コスズメ 幼虫 食草 49

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

コスズメ 幼虫 食草 49

スズメガ科(スズメガか、雀蛾、Sphingidae)とは、節足動物門・昆虫綱・鱗翅目(チョウ目)内の分類単位のひとつ。, スズメガ科に属する蛾は世界中に1,200種ほどが知られている。成虫・幼虫共に比較的大型になる。成虫の4枚の翅は体に対して小さく、三角形になっていて、高速で飛行する。幼虫は「尾角」と呼ばれる突起を持っている。, 卵は2 - 3 mm程度のやや扁平な球状の小さなもので、淡い緑色のものが多い。通常産卵数は数百個だが、卵塊を形成せずに、飛翔しつつ1粒ずつばらばらに食草に産み付けられる。多くの場合卵は数週間で孵化する。, 幼虫は典型的なイモムシ型で、様々な種類の植物の葉を食べる。元来イモムシ(芋虫)という単語は、サトイモやサツマイモの葉に多く付くスズメガの幼虫を指した語である。現在でも農作物や街路樹などに普通に見られ、我々にとってごく身近な存在となっている。毒針毛などは無く、触っても無害である。, 体型は非常に特徴的で、多くが腹部の末端に「尾角」と呼ばれる顕著な尾状突起を有している。そのため英語圏ではスズメガの幼虫を horned worm (角の生えた芋虫)と称す。尾角の形状・色は種類によって異なるが、その用途は良く分かっていない。, 体色は多様で、食草に良く似た緑色をしたものや褐色のもの、黒色のものなどが存在する。また、同じ種の幼虫でも同じ体色を有すとは限らず、個体差が顕著に現れることも多い。例えばホシヒメホウジャク Neogurelca himachala sangaica やエビガラスズメ Agrius convolvuli、モモスズメ Marumba gaschkewitschii echephron などは、個体により顕著な体色の相違が現れる。また、ビロードスズメ Rhagastis mongoliana などの幼虫は眼紋を腹部に持つ。, スズメガの幼虫には発音するものもいて、メンガタスズメ Acherontia styx medusa やブドウスズメ Acosmeryx castanea、モモスズメ Marumba gaschkewitschii echephron の幼虫は刺激すると顎をすり合わせて音を出す。, 一般に若齢幼虫は体が小さく、色も目立たないので発見されにくいが、終齢幼虫に近づくと体長・体重が著しい増加を見せ、あたかも忽然とそこへ現れたような印象を与えることがある。北米に広く分布するタバコスズメ Manduca sexta を例にとると、一齢幼虫と終齢幼虫の体長差は約11倍で、四齢幼虫から五齢(終齢)幼虫になるまでに体長が2倍近く増加するという観察結果がある。また体重も一齢幼虫の時と終齢幼虫の時では数千倍の違いがあることが知られている。種によっては、幼虫時代に消費する食草の9割を終齢幼虫の時期に消費する。, 食草は実に多様であるが、種によって食べる植物は決まっている。主な食草としては、ブドウスズメやコスズメ Theretra japonica、クルマスズメ Ampelophaga rubiginosa rubiginosa の好むブドウ科の蔓植物、クロスズメ Sphinx caliginea caliginea の食べるマツ科の針葉樹、モモスズメが多く見られるバラ科の植物、エビガラスズメ Agrius convolvuli の好むヒルガオ科の植物などが挙げられるが、これらはほんの一部に過ぎず、様々な植物に彼らの姿を見る事が出来る。中にはメンガタスズメの仲間のようにナスやジャガイモ、チョウセンアサガオ、タバコ、トマトなど、ナス科のアルカロイド性の毒を多く含む植物を食べて成長するものもいる。米国ではタバコスズメとトマトスズメガが、同じくナス科の毒性の強い植物を好んで食べる事が知られており、これらのスズメガの幼虫は、アルカロイドを分離し体外に分泌する特殊な構造を持っている事が明らかになっている。また、クチナシに付くオオスカシバ Cenophodes hylas hylas やヘクソカズラを食べるホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta などもいる。, スズメガは幼虫時代には大量の葉を消費するので、しばしば害虫として駆除される事も多い。葉を一番多く消費する終齢幼虫になる頃には巨大になるので、比較的駆除は容易である。, 多くの場合、スズメガの幼虫は成熟すると食草から地上へと降下し、そのまま穴を掘って地中に蛹室をつくるか、地表の落ち葉などを糸で綴った荒い繭をつくってその中で蛹となる。しかし、ホシホウジャクのように、植物上で食草の葉を紡いで蛹を作るものも知られており、一概に地中・地表で蛹になるとは言えない。蛹は幼虫同様比較的大きく、また幼虫時代の特徴である尾状突起を残しているので判別は容易である。エビガラスズメのように長い口吻を持つ種では、蛹からも長大な口吻の折り返された突起が突出している。, 多くの場合スズメガは蛹の状態で越冬する。例外的にクズやニセアカシアを食べるトビイロスズメは、成熟した幼虫が地中に潜って前蛹の状態で幼虫の姿のまま越冬し、初夏になってようやく蛹となる。, 蛹の期間は種によって違いがある。大抵の場合4 - 5ヶ月ほどだが、数週間で羽化するものも多い。, なお、かつて日本ではこの蛹を子供が手に取り、つつくと動くのをおもしろがったようである。体をくねらせるのは西を示そうとしているのだとの伝承があり、そこからこの蛹のことを「にしゃどっち」(西はどっちの意)あるいは「にしむけ」と言う。, 地中で羽化した成虫は地上に出て活発に活動し始める。成虫は主として夜行性だが、オオスカシバやホウジャク類のように日中飛行するものもいる[1]。スズメガの成虫は鋭角を持つ比較的ほっそりとした三角形の翅をもち、これをすばやく羽ばたかせて、種類によっては時速50 km以上の高速で移動する。その飛行速度は数多い飛翔昆虫の中でも速い部類に入る。また翅を素早く羽ばたかせる事で空中に静止(ホバリング)することもでき、その状態で樹液や花の蜜を吸引している姿が頻繁に観察できる。, あまりに高速で移動する為、ハチや海外ではハチドリと誤認される事も多く、ブラジルではスズメガの事をmariposa beija-flor(ハチドリの蝶)と呼んでいる。また、オオスカシバのように透明な翅を持ち、スズメバチに擬態しているものも知られている。, 多くの場合成虫は春から秋にかけて出現する。ベニスズメやオオスカシバなどは年二回発生する事が観察されている。一部の幼虫と同じく成虫も発音するものが多く知られ、日本最大のオオシモフリスズメ Langia zenzeroides やメンガタスズメは捕らえると腹部から発音する。, 成虫は口吻が発達していて、様々な植物の花の蜜を吸引するが、樹液に集まるものも多い。成虫の口吻の長さは種類によって様々で、それぞれ好みの花の蜜腺に届くような長さをしている。たとえばウチスズメは2 cmほどしかないが、エビガラスズメは11 cmも伸びる口吻をもつ。マダガスカルや南アメリカには25 cmほども伸びる口吻をもつものがいる。メンガタスズメは口吻がそれほど長くなく、ミツバチの巣の中に進入して貯蔵された蜂蜜を強奪することが知られている。さらに、ウチスズメ亜科のスズメガにはモモスズメなど、口吻自体が退化して摂食せず、幼虫時代に蓄積された養分だけで活動するものも少なくない。, スズメガの成虫は活動性が高く、多量の花蜜を消費し、距離の離れた多数の花を訪花するため、様々な植物がスズメガ媒花として受粉を行うように特殊化した花を進化させている。特徴としては比較的大型の花が夜だけ、あるいは昼夜を通して咲き、しばしば芳香を放つ。花の色は白や黄色が多くて闇夜に浮き上がって見え、長い口吻を花の奥に引き込んで効果的に頭部に花粉をつけられるように、長い花筒や距が発達している。, 代表的なものとして、マツヨイグサ類、カラスウリ、ハマユウ、サギソウ、オシロイバナなどがある。, その広範な食草の種類と、旺盛な食欲から一般にスズメガは害虫として認知されているが、それと共に非常に利用価値の高い昆虫としても注目されている。, 欧米ではその大きさと繁殖力の強さから、タバコスズメやトマトスズメの幼虫が実験用として大量に飼育されている。日本でも人工飼料を用いたエビガラスズメの養殖が行われており、遺伝などの実験に利用されている。, また、エビガラスズメの幼虫は非常に栄養価に富み、昆虫食の対象として注目される他、実際に家畜の飼料としても利用されている。海外には伝統的にスズメガをはじめとする鱗翅目の幼虫を重要な蛋白源とする地域が多く存在する。例えば、中国では、トビイロスズメを「大豆蛾」と呼び、江蘇省などで食用に養殖され、販売されている[2]。そのまま炒めたり、焼いたりしても食べられるが、中国では生で筋肉をすりつぶし、肉団子も作られる。トビイロスズメの場合、栄養素としては約65%がタンパク質で、バリン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシンなどのアミノ酸を多く含む。また、約25%が脂肪分で、リノレン酸を多く含む[2]。, 林華峰 他、「豆天蛾的人工飼養和綜合利用研究進展」『経済動物学報』2005年9期、pp177-180、長春, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スズメガ科&oldid=79699387. 横浜市港北区篠原園地 070610. 今回は『スズメガ科の蛾はどんな蛾?幼虫の食草や種類は?駆除対象?』というテーマでお送りしていきます。, スズメガという蛾は、熱帯地域を中心に世界中に約1450種類が分布しており、日本にも多くの種類が生息しています。, あなたが普段見ているような蛾とは、一風変わった姿をしています。今回は、このスズメガについて解説していきます。, スズメガのほとんどの種は年に数回発生する性質を持ち、気候条件がよければ1年間に数世代が生まれます。, 毛の代わりではないですが、幼虫のお尻の部分に角が生えているものが多いです。幼虫の色は緑色か茶色で、天敵から身を隠すために保護色をしているものが多いですが、白い斑点などをもつ種類もあります。, 幼虫はアリなどの天敵に遭遇すると、ねばねばしたもの(毒性があることもあります)を吐き出すことがあります。, ただし基本的には、スズメガは毛を持ち合わせていないこともあり、とりあえず日本のものであれば無害だといえるでしょう。, 幼虫の成長速度は気候によって差があります。幼虫期間が終わると蛹になり、2,3週間ほどで成虫になるものから、数か月かかるものまでいます。越冬する場合、たいていはこの蛹の形態で越冬します。, スズメガの幼虫は、様々な種類の植物の葉を食べるというよりは、それぞれがある種類の植物のみを食べることが多いです。, 例えば、日本の代表的なスズメガ科の蛾の1つであるオオスカシバは基本的にクチナシの葉を食べます。後でも述べますが、幼虫が食べる食草は種類によってまちまちです。, そのため、このスズメガの幼虫がついてしまうと農作物に大きな被害が出てしまい、駆除の対象にもなっています。, 基本的には大きな幼虫なので目立つので、目でも見つけやすいです。加えてスズメガは植物1つに大量発生することはありません。そのため、1つ1つ目で見て駆除していけば被害は減ることが多いです。, 薬剤を用いるときは、代表的なものとしてはスミチオン乳剤や粒状のオルトランなどがあります。, また、スズメガは比較的大型の蛾なので、防虫ネットで未然に被害を防ぐことが可能です。, このホバリングを花の前で行い、ホバリングをしながらストロー上の口を花へ差し込んで花の蜜を吸います。, この姿は海外ではハチドリという鳥に似ているため、ハチドリと間違われることもあるようです。, 体はずんぐりしており、翅は三角形状なので、比較的ほかの種の蛾とは見分けやすいと思います。翅の幅は4~10cmほどです。, また、飛ぶスピードが非常に速いことも特徴として挙げられます。このことも、海外でハチドリと間違われることがある要因のようです。, 昆虫の中でも非常に速い速度で飛ぶことができる種類で、1秒あたり5.3mほどの距離を進むことができます。, スズメガにはたくさんの種類がいます。ここでは、日本にいる代表的な種類と、その幼虫の食草を紹介します。, スズメガの中では珍しく、昼行性で昼間に活動します。幼虫は先程述べたようにクチナシを食べます。オオスカシバについては以下のページでも解説しています。, 幼虫の食草としては、ヒルガオ科のサツマイモなどが挙げられます。マメ科の植物を食べることもあるようです。, 後翅の桃色の模様がきれいですね。この模様から、モモスズメと名付けられたと考えられます。, 幼虫の食草はヤブカガシ、ホウセンカ、サトイモ、サツマイモなどで、作物の葉を食い荒らすため害虫として扱われています。, 名前の通り黄色っぽい色が特徴的なキイロスズメです。先程紹介したモモスズメやこのキイロスズメなどのように、スズメガの仲間にはこのような鮮やかな色が入った種類も見られます。, ここでは、『スズメガ科の蛾はどんな蛾?幼虫の食草や種類は?駆除対象?』というテーマでお送りしてきました。, こんな感じで、スズメガは他の蛾とは一風変わった雰囲気、魅力がある蛾です。幼虫が農作物に害を与えることがあるのは残念ですが・・・。. ホーム ピグ ... ゴールドブレンドの幼虫飼育&食草栽培記. 主な食草としては、ブドウスズメやコスズメ Theretra japonica ... 幼虫はヒルガオ科の植物を食草とする。幼虫、成虫共に色彩の変化が著しい。 メンガタスズメ Acherontia styx medusa Moore 翅開長:85 - 110 mm 分布:関東地方以西 前翅は褐色だが、後翅は黄色を帯びている。腹部に人面のような模様を … ご覧頂きありがとうございます。 今回は『スズメガ科の蛾はどんな蛾?幼虫の食草や種類は?駆除対象?』というテーマでお送りしていきます。 スズメガという蛾は、熱帯地域を中心に世界中に約1450種類が分布しており、日本にも多くの種類が生息しています。 観察を行うことで穏やかに過ごそうと思っています。 ・・・食べ物が無くなったせいなのか?それとも、前蛹が近いせいなのか?コスズメの幼虫はネットにへばりついていた。・・・が・・・, ・・・新たに用意したノブドウの葉を捕食することなく、前蛹に向けて葉を綴り始めた。・・・(この時はまだ無事の蛹化を信じて疑わなかった), (・・・昨日の様子と比較して大きな違いが観られない。屋内での飼育ならまだしも、気温の高い屋外に設置してのこの様子は・・・明らかにおかしい・・・もしかして・・・!!・・・), (・・・案の定・・・腹部の黒化から観察の個体は寄生されていたことを認知。そして、その寄生者は寄生バエ「ヤドリバエ科の一種」であることを確信した。), ・・・寄生を感じ取った翌日にはもう、コスズメの亡骸の横に2個体のヤドリバエの囲蛹(いよう)がころがっていました。, (ああ・・・丸裸にされて・・・ノブドウはなんて可哀そうなのでしょう・・・( ;∀;))と、悲しむ必要などありませんよ・・・, 「縁あって、思いがけず3種(ノブドウ・コスズメ・ヤドリバエの一種)の生態を観察することとなり感慨も一入です。もちろん、今後のヤドリバエ科の一種の成長ぶりにも注目していくつもりです。」, 虫の生態に関心を持っています。 「著書:今日も、こっそり虫観察!(うつ状態のなか綴った虫観察エッセイ)」, 「・・・特定の種にこだわらず、様々なハナバチや狩りバチを襲うメバエ科のハエとは異なり、ヤドリバエ科のハエは特定の宿主に寄生する習性があるのだそうです。そして、なかには成虫が耳(鼓膜器官という聴覚器官)を持つ種がおり、これを使って宿主の居場所を突き止めるケースも確認されているのだそうです。ーーー{蠅たちの隠された生活:エリカ・マカリスター著より}」, ・・・そう言いますと、スズメガ科の蛾のなかには、鳴き声とも取れる音を発する種が居るとのこと・・・コスズメの幼虫の場合も、私達ヒトには理解できなくとも何だかの音を発しており、その、発せられた音に反応したスズメガ科専門に寄生するヤドリバエの一種が訪れる・・・とも考えられますね・・・, 「・・・これは以前から知られていることですが、植物食性の昆虫(芋虫など)が葉ごと食べてくれることをあてにして、寄生バエが単純に植物に卵を産み付ける・・・場合もある。」, ・・・特定の宿主に寄生する習性があるヤドリバエのパターンを考えてみますと、植物の種を選別することなくただ単純に産み付けるのではなく、あくまでも、宿主が食す植物の葉を選び卵塊を産み付けているのではなかろうか!?と想えてならないのですが(今回の場合は、宿主のコスズメの幼虫が食べるノブドウの葉を選び卵塊を産み付け・・・)そして・・・, ・・・何も知らないコスズメの幼虫は、ノブドウの葉と共にヤドリバエの卵塊を食べてしまい寄生されてしまった・・・, ・・・ヤドリバエ科のハエが卵塊を産み付ける植物を選別するその方法は、イモムシに齧られた植物が発するSOS情報(匂い物質)を頼りにしたもの・・・でしょうか・・・ね!?.

佐ノ山親方 里山 妻 12, Kimi Ni Todoke Movie 6, 金スマ Yoshiki Pandora 52, N700 3d モデル 6, 転スラ 14巻 Oad 4, 10月28日 漫画 考察 6, スーツ 7話 ネタバレ 5, ワンピース ハチ クズ 6, ポケモン ランクバトル シーズン 6, 類義語 検索ツール 英語 8, 急性角膜上皮浮腫 目薬 市販 4, 論文 図表 文字数カウント 4, 逃げ恥 名言 1話 14, クロノトリガー スマホ 縦画面 5, モニタリング 応募 倍率 59, コンポジション 料理 意味 12, 檄 帝国 華撃団 全集 Mp3 16, ヨネックス イーゾーン 100l 8, 通学定期 年度またぎ Jr東日本 50, 日本 作曲家 ランキング 売上 10, コナミ バブルシステム 修理 6, ホンダ 中途採用 面接 18, Trf サム 兄弟 5, Note 海外 版 9, Aaa ライブ コロナ 4, Imac 21inch Late 2012 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *