ランナーの盗塁に備えて三塁ベースから大きく離れることができないのに対し、ファーストはフリーに動け、極端なチャージをかけることが可能だからです。, このケースで右打者の場合、捕手側の手である右手を支点とし投手側の手である左手を引いて三塁線を狙います。, こうすることで『迎えに行く姿勢』を避けることができますし、ヘッドも立ちやすくなりフライを打ち上げるリスクを低くすることができます(ランナー一塁における左打者が一塁線にするバントと同じ)。, 左打者の場合は捕手側の手(左手)を支点とし投手側の手(右手)を押し出して三塁線を狙います。, こうすることで、左手は微調整をするだけの小さな動きで済むため安定感が増しますし、右手を左手より下げておけば自然とバットのヘッドが立ちますのでフライを打ち上げるリスクが減ります(ランナー一塁における右打者が一塁線にするバントと同じ)。, 普段の送りバントは無難にこなせるのに、勝負所のスクイズになると成功率が下がってしまう選手がいます。, そのような選手ほど、図5のように体をピッチャーに対し正対して構えるケースが多いです。, 図5のように構えてしまう理由は、”投球を正確に見定めたい” “体の近くに投げ込まれてもバントするため” 等、バントできる範囲を広げようと考えてしまうためです。, しかし、このような構え方は悪い構え方であり、以下のような多くのデメリットがあるのです。, 唯一メリットがあるとすれば、体付近に来たボール球への対応が楽になることくらいですが、そもそもそんな確率が低いことをフォローするにはあまりにデメリットが大きすぎます。, キャッチャーがスクイズを外すため、打者の体付近にボールを要求することはありません。捕球しにくくワイルドピッチやパスボールになるリスクがあるためです。, ピッチャーも同様で、デッドボールになるリスクを取ってまで打者の体付近に投げることはありません。デッドボールになってしまえば、スクイズを免れてもピンチは免れませんからね。, このような構え方をして、外角の何でもない投球に対しくらいつくようなバントをしてファールや小フライを打ち上げる選手は本当に多いです。, ランナーがいる塁が違うだけでバントはバント。送りバントと同じ要領ですることが利にかなっているのです。, プロ野球では優勝争いの終盤戦やプレーオフ(CS・日本シリーズ)では、普段送りバントをやらないような強打者・好打者に送りバントのサインがでることがありますが、あっさり決めることが多いと思いません?, そもそもバントが上手くなる条件として、『投球を見定める選球眼』『投球の勢いに負けない手・腕・脚の使い方(構え方)』『バットの芯を外すミート力』が挙げられます。, 強打者や好打者と呼ばれる選手ほどこれらの技術レベルが高くなりますから、バントが上手くて当然なのです。, バントは野球において多用される作戦ですが、具体的な『バントのやり方』を解説・指導できる人は少ないんですよね。, といった、ためにならないアドバイスをする指導者を目にしますが、そんなことでは選手のバント技術は上達しません。, バットスイング同様バントにも合理的なやり方があり、それがこの記事で解説した『バントをするときのバットの握り方』『バントの構え方』『バットの当て方』なのです。, そしてバントとバッティングのスイングには共通した技術が詰まっていますので、合理的なバントのやり方を身につけることは打撃能力向上にも良い影響を与えるはずです。. また、自分のところに打球が来た時は、捕球してそのままベースに入るか、少しベースより遠い位置であればセカンドかピッチャーがベースカバーに入るタイミングで送球してアウトにしましょう。, 1塁にランナーがいる時は、ピッチャーの牽制球を受ける必要があります。 身体の左側でボールをシングルハンドでとり、ダッシュの勢いを利用して体重を三塁側に移動させながら身体を右に回転させ、オーバースローで胸の辺りの高さに投げる。, バントを警戒した守備体制が必要となり、同時に牽制や打球の対応もしなければならない。 野手の中で、最も牽制によく入るのがファーストです。 状況によっては、ランナーがいても牽制に入らないこともありますが、ほとんどの場合で牽制に入ります。 牽制では、ピッチャーが投げやすいように低い姿勢で構えてマトを作ってあげます。 リンク先の記事をブックマークしておくと、困ったときに便利ですよ。. オリックス(2006-2008)pic.twitter.com/kaCltuG6pU, — プロ野球通算成績bot (@npb_player_bot) October 25, 2020, 個人記録でも甲子園通算13本塁打、高校通算64本塁打を放って、当時ドラフトが非常に注目されました。, 野球が詳しい方はご存じだと思いますが、かねてから熱望した巨人には入れずに西武に入りしました。, 新人から頭角をあらわして126試合に出場して打率.304でホームランも31本放ち新人王を獲得します。, その後もコンスタントに活躍し、かねてから熱望していた巨人入りを果たしました。その後オリックス入りし皆さんご存知の事件もありました。, 表彰もベストナインやゴールデングラブ賞、人気のある選手でオールスターに選ばれ非常に活躍したことからお祭り男と呼ばれました。, これだけの活躍がありながら意外なことに打率、本塁打、打点のタイトルはありませんが、インパクトがある選手なので3位に選出させていただきました。, 落合博満さんって地味に凄くね? https://t.co/6ctLP59SSV pic.twitter.com/x9ZzWEJXwX, — プロ野球速報 (@MeigenSports7) November 9, 2019, 第2位はロッテ、中日、巨人、日ハムと4球団渡り歩き、首位打者5回、本塁打王5回、打点王5回と2年連続三冠王を含む、3度三冠王を獲得したレジェンド落合博満です。, これだけの成績を残した選手は、これから先もこれだけの成績を残す選手はなかなか出ないんではないでしょうか?, ただそれだけではなく監督としても、8年間で4度のリーグ優勝で2007年は日本一、全ての年にAクラス入りをした実績を持ちます。, 王貞治は小4時代とナボナを 腰をしっかりと落としてグラブにボールを入れると同時に右手でボールを握り、ランナーに交錯しないようにカバーに入った野手に向かって、やや2塁よりに投げる。, ②二塁送球への流れ ファーストは特にボールに捕球する機会が非常に多いポジションなので、日頃からキャッチングを意識し、練習していきましょう!, 野球プレーヤーの皆様向けに、 【バッティング / ピッチング / 守備 / 走塁】のノウハウを見やすいようにまとめました! 牽制を受ける. 1780試合 .296(5964-1767) ドライバーの構えに正解はあるのか…?今回は、タブーとも言われていたハンドファーストでドライバーを振っていいのかの疑問について答えていきたいと思います。ボールが上がるのか、そして飛距離が伸びるのか、気になりますよね!ぜひ一読してみてください。 石井浩郎さん higoone, よく守備が下手な人がファーストになる・・・という話もありますが、ファーストは他の内野手の送球を確実に取らなければならない、最も送球を受けることが多い重要な役目がありますです。その他役割が多く、牽制やバントの対応、投手へのカバーなど様々なケースがあります。また、できるだけ前で送球をとれるほうがいいので、長身のリートが長い選手、下半身が柔軟な選手が有利です。また左利きだと牽制タッチに有利となります。, 好送球はベースに足をつけて正面で受けられますが、左右にそれた送球に対しては足のつけ方をすばやく変えることが大切。大きくそれる場合はベースから足を離して捕球し、ランナーより早くベースを踏まなければなりません。とにかく送球をそらさず、絶対にとらなければならないのです。, また、ランナーと衝突しないように捕球しなければならないので、左にそれる場合は左前方で捕球し、キャッチャーからの送球にはランナーと重ならないように2塁側に構えて捕球する必要がある。通常の送球であればいいが、悪送球の場合バウンドする球もある。ショートバウンドを捕球する練習をしっかり行わなければなりません。もしも送球を取れなかったら、投手投球のリズムをくずし、チームからの信頼を失します。どこからのボールもしっかりとれるような体勢でかならず後ろにそらさないようにしよう。, ファーストはランナーがいない場合はベースのやや後方で2塁寄りが定位置となり、1塁にランナーがいる場合は牽制と打球の2つの対応をしなければなりません。投球に合わせてすばやく離塁したり反応できるフットワークを身につける必要があります。両足を肩幅よりやや広く開き、腰とヒザは軽く曲げ、上体を前傾してバランスをとり、指先をやや外側に向けるようにします。投球直前は両腕を身体の前方にゆったり下げ、両足の親指のつけ根あたりに体重をかけ、身体全体の力を抜いて打球にそなえます。この際にカカトを上げすぎると、前進する場合は非常に動きやすいが、左右、後方へスタートする場合に動きにくくなるので前に重心を寄せるようにしましょう。, 左右に打球が飛んできたとき、スタートの第一歩はヒザと腰を曲げた低い姿勢でスタートすることが大切です。素早くスタートを切るには打者のインパクトの寸前に両足で軽く跳ねるようにしてタイミングをとり、スタートへつなげます。, 投手からの牽制を受けるときは右足をベースのホーム側の一角につけ、受け取ると同時に一直線にベース前へミットをもっていきタッチする。左利きだと捕球しながらタッチできる。, 一塁方向へのバントなどに対して、すばやく反応しダッシュして右足寄りにキャッチして、左足を大きく開いてベースカバーに入った選手に送球する。一塁ゴロの場合は投手がカバーに入ることが多い。トスでの送球が多いのでタイミングに気をつける。投手がベース寸前ならベース上へ、多少ベースから感覚があり投手が走ってきているなら2,3歩前へ。, ①一塁送球への流れ 各ポジション別守備の基本 1塁にランナーが出た場合、 牽制を受ける役割 もあります。この場合、迅速にタッチする技術が必要になります。また、牽制に関してはベンチや捕手からサインが出る場合もあるので、チームプレイを確認しておきましょう。

幼児 発達 スキップ 5, 中 日 ドラゴンズ 記事 7, Never Say Goodbye 意味 6, ポケモンgo ポケコイン 使えない 58, 最強 エアガン 作り方 38, いつかティファニーで朝食を 14 Rar 8, 2 回目 のデート 断り方 9, スポタカ 抽選 Travis 9, 夜会 1月17日 動画 14, ゆうり ユーチューバー 会社 15, 旦那 浮気 プラトニック 6, 橋本崇載 有吉反省会 動画 13, Fifa20 Jリーグ おすすめ選手 19, 喜 熨斗 延子 20, ガキの使い 口パク モザイク 10, Poon 英語 意味 6, ポプテピピック ランボー 海外の反応 14, 小論文 要約 ひとマス空ける 11, グレートプリテンダー Netflix 続き 4, 黒田電気 バスケ 2020 15, トッケビ パリ の 男の子 6, 西武 ショート なんj 12, 青ブタ パウダースノー ネタバレ 4, 雑誌 ライター募集 未経験 7, 剛 准 エピソード 30, メンサ テスト 2019 56, 自己肯定感 低い 恋愛 男 25, 米国株 Ipo 買い方 8, 山善 掃除機 説明書 4, マウンテンバイク 泥除け あさひ 8, うう っ 誰か 助けて ここ は寒いよ 暗い よ 8, 中学生 俊敏性 トレーニング 53, 伊集院 北斗 運転 5, 爪楊枝 城 設計図 27, 365歩のマーチ 歌詞 コピー 4, 仁 きいち お母さん 11, 阿良々木暦 身長 体重 7, 函館 万惣 幽霊 4, 黒 ほおずき 花言葉 49,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *