ウーサー ペンドラゴン fate 33

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

ウーサー ペンドラゴン fate 33

とある強大な敵対者、悪相の兆しを追い求めて アーサー王伝説 ウーサー・ペンドラゴンの恋物語, アーサー王伝説の主人公、アーサーの両親についてご存じですか? 実はアーサーの父であるウーサー・ペンドラゴンが、敵将の妻に恋をした結果生まれた子がアーサーなのです。 そんなウーサー・ペンドラゴンの恋の物語をご紹介します。 本家よりランクが下がり、得られる星が1個減少している。 『魔術師 MERLIN』(まじゅつし マーリン、英: Merlin、あるいはThe Adventures of Merlinとしても知られる)は、イギリスのテレビドラマシリーズ。制作はシャイン・プロダクション。主演はコリン・モーガン。イギリスでは2008年から2012年にかけて5シーズン各13話が放送され、計65話を持ってシリーズ放送は終了した[4]。, アーサー王物語に登場する魔術師・マーリンを主人公としたファンタジードラマ。10世紀のイギリスを舞台にして、若き日のマーリンとアーサーを主軸として物語は展開していく。, 日本では2009年に第1シーズン13話分が日本語版で放送された。また、2011年3月から第2シーズンがLaLa TVで、字幕版と2か国語版で放送された。2015年11月から、第3、4、5シーズンが順次GYAO!で配信された[5]。, アルビオンには魔法を伴う古代の宗教の影響が残り、多くの王国が乱立するところにサクソン人が襲来して混乱状態にある。若き魔術師マーリンは、母親の考えに従ってキャメロット王国に来て、宮廷医師のガイアスに師事する。だが王のウーサー・ペンドラゴンは、20年前から魔術を禁止し、最後のドラゴンを地下に閉じ込めている。頭の中で不思議な声を聞いたマーリンはキャメロットの地下に降りてドラゴンを見つける。ドラゴンはウーサーの息子アーサーがキャメロットに魔法を取り戻しアルビオンの地を統一すると予言し、マーリンにはアーサーを守る使命があると言う。, マーリンとアーサーは初めお互いの事を気に入らないが、マーリンはアーサーの命を救いその従者となる。やがてマーリンはアーサーと、召使の女グウェンの親友となる。だが、ウーサーの里子であったモルガーナが魔法の力を現わしてキャメロットの敵となり、マーリンは永遠の王アーサーと協力してアルビオンを救わなければならなくなる。, 日本語版の放送は、第1シーズンが2009年10月5日から、NHK衛星第2テレビジョンで毎週月曜日の20:00 - 20:45の45分間。また同じくNHK衛星第2テレビジョンで本放送の翌日(毎週火曜日)の23:15 - 24:00に再放送が行われた。また、2011年3月5日、3月6日にLaLa TVでシーズン1の全話が2か国語版で一挙放送された。 記録によれば、彼は二度の聖杯戦争に参加した 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を“感じ取る”能力。 本来は王を選定するための剣。対人宝具の『対人』は敵ではなく、これから所有するものに向けられたもの。その持ち主が王として正しく、また完成した時、その威力は聖剣に相応しいものとなる。, 神秘が薄れ破滅に向かうブリテン島を救うために生まれた運命の子。 カード構成はQAABBと星5剣に多いバランス型。QuickとEXのヒット数が優遇されているため、星を若干稼ぎやすい。, アルトリアと共通で秩序・善・地属性、かつ〔竜〕〔アーサー〕〔王〕特性持ち。 義兄 女好き 毒舌 お人好し. 事実幼少期床に伏せったアルトリアのためにライオンの木彫りを作り、ブリテン崩壊の戦いにおいても「適当な理由をつけて退散させてもらう」「船を出して適当な土地でのんびりする」と言っていたにも関わらず実際にはアルトリアを逃がすために犠牲になるなど、本心では妹想い。 アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 (ランサー)、女神ロンゴミニアド、グレイもこの槍を使用している。 『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与 [注 1] &敵全体に強力な攻撃&自身のNPをリチャージする [注 2] 」という効果のBuster宝具。 クラススキルは「対魔力 B」「騎乗 C」。共にアルトリア・ペンドラゴン(以下「本家」)よりランクダウンしている。, 【スキル1】直感 B CT:7-5 本来は泳ぎの逸話に関連する「水にちなんだ宝具」を所持しているらしいが、劇中における現界が正規のものでは無かった為、本来の形で表せている訳では無い模様。 ランク:B(条件付きでA+) 種別:対人宝具 巨大な敵性生物との戦闘経験に長けている事を アルトリアの剣の師匠兼宮廷魔術師。ケイとしては二度と思い出したくないのに、インパクト強すぎて忘れることができない忌々しい夢魔。 星の聖剣使いとも言われる。 元は幼少期のアルトリアが預けられた家の子どもであり、以降義兄妹として育ってきた。そのためアーサー王の性別も最初から知っていた。 また泳ぎの技術は超人的レベルで、嵐の川を渡ってみせると豪語するガウェインやドーバー海峡を横断してみせると言い切ったランスロットを含めた円卓全員が「円卓一の水泳の名手」と言い切った模様。(「あれは変態的だ!」とも言われていた。) 私心を殺して理想の王になろうとする彼女に「目に見えない王の証より、手勢や金、力で量る方が人間的」「誰だって全てを救う神の代弁者なんてものを、見たくもなければ為りたくもなかった」とそのあり方を否定しており、彼女にその責務を背負わせたウーサー王やマーリンのことも嫌っていた。 スターを即時獲得する汎用スキル。 ※報告を扇動したり異なるフォームへの投稿が散見した場合、coや規制対応することがあります ・現在、異なる板へのガチャ報告に利用者が定型文で誘導を行えるようルール改定するか議論中です。 共にアルトリア・ペンドラゴン ... 先代王ウーサーと魔術師マーリンの企てによって作られた『竜の化身』。 ... 名無しさん (2020-09-11 10:33:26) 引き - 名無しさん (2020-09-11 10:33:41) 始皇帝ほしいけど夏イベ後だし石がない。年始puがあったしまだこないと思ってた。 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』にて変則召喚された際は、振るう剣技は巧み、軽口を叩きながらも数多の敵を斬り伏せていた。 こそ二度目の戦いへ身を投じた。 アーサー王ことアルトリア・ペンドラゴンの義兄。 カリバーン。 本作に於いては「ベディヴィエール拘束」開放が 聖剣の「十三拘束」のうち六拘束が開放された姿。 ○巨獣狩り:A 出典:アーサー王伝説 その姿は愛らしい百合のようであり、また、 アルトリアと手合わせをした時も、試合に負けても色々小理屈で言いくるめてうやむやにし、絶対に「負け」にはカウントしなかったとか。 本来、カリバーンは式典用のもの。 「火竜すら呆れて飛び帰る」と謳われる程の毒舌かつ弁舌家で、本人も「巨人の首だって口先一つで斬り落とす」と豪語する程。 違いとして〔アルトリア顔〕特性を持たず、原作通り、〔愛する者〕特性を持つ。, 【スキル1】魔力放出 A CT:7-5 それでも、巨悪を斃す苛烈の光には違いない。 半数である七拘束以上の開放ではないため、 食べるのも得意だが作るのも得意(料理), 英霊アルトリア・ペンドラゴンと同一の過去と 子供心に誰もが夢見る白馬の騎士の如き英雄。 口では色々と言うものの、妹として大事に想っていた。 事前登録特典だった都合か、配布サーヴァントではあるが再臨素材は専用のものではなく通常の素材を使用する代わり、セイントグラフやバトルグラフィックの切替が可能。 ランク:EX 種別:??? およそあらゆる悪を退ける黄金の刃。 ◆ アーサー王は戦い、悉く打ち倒してみせた。 多くの冒険譚を残した。彼女に助けられた者は 高ATKに加え、スキル1と乗算バフになるため伸びしろはあるものの、宝具未強化であるため〔超巨大〕特攻を活かせる場面以外では他の星5全体剣に火力自体は未だ劣る。, 善良なるものを良しとし、悪逆なるものを糾す。 自身はスター集中度が並程度のセイバーであるため、星活用のためにはクラス混成や集中効果持ちと組ませるなど一工夫が必要。, 【スキル2】魔力放出 A CT:7-5 CV:小野大輔 異なる世界から来訪した英霊、との事だが――─, ○カリスマ:B 視覚・聴覚に干渉する妨害を半減させる。 彼は、マスターに全幅の信頼を寄せている。 主君であり、幼少期を共に育った義理の妹。アルトリアもケイには頭が上がらなかったとか。 召喚の結果報告のみ CTは短いが倍率が高いとは言えない。「直感」も挟みながら、オーバーキルやクリティカルでの稼ぎを上乗せする用途で使いたい。, Buster属性の全体宝具。敵全体にダメージを与え、また自身のHPを回復する。 出典:アーサー王伝説 期間限定イベント「復刻:セイバーウォーズ ~リリィのコスモ武者修行~ ライト版」開催!, 特に この世界へと辿り着いたのだ───と本人は告げる。 型月あるあるだから今更な話 - 名無しさん (2020-08-11 16:33:37) 全体の底上げ強化の尖兵がfateの顔である青王だったというだけだろ?これからプーサーもアルテラも強化されるよ - 名無しさん … いった清廉な姿を取って現界している。 自分の人格のコピー(アッド)が宿っている、『最果てにて輝ける槍』の影の封印礼装の持ち主。 まさしく「理想の王子様」「蒼銀の騎士」と 巨獣と戦う時は味方は付いて来られず 虚偽や裏切りは有り得ない。, 聖杯にかける願いを彼は持たない。 地域:イギリス グレイ 先代王ウーサーと魔術師マーリンの企てによって作られた『竜の化身』。 ブリテンを守る赤い竜に例えられるのはこの為。 幻想種として最高位に属する竜の心臓を持ち、体内で生成できる魔力量は他の英霊を圧倒する。 + 「花の少女剣士」をクリアすると開放 (+クリックで展開) カリバーンと� 宝具Lv5では本家やオルタの宝具Lv1以上、Lv2以下の火力が出る。 研ぎ澄まされた第六感はもはや未来予知に近い。 1ターン中続くので、宝具ブレイブチェインが狙えるタイミングを狙いたい。 その刀身はアルトリアの魔力に耐えられず崩壊するだろう。, ◆ 全体宝具が単体宝具並みの高威力と化すが、〔超巨大〕エネミーは単体で出てくることが多いため、フルに活かせる機会は少ない。 細かいことに気がつき、「一本の釘すらも無駄にしない」と例えられたこともあり、矢銭の管理や兵站などの裏方仕事で人知れず奮闘していた模様。, 剣の腕前はランスロットやガウェインには劣るが、上記のように弁舌や屁理屈が得意技。 超時空トラぶる花札大作戦」「とびだせ! 判断が付かない程の驚くべき言葉ではあるが、 先代王ウーサーと魔術師マーリンの企てによって作られた『竜の化身』。ブリテンを守る赤い竜に例えられるのはこの為。 始めたばかりのアルトリアの姿。 「ベディヴィエールが三度目でも、聖剣エクスカリバーの返却を行わなかった可能性」のイフを辿ったアルトリア・ペンドラゴン。, https://typemoon.wiki.cre.jp/w/index.php?title=アルトリア・ペンドラゴン〔ランサー〕&oldid=93630, ちなみに「乳上」の由来は、言うまでもなくランサーのクラスで召喚された彼女が巨乳になっていたことから。, キャラクターデザインを担当した石田あきら氏によると、巨乳になったのは石田が提示したいくつかの案から武内氏が選んだらしい。他にも「そこそこ成長」「育たない。, ランサークラスで騎乗している馬だが、指定では黒馬と白馬としか指定されていなかったため「なんとなく名前のイメージで黒馬はラムレイ、白馬はドゥン・スタリオンって感じですかね」と添えたらそれが採用されたとのこと。, またキャラ絵としては馬に乗っていたが、バトルキャラが騎乗しているという予定はなかったので実装された時には驚いたとのこと。, 聖槍のデザインを担当した石田あきら氏は後にTYPE-MOONの世界に関わる重要な設定になるとは知らずにデザインをしており、デザインした内容を三田誠氏が. また、シーズン2の第14話から第20話までを2011年4月30日に、第21話から第26話までを2011年6月11日に2か国語版で一挙放送が行われた。, 種々の配信サービスにおいて、全エピソードが一時的に配信されていたがその配信ステータスは度々変動している。, 2009年10月24日から2009年12月25日までに角川書店(角川文庫)より3部が発売された。, DVD-BOX (特典ディスク1枚セット - シリーズ各2巻 - ディスク枚組数:3枚組 - 販売元:角川映画), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=魔術師_MERLIN&oldid=79420766, キャメロットの世継ぎの王子。ウーサーが魔女ニムエに頼んで、生と死の太古の宗教の魔法でイグレインの命と引き換えに生まれた子。召使のマーリンと親友となり、召使のグウェンと恋に落ち、また庶民のランスロットやパーシヴァルなども騎士として扱う。シーズン5終盤にはモードレッドと戦うも最終的には致命傷を負い、, キャメロットの宮廷医師でウーサーの助言者。マーリンの保護者で師匠であり父親のごとき存在。キャメロットでは唯一マーリンの魔力を知る。, キャメロットの王。アーサーの父。過去に魔法によって国が荒れたことから、キャメロットでの魔法の使用を禁じる。世継ぎ欲しさのあまり魔法によってアーサーを得て、その代償として王妃イグレインを失った過去を隠している。, キャメロットに住むウーサーの里子。正義感が強く、ウーサーの暴政に反対する。夢の中で未来を予見する力が現れ、次に魔法の力が現れて、魔法を禁じるウーサーのもとを去る。シーズン3ではウーサーの私生児であり、アーサーに次ぐ継承権を持つことが明らかになる。種ちがいの姉のモルゴースに影響されてキャメロットを憎むようになり攻め込むが、マーリンと騎士たちに阻止される。シーズン4以降には「エムリス」という名の者が自分を破滅させると知って探す。ウーサーと同じく残暴な面を持ち、, ウーサーに仲間のすべてを殺され、キャメロットの城の地下に幽閉されているドラゴンの生き残り。繰り返しマーリンに助言し、アーサーのためにその息でエクスカリバーを鍛える。最後のドラゴンロードであるマーリンに解放され、恨むキャメロット城を攻撃するが、マーリンの命令でやめる。その後も繰り返しマーリンに召喚され、助言を与える。, シーズン4で登場するアーサーの叔父、イグレインの兄弟。ウーサーが病となったため、助言者としてキャメロットに来るが、実はモルガーナと通じている。征服されたキャメロットから逃げ出したアーサーを追うが、マーリンによって殺される。, グウェンの弟で騎士になる前は鍛冶屋。シーズン5では闇の塔でグウェンを救おうとし、モルガーナに殺される。, 騎士の息子に生まれ、幼くして父を亡くすが王に援助を断られて貧困に育ち、王侯貴族を嫌う。アーサーの命を救うが騎士と争いをおこし、ウーサーにキャメロットを追放される。シーズン5最終話ではアーサーの行方を聞き出すためにナセアを用いたモルガーナに拷問されて殺される。, アーサーがキャメロットを取り戻す戦いに参じてアーサーに忠誠を誓い、庶民の出にもかかわらず騎士に叙される。, 強力な魔法を操れる邪悪の魔女で、実は〈太古の宗教〉の聖地〈祝福の島〉の祭司。キャメロットから遠く離れた洞窟の中に居住し、水鏡を使ってキャメロットの動向を監視し、度々敵対する。生と死の循環を司る〈命の杯〉を持つ。かつてはウーサーとガイアスの友人で、魔法でアーサーを誕生させた。マーリンの秘密を知るが、シーズン1最終話でマーリンが召喚した落雷を受けて消滅する。, 突然キャメロットに現われる謎の女剣士。実はモルガーナの異父姉であり、強力な魔法を操る, 〈太古の宗教〉のカシャ祭司(Catha priest)にして、魔術師、戦士。拷問の技に長け、肉体の苦痛に耐える力を持つ。モルガーナに依頼されてエムリスの正体を探るが、マーリンの使命を知ってモルガーナから隠す。シーズン5ではモルガーナの手に落ち、エムリスの正体を聞き出すために拷問され、最後にモルガーナの魔力によって息絶える。, アーサーの母親。不妊であったがニムエの魔法によってアーサーを孕み、世界の平衡を保つために産褥で死んだ。, ドルイドの少女でモードレッドの恋人。キャメロットへ向かう荷馬車を襲い、アーサーの命を狙って失敗して処刑される。, アマータ国の王。モルガーナとエイスーザを2年間捕える。平和条約のためにキャメロットに来るが、モルガーナに操られるグウェンから領土の3分の1と引き換えにアーサーの暗殺を依頼され、マーリンに阻止されて死ぬ。, アヴァロンを追放され、定命の者となった妖精。オルフリックの娘。アーサーを魔力で魅了する。, アーサーとマーリンを助ける恋人同士の密輸業者。キャメロットを奪還する軍に加わるが、イゾルデはヘリオスと相討ちで死ぬ。, 山奥の洞窟に棲み、強欲で腐敗と汚れを好む女怪物。キャメロットの同盟国トレゴールのカトリーナ姫の姿に変化し、キャメロットの財富と権力の簒奪を企てる。, アラトーの女弟子の魔術師。「エムリス」の秘密を守るため、モルガーナに捕らわれる前に自殺する。, 魔女の呪いで、深夜に翼を持つ巨大な黒豹の姿に変身し人を食べるドルイドの少女。マーリンにかくまわれるがアーサーに殺されて湖に葬られる。後に湖の少女として甦りマーリンを助ける。, かつて〈太古の宗教〉の祭司が人と蛇から作り上げた魔法的生き物。人の心を操り、生命力を吸い取って病とする。少女や怪物などに姿を変える。, ニムエが黒魔術で土と水から作った怪物。ニムエの徴を刻んだ卵の中から誕生し、キャメロットの水を汚染し疫病を起こす。火と風で退治できる。, 湖に浮かぶ小島。あらゆる傷を癒すと伝えられる〈太古の宗教〉の聖地。アーサーはここに眠る。, 〈太古の魔法〉の祝福を受け命の秘密をたたえる金色の聖杯。命の杯から水を飲んだ者は死から甦るが、その代償として別の命が失われなければならない。血を命の杯に注いだものは不死身となる。モルゴースは兵の血を命の杯に注いで不死身の軍隊を作る。, 〈祝福の島〉の女祭司に鍛造され、ゴルロイス家の徴が刻まれ癒しの魔力を備える。かつてはモルゴースの母の持ち物であり、シーズン2では、モルガーナの, マーリンが名づけて孵化させた白いドラゴン。この名はドルイド語では「光明」を意味する。シーズン4最終話では、傷を負ってキャメロットから逃げ出すモルガーナの前に現れ、仕えるようになる。サラム王によってモルガーナとともに狭い地下牢に2年間監禁されたため、小柄かつ畸形に育ち、話すことも出来ない。モルガーナの命令に従い、ドラゴンロードのマーリンを襲うこともある。, ドラゴンの吐息で作り出される聖剣で、魔法の産物を滅ぼす強大な魔力を持つ。ウーサーが手に入れたエクスカリバーを邪悪の力に変えると警戒したマーリンは、エクスカリバーを湖の中に投げ込む。シーズン3終盤では命の杯で不死身となったモルゴースの軍団を倒すため、再び湖の少女フレイアの手から受け取る。シーズン4終盤ではマーリンが石の中に刺したエクスカリバーをアーサーが引き抜き、キャメロットの王となる。シーズン5終盤ではモルガーナが自らに仕える白いドラゴンのエイスーザの吐息で兄弟剣を創り出し、モードレッドに与える。マーリンはエクスカリバーを振って不死身のモルガーナを倒し、アヴァロンの湖の中に投げ入れる。, かつて〈太古の宗教〉の祭司がネメトンの巨石で吹くことにより、霊の世界との扉を開いた魔法の道具。, 〈太古の魔法〉で作られた巨大な蛭のような生き物で、魔術師の顔にとりつくことで魔力を奪う。, 魔術師にして王。はるか昔に致命的な傷を負うが、魔法によって死ぬことができず、その領土はかれの健康状態にあわせて荒廃する。黄金の, ユニコーンを殺してキャメロットに呪いをもたらしたアーサーが、呪いを解くための試練を受けた場所。, 獅子の体と鷲の頭と翼を持つ巨大な魔法的生き物。魔法によってのみ殺すことができ、マーリンが魔法をかけた槍をふるうランスロットに倒される。, 小柄で悪戯好きな魔法的生き物。魔法の箱に閉じ込められていたが、マーリンが解放してしまう。, 〈太古の宗教〉の神性であり、"処女の狩人"、"母なる女神"、"死の老婆"である。あらゆる事物を知る。アーサーはウーサーと同じく魔法を禁じたために三相女神の怒りを買い、アーサーの死の運命を言い渡す。, 〈太古の宗教〉の聖地で、魔力が集約された場所。かつてウーサーが〈太古の宗教〉を消滅するために進攻して多数の祭司を殺し、現在は廃墟。, かつてキャメロットを含むアルビオン各地で信じられていたが、ウーサーに禁止され、現在はおもにドルイドたちだけが信仰する、魔法と結びついた宗教。, 神話の魔獣で、豹と蛇を混ぜた巨大な姿が特徴。古書では探求の獣の出現は不吉の予兆と言われている。実は生と死を司る〈太古の宗教〉の魔法で作り出された怪物であり、ひと噛みで死に至る。ガイアスは「イグレイン王妃が亡くなった夜に見られた」と語っている。, 三相女神を代弁する、〈太古の宗教〉で最も神聖な法廷。三人の予言者の女性が審判を下す。, 3つの部分を組み合わせることで、最後のドラゴンの卵があるというアシュカナールの墓の鍵となる。シーズン5では、モルガーナのペンダントヘッドはこの印となる。, アルビオン各地に小集団で住む放浪の民。〈太古の宗教〉を信奉し、魔法の力を持つことが多い。ウーサーに迫害される。, キャメロットの地下に保管される魔法の水晶で未来を見通す事が出来る。ネアティドは魔力の源である水晶の洞穴に由来し、魔力を失ったマーリンが洞穴で魔力を取り戻す。, 7つの頭を持つ蛇のごとき魔法的生き物。頭を切り落としてもまた生えてくる。切り落とした頭を人体に入れることで人を操る。人体から頭を取り除いても再び頭が体内に生じ、母体を殺すまで続く。, 千年以上失われていた太古の秘石。この魔法石を持つ者は物質を黄金に変える魔力(錬金術)を得る。, 獅子の体とサソリの尾をもつ魔法的な生き物。ガイアスの昔の恋人アリスを操って、ウーサーを殺そうとする。, 300年前に、7人のキャメロットの騎士は悪い魔女に誘惑され悪事を行った。魔女が殺された後はイディアショラスの砦で封印されていた。モルゴースの魔力によって復活し、キャメロットに侵入する。, イスガードの山の奥のベイラーの森に生える毒花。ニムエの魔力によって毒性を強められ、ベイヤード王からアーサーに送られた杯にその毒が仕込まれる。この植物から解毒剤を作ることも出来る。, 〈祝福の島〉に生えるローワンの木から作られた杖で、死者を甦らせ意のままに従わせる。モルガーナはモルゴースから渡された〈ローワンの杖〉を使って死せる騎士を甦らせる。, 魔法の才を持つマーリンはガイアスに師事するためにキャメロットに来るが、ここでは魔法が20年来死罪を持って禁じられている。魔法を使った息子を処刑されたメアリー・コリンズは歌姫のレディ・ヘレンを殺してすり替わり、復讐のためキャメロットに来る。マーリンは地下で捕らわれたドラゴンと会ってアーサーを守れと言われ、ヘレンからその命を救ってアーサーの召使となる。, 試合でアーサーは魔法の盾を使う騎士ヴァリアントと戦う。ドラゴンの助言でマーリンはアーサーを救う。, 邪悪な魔女ニムエがキャメロットに疫病を広める。マーリンが魔法を使ってグウェンの父を治療すると、ウーサーはグウェンが魔法を使ったと断じ、処刑しようとする。, ニムエがベイヤード王の贈物の杯に〈モーティエスの花〉の毒を仕込み、アーサーを救おうとするマーリンに毒を飲ませる。父王の命に背き、アーサーは危険な旅に出てニムエの妨害にめげず解毒剤を持ち帰る。ウーサーは命令に背いたアーサーを牢に入れるが、マーリンは救われる。ニムエの仕業と知ったウーサーはベイヤード王を解放し、戦争を避ける。, グリフィンがキャメロットを襲い、騎士になる夢を持つランスロットが、マーリンの助けで倒す。だがウーサーは庶民の身分を理由に叙勲を拒否し、ランスロットは去る。, 魔術師のエドウィンがモルガーナを病気にして治療して見せ、ウーサーはガイアスの後釜に据える。魔術師の両親をウーサーに処刑されたエドウィンはウーサーを死の淵に導くが、戻ったガイアスとマーリンが救う。, アーサーはオルフリックとソフィアの親子を盗賊から救い、ソフィアと恋に落ちる。モルガーナはソフィアがアーサーを殺す予知夢を見る。ガイアスとマーリンは、親子がアーサーを犠牲にして, 親を処刑されたドルイドの少年モードレッドが助けを求め、マーリンはモルガーナの部屋に隠す。アーサーも仲間に加わって脱出させるが、ドラゴンがモードレッドはいつかアーサーを殺すと予言する。, 20年前にウーサーに殺され、ニムエが甦らせたアーサーの母の兄弟の黒騎士がキャメロットに現れ、次々と騎士に挑戦しては倒す。ドラゴンは、自分の息がかけられた剣, マーリンの故郷の村イアルドーが賊に襲われ、マーリンはモルガーナ、グウェン、アーサーと共に帰還して村を救う。マーリンは嵐を起こすところをアーサーに見られてしまう。, アーサーは狩りでユニコーンを殺し、呪いのため王国中の作物は枯れ井戸は干上がる。アーサーは国を救うために〈グドレフの迷路〉で試練を受けなければならない。, グウェンの鍛冶屋の父が魔術師の錬金術に関わり逮捕され、モルガーナの助けで脱獄を図るが殺される。モルガーナは恨み、魔術師によるウーサー暗殺の企みに加わる。, アーサーが〈探求の獣〉に噛まれて瀕死となる。マーリンは〈祝福の島〉でニムエに会い〈命の杯〉の水をもらうが、代償として誰かが死ななければならない。アーサーは回復するが、マーリンの母が重い病となる。ガイアスは身代りになろうとするが、マーリンが雷鳴を召喚してニムエを殺し、世界の平衡が保たれる。, キャメロットの地下から財宝が見つかり、泥棒が盗みだすが死せる魔術師の魂に取りつかれてしまう。マーリンはドラゴンに助けを求めるが、見返りとしていつの日か解放することを約束させられてしまう。, アーサーは、相手に手加減されないように、身分を偽って馬上試合に出る。グウェンと生活し親しくなる。アーサーに息子を殺されたオーディン王が復讐のため暗殺者を雇う。, 魔法の力が表れ始めたモルガーナをマーリンが助ける。モルガーナはドルイドに救いを求めに行くが、ウーサーは彼女が誘拐されたと断じてアーサーに救出に向かわせ、ドルイドのアグレインが殺される。, 身代金目当ての賊がモルガーナとグウェンを捕える。モルガーナは脱出し、残されたグウェンは賊の仲間となっていたランスロットに再会して愛を確かめ合う。アーサーとマーリンが救出を図る。, キャメロットの同盟国トレゴールが滅ぼされ、生き残ったカトリーナ姫と召使が助けを求めて来る。カトリーナは魔法でウーサーを自分の魅力の虜にし結婚するが、その正体はトロールである。, マーリンはカトリーナの正体を暴くが、ウーサーだけは気づかない。魔法を解くにはアーサーが死んでウーサーが涙を流さなければならない。, マーリンがささやかな魔法を使ったためウーサーが魔女狩り師を呼び、ガイアスが罪を被ろうとする。, アーサーは女剣士モルゴースに挑戦されて敗れる。モルゴースの魔法によってアーサーは死んだ母イグレインと話をし、魔法による自分の誕生が母を殺したと知り、父ウーサーを殺そうとする。マーリンはモルゴースが嘘をついたと言ってアーサーを止める。, 呪われてドルイドから追放され、賞金稼ぎに囚われた少女フレイアをマーリンが救う。だがフレイアは夜な夜な怪物に姿を変え人を襲う。アーサーに致命傷を与えられたフレイアを、マーリンは湖に葬る。, 5人の王がキャメロットに集まって平和条約を結ぼうとする。妨害を謀るアリネド王が道化に魔法をかけさせてアーサーとオラフ王の娘のヴィヴィアンは恋に落ち、会談は危機にさらされる。, 魔術師のアルヴァーとモードレッドが、ウーサーを倒すために、モルガーナの助けを借りて強力な魔法を備えるネアティドの水晶を盗み出そうとする。アーサーが阻止するが、マーリンは水晶の中に、ドラゴンがキャメロットを破壊する未来を見る。, モルゴースはメディアーの騎士を甦らせ、モルガーナを使った呪文で人々を眠らせて無防備なキャメロットを攻める。マーリンはモルガーナに毒を飲ませて攻撃をやめさせるが、モルゴースはモルガーナを連れて消える。マーリンは約束を守ってドラゴンを繋ぐ鎖を断ち切る。, マーリンの解き放ったドラゴンが復讐のためキャメロットを襲う。キャメロットを救うため、アーサーとマーリンは、マーリンの父親で最後のドラゴンロードであるバリノアを探す旅に出る。バリノアは死ぬが、ドラゴンは父の力を受け継いだマーリンの命に従って立ち去る。, モルガーナが一年ぶりにキャメロットに戻る。ウーサーは歓喜するが魔法で正気を失い始める。マーリンはモルゴースとモルガーナの仕業であることを突き止めて捕われとなるが、ドラゴンに救い出される。, モルゴースに唆されたセンレッド王がキャメロットを攻め、弱ったウーサーに代わってアーサーが軍を率いて守る。モルガーナに魔法で復活させられた死者の軍勢が内側からキャメロットを攻める。マーリンが魔法を止めて侵略は撃退されるが、モルガーナは自分の手柄にする。, 水晶の洞窟で、老魔術師がマーリンをエムリスと呼び、モルガーナがウーサーを暗殺する幻視を見せる。マーリンはモルガーナの行動を誤解し重傷を負わせてしまう。アーサーとウーサーの苦悩に堪えかねて、マーリンは渋るドラゴンに命じてモルガーナを治させる。モルガーナはウーサーが父であることを知ってさらに憎むようになり、暗殺を図るがマーリンが阻止する。, モルガーナとモルゴースとセンレッド王は、弟のエリアンを捕えてグウェンを脅し、アーサーをおびき寄せる。モルガーナの内通にもかかわらず、アーサー、マーリン、グウェンはエリアンを救出して無事キャメロットに戻る。, モルガーナはグウェンがキャメロットの王妃となる予知夢を見て、現実となることを阻止しようとする。アーサーとの仲を裂こうとし、次に魔女の濡れ衣を着せる。マーリンは呪文で年寄りの魔法使いに化け、グウェンの罪を被る。, キャメロットではトーナメントが開かれ、ギリという青年が魔法を使って勝ち進む。モルガーナはウーサーとアーサーが試合で戦うよう仕向ける。, マーリンとアーサーは、敵の手に渡る前に〈命の杯〉を確保しようとする。だがモルゴースが手に入れ、センレッド王の兵の血を杯に注いで不死身とし、キャメロットを攻めて陥落させる。モルゴースの支持のもと、モルガーナはウーサーの娘であることを明らかにして、キャメロットの女王となり、ウーサーを地下牢に繋ぐ。, モルガーナの裏切りでウーサーは気力を失い、叔父アグラヴェインとともにアーサーがキャメロットを治めている。重傷を負ったモルゴースは〈祝福の島〉に行き、自らの命を犠牲にして死界の門番のケイリークスを呼び出し、世界の間のベールを引き裂かせる。恐るべき死霊ドロカがこの世に現れ、触れるものすべてを殺す。アーサーとマーリンは円卓の騎士とともに〈祝福の島〉に行きベールを閉じようとする。, ドロカに触れて倒れたマーリンを川の精が癒す。一行は〈祝福の島〉に着く。世界の間のベールを閉じるため、アーサーとマーリンを差し置いてランスロットが自分の命を投げ出し、ドロカは消える。モルガーナとアグラヴェインは、ケイリークスに予言された宿敵エムリスを探し始める。, アーサーの誕生祝いにオーディン王が再び暗殺者を送りこみ、息子を守ろうとしたウーサーが瀕死の重傷を負う。アーサーは魔法に頼って父を救おうとし、マーリンは老魔術師に化けて魔法を使うが、モルガーナとアグラヴェインの企みによりマーリンの魔法がウーサーを殺してしまう。アーサーが王となる。, マーリンはジュリアス・ボーデンを助けて、最後のドラゴンの卵があるというアスカナルの墓の鍵である三脚巴(, アーサーは領内に侵入した隣国のカーリーオン王を捕え、アグラヴェインの助言に従って殺す。復讐に燃えるアニス王妃がキャメロットを攻め、アーサーは全面戦争を避けるため決闘に臨む。マーリンがモルガーナの妨害を排し、アーサーは相手のチャンピオンを倒すが助命して、アニスは兵を引く。, モルガーナはフォモローの頭の一つをマーリンの体内に入れて操り、アーサーを暗殺させようとする。影響から脱するために、マーリンはフォモローの母体を殺さなくてはならない。, アグラヴェインはガイアスに対する疑惑をアーサーに吹きこむ。モルガーナは〈癒しの腕輪〉をカシャ祭司のアラトーに贈り、エムリスの正体を調べさせる。アラトーはガイアスを捕えて拷問するが、マーリンの使命を知って秘密をモルガーナから隠す。, グウェンの故郷の村人が謎の病に倒れ、ガイアスはグウェンとマーリンに騎士をつけて送り出す。ラミアという少女が現れると、騎士たちは奇妙なふるまいを見せ、同じ病に倒れる。, アーサーとグウェンの結婚式の直前、モルガーナは黒魔術でかつてグウェンと恋仲だったランスロットを甦らせて操る。ランスロットはモルガーナの魔法でグウェンを魅惑し、二人の密会を見たアーサーはグウェンを追放する。, 円卓の騎士らは森の中で〈太古の宗教〉の聖地を見つける。姉を追放されたばかりのエリアンは踏み込み、霊にとりつかれてアーサーの命を狙う。アーサーはかつて自分が殺したドルイドの霊に詫びてエリアンを救う。, ネメス国との同盟のため、アーサーは美しいミシアン王女と婚約する。モルガーナはヘリオス将軍と同盟し、アグラヴェインによりキャメロット城の秘密のトンネルの地図を手に入れて侵攻を計画する。ヘリオスに捕えられていたグウェンは計画を知って逃げる。グウェンを忘れられないアーサーはミシアンとの婚約を破棄する。, アグラヴェインがトンネルから兵を入れ、ヘリオスの軍とモルガーナがキャメロットを陥落させる。マーリンはアーサーに服従の魔法をかけて共に脱出し、密輸業者の, マーリンはドラゴンを召喚してアグラヴェインの軍勢を倒す。国を失ったアーサーに自信を取り戻させるため、マーリンはキャメロットを逃げ出した人々の前で、アーサーに, キャメロットでは3年間が平和に過ぎるが、ガウェインらがモルガーナに捕えられ、イズミア砦の地下に眠るすべての知識への鍵ディアメアの発掘に従事させられる。アーサーは隊を率いて救出に向かい、途中でマーリンはアーサーの死の幻視を見る。グウェンの侍女のスィーファは、モルガーナの同盟者である父のルアダンに内通し、その軍がアーサーを襲う。マーリンとアーサーは逃げる途中で, アーサーとマーリンは奴隷としてイズミア砦に連行される途中で逃げ出す。青白い謎の生き物ディアメアがガウェインを癒す。ルアダンは死刑宣告を受けたスィーファを救い出した後で死ぬ。アーサーとマーリンはイズミア砦に来て、捕えられていた騎士たちとともに反乱をおこす。マーリンはエイスーザに再会する。モードレッドはアーサーを殺そうとするモルガーナを刺す。一行はキャメロットに戻り、モードレッドは, ウーサーの霊がカスパッドの角笛の魔法でアーサーに呼ばれ、この世界に解き放たれる。アーサーの統治に不満なウーサーの霊がキャメロットで暴れる。, ネメス王国のロードー王が捕えられ、娘のミシアン王女がアーサーに助けを求める。だが王女に付き添う乳母の正体はモルガーナで、助けに向かうアーサーらを宿敵オーディン王の罠が待ち構える。アーサーは決闘でオーディンを破るが、マーリンの示唆で助命し和平を結ぶ。, アーサーの命が狙われ、馬番のティアが逮捕される。グウェンは秘密の暴露を心配して牢にいるティアを殺す。マーリンはグウェンを疑い始め、モルガーナが陰にいることを知る。グウェンはアーサーに毒を盛り、マーリンに罪をなすりつける。マーリンの魔法がアーサーを救う最後の手段となる。, モルガーナがマーリンを罠にかけて怪我を負わせる。アーサーはアマータ国のサラム王をもてなし平和条約を結ぼうとする。サラムはグウェンに依頼されてアーサーの暗殺を謀るが、マーリンが戻って阻止する。, マーリンはグウェンの裏切りをアーサーに見せ、元のグウェンを取り戻すと誓う。ドクレイドの指示に従い、マーリンは老婆の魔女を装って、アーサーと協力しグウェンを魔法の湖で清める。グウェンはモルガーナの影響から脱し、魔女は魔法こそがグウェンを救ったことを忘れるなとアーサーに言う。, モルガーナはアラトーを捕え、ナセアを使って拷問しエムリスの正体を聞き出そうとする。アラトーの女弟子のフィナがマーリンに会う。フィナがアラトーに送った手紙を呼んだモルガーナはアラトーを殺し、フィナを探す。フィナはモードレッドを信用するなとマーリンに言い残し、エムリスの秘密を守って自殺する。, モードレッドの恋人のドルイドの少女カーラは、サクソン人に加わってキャメロットへ向かう荷馬車を襲撃し、さらにアーサーを殺そうとして失敗し死刑を宣告される。モードレッドはカーラとの脱走に失敗し共に牢に入れられる。カーラは悔悛の機会を拒否し、, エムリスの正体を知ったモルガーナは、マーリンの魔法の力を奪う。モルガーナはモードレッドとともにサクソン人の大軍を率いてストーエル砦を落とす。劣勢のアーサーは, エムリスはカムランに到着してモルガーナを気絶させ、エイスーザを追い払い、サクソン軍は退却する。モードレッドはアーサーに致命傷を与えるが、逆襲を受けて死ぬ。マーリンはアーサーを治療し、魔術師であることを告白する。ガイアスは、魔剣による傷は聖地.

山下 美 月 壁紙 10 21, ニックネーム 英語 日本人 36, ハイキュー ねこま ネタバレ 21, 湘南美容外科 脱毛 鼠径部 12, ダウンタウンなう ナレーション うるさい 7, Zoom 背景 透ける 14, 望月歩 天才 てれび くん 18, 平野紫耀 弟 Exile 38, Break It Down 意味 スラング 34, 平方メートル メートル 計算 7, 江口拓也 茨城 高校 19, 沢尻エリカ 主治医 名前 18, Ibm データサイエンティスト 年収 22, 旦那 ゴム 持ち歩く 25, 群馬大学 院試 過去 問 10, 会社 貸与 規定 40, アドレスv125 プラグ かぶり 5, 黒い砂漠 ギルド資金 持ち逃げ 21, ゆるキャン なでしこ ドラマ 7, 新潟 ヤン 結婚 28, 目覚ましアプリ おすすめ Android 7, 佐藤藍子 結婚 子供 59,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *