なんぼ 方言 東北 58

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

なんぼ 方言 東北 58

年住んでいないと、おそらく発音出来ないでしょう。 google_ad_width = 336; google_ad_height = 280; 山形方言一日講座. /* 336x280, ì¬Ï‚Ý 09/03/15 */      ↓    ↓, → こいずいいよっす!かってがっしゃい, → んだっけが?→ しゃねがっす?, → わがたべね?→ なして?/なしてや?, → かねの?・かねながぁ?・かねな?, → くわんねの?くわんねながぁ?・かんねな?, → べご(不二家のペコちゃんの語源です), → こいづ/けーづ/こえん/かえん/けん, → じぇじぇこ/じぇねこ/じぇね, → いっせんみせ/いっせんめしぇ, → ざっこ/さがな/さがなこ, → かすますい/しゃがますい, → ~さ(用法例 何処に行くの?→どごさいぐの?), → ~ば(用法例 これを貸して?→こえんば貸して?), (活用例 → ちょっとヘン、ヘンな人、バカくさい、田舎臭い), (活用例 → 手を,ださないで!!). 茨城民俗学会, 1966. //-->, , copyright© http://www.cyber-walker.com/kesennuma/, ‚̂肶‚á‚Ë‚Á‚Ï‚ñ‚ˁ[‚ȁBƒAƒƒ“ƒAƒ‹ƒtƒ@‚łˁ[‚Ç‚¾‚ß‚¾‚ȁB, ŒÐ‚¶‚á‚­‚Á‚‚©‚È‚¢‚È‚ŸBƒAƒƒ“ƒAƒ‹ƒtƒ@‚¶‚á‚È‚¢‚Æ‚¾‚ß‚¾‚ˁB. 青森県の言葉で、「どさ?」「ゆさ」が有名ですが、山形弁でも「け」(たべろ!)「く」 等の「ん」から始まる言葉があります。, 忘れものをして悲惨なことになったことありますか? -- くろしお出版, 2004.3, (神栖弁)波崎のことば/波崎町文化財保護審議会. 例えば、「三時間(サンジカン)」では、か行音の「カ」の前に「ジ」があるので言葉が濁らず、「サンチカン」という具合である。他にも、「短い(ミジカイ)」→「ミチカイ」、「恥ずかしい(ハズカシイ)」→「ハツカシイ」などの清音化、「座布団(ザブトン)」→「ザプトン」の半濁音化が挙げられる[7][注釈 3]。, 上記とは別にジズビブ以外で無声化する特定の語に限っていえば、限定の意味を表す助詞「〜だけ」を「〜タケ」と発音することが著しく、これは茨城県下一般にみられる[10]。, 下記のように、語音のなかに母音が連続してあらわれる連母音の場合、茨城弁の日常会話では隣接する母音が融合して長音に変化する場合がある。, どんな単語であれ、同音異議の語を音の高低によって区別して発音する習慣はほとんどなく、いわゆる無アクセントが行われている。この点で西関東方言とは異なり、栃木県の大部分や東北地方の福島県や宮城県などの南奥地方とほぼ同じである。例えば「橋」と「箸」、「雨」と「飴」のような単語は区別することなくすべて平板的に発音され、明瞭にアクセントで区別する標準語とは異なる[12]。ただし、茨城県南東端の神栖市周辺の地域では、東京式アクセントが行われる[13]。イントネーションについては、疑問を表す意味の言葉を会話で話す場合、俗に言う「茨城の尻上がり」という独特の調子で、やや早口で高く発音しながら言葉を続け、終わりの幾音節で最も高いイントネーションで会話を切るという発音法が行われる[12]。, カ変動詞「来る」・サ変動詞「する」の一段変化が進んでいる。「ヨンチッタ」(読んでしまった)のように、「〜チッタ」というの用法も多い[2]。「ブッカス」(ぶっ壊す)のブなどの接頭語の使用も多く、本来は強調の意味で使われるものだが、その意味も失われて日常的に使われるほどである。茨城弁においては敬語の形式は簡略的で、「おあがんなんしょ」(お上がりなさい)、「食べらっしょ」(食べてください)などのように「ナンショ」「ラッショ」などの丁寧語がほとんどである[2]。 津軽弁はほんとうに理解するのが難しいです。そのうえド田舎の印象が強く都会で津軽弁丸出しだと笑われてしまいます。しかし!津軽弁を愛してやみません!今回は面白い青森の方言「津軽弁」をご紹介 … -- 土浦市教育委員会, 2004.2, (常総弁)水海道方言における格と文法関係/佐々木冠. 津軽弁は方言の中でも比較的有名なものではないかと思われます。実際に方言自体は知らなくても「津軽弁という方言がある」ということは知っている人が多いからです。今回は津軽弁のさまざまなことについて紹介します。 津軽弁とは こちらでは津軽弁につい… 茨城弁(いばらきべん)は、茨城県で話される日本語の方言である。茨城県は常陸国と下総国北部(千葉県より移管)で構成されており、古くより統一的な方言として扱われていたわけでなく、現在の茨城県が構成されて以降の分類である。方言学では茨城方言とも称される。, 茨城弁は、栃木弁とともに東関東方言に分類される。一方で東北方言や東京方言(江戸言葉)との共通も多い[1]。東北地方南部の福島県や、同じく北関東の隣県である栃木県の方言に通じる共通点を持っている[1]。, 二つの主な特徴として、ひとつは、「か行・た行」が濁音化するというもので、語中や語尾に「か行・た行」がくると、標準語では清音で発音されるべきところを濁音で発音される[注釈 1]。もうひとつは、「イとエの区別が無い」というものがあり、エがイの発声に近いイとエの中間音で発音され(もしくは、イとエの発音が逆転する)、特定の語に適用されることなくイとエを含む言葉すべてに適用される[注釈 2][1]。代表的な茨城弁として、「なんだっぺ」(なんだろう)や「〜すっぺ」(〜しよう)、「行ぐべ」(行こう)などがある。この「っぺ」や「べ」という発音は、文語の助動詞である「べし」の名残といわれており、原型は「べ」だったものが次第に「っぺ」に訛化したものと言われている[1]。この特徴的な発音は、尻上がりのイントネーションとも相まって耳に残りやすく、一般に知名度の高い方言のひとつにあげられている。, 茨城弁の代表的な語に、「ごじゃっぺ」(「でたらめ」など否定的な意味合い)、「でれすけ」(「だらしない、しまりがない男」の意)、「いじやける」(じれったくイライラする気持ちを表す語)などがあり、独特の語感を持つ語や、我慢の感情を表す他の地域や県には見られない希少な言葉があり、県民に愛される方言である一方で、茨城の県民性をよく表す方言ともいわれる[1]。, 他県民が聞く茨城弁は、茨城県生まれの茨城弁話者にとってはごく普通の普段通りの会話であっても驚かれることがあり、速口で尻上がり調のうえ「だっぺ」などのように耳につく独特の言葉遣いが、まるで「怒っている」ように聞こえると指摘されることもある[2]。, 茨城県の方言は、大きく見て東北方言に含むとする説と、関東方言に含むとする説がある。前者は都竹通年雄や金田一春彦などであり、後者は東條操や平山輝男などである。, 関東地方の中でも栃木県とよく似通い、かつ標準語とは大きく異なる。特に、イとエは混同されて中間音で発音され、ヒとへの区別も曖昧なことが多い[2]。カ行・タ行は語中語尾で濁音化してガ行・ダ行になり、濁音が耳につくほど顕著である。県内の農村部よりは、東南部の神栖市周辺や水戸などの都市部ほど、音韻上は標準語により近く訛りは少ないとされる[5]。茨城の方言は無アクセントで「飴」と「雨」などの区別をしない。イントネーションも平板調で、文末が少し持ち上がる尻上がりの調子がよく聞かれる。ただし、県西の一部に濁音化が無い地域、県南東の一部にアクセントがある地域がある[2]。, か行音(カキクケコ)、た行音(タチツテト)が、語中または語尾にくる場合、言い換えれば第2音節以降にくる場合は、本来であれば清音であるはずものを有声化して濁音にて発音される[6]。例として、「鶏冠(トサカ)」の場合は、語尾の「カ」が濁音化して「トサガ」と発音されるが、語頭の「ト」が語中語尾の条件に当らないので言葉が濁らず「ト」のままである。同様に、「私(アタシ)」→「アダシ」、「出来る(デキル)」→「デギル」、「柿(カキ)」→「カギ」となる[6]。助詞、助動詞のか行・た行も例に漏れず、「無いから(ナイカラ)」→「ネーガラ」、「ずれたのではないか」→「ズレダンダネーガ」のようになる[7]。, このように茨城弁では規則的に表れる濁音化の条件も、次の条件の場合は濁音化は起こらない[6]。, 濁音化の例外として、「鞄(カバン)」は「ガバン」と発音するなど、一部の語では語頭に濁音が現れる場合もある[6]。また、書き言葉には影響せず、茨城弁常用者でも話し言葉の上では濁音化していても、文字で書き表すときは標準語どおり清音で書くことは出来る[7]。, 特に茨城弁の大きな特徴として挙げられるのは、イとエの区別が確かでないことである。標準語ではイと発音すべき場合も、エと発音すべき場合も、どちらもイとエの中間音で発音される[8]。例として、「茨城」は本来「イバラキ」と発音されるが、最初の「イ」がイよりエの発音に近くなり、エとまではいかない音となる。このため、イとエを区別している人には「エバラキ」と言っているように聞こえる[8]。同様に「職員」は、正確なイの音にならずエに寄った音になるので、「ショクエン(食塩)」のような言い方になる。, 反対にエの場合も同様で、「鉛筆」は本来「エンピツ」と発音されるが、最初の「エ」が「イ」に寄った音になるので「インピツ」のようになる。「駅」は「イキ」、「息」は「エキ」と言ったように聞こえるが、実際には反対に言っているわけではなく、どちらもイエの中間音で発声される[8]。, このイエ混同の訛りは、特定の語にあらわれるのではなく、イエの音を独立母音として含んでいる場合に全ての語で適用され、「書きことば」にまで累を及ぼし、「考える」→「考いる」、「願います」→「願えます」のような書き誤りも往々にしてある[9]。イエ混同については茨城県下全体のほかに、栃木県や東北地方南部にかけてみられるが、茨城でも若年世代に従ってだんだん少なくなる傾向にある[9]。, 加藤正信の『方言の音声とアクセント』では「イとエを区別せずにエに統合」した地域として茨城を含め、青森東部・岩手・宮城・山形の北西部を除いた地域・福島・千葉北部・栃木の南西部を除いた地域・埼玉の北東部の一部地域が示されている。一方、茨城方言のバイブルとも言える『茨城方言民俗語辞典』では「え」項を放棄して編纂している。, か行・た行の濁音化とは反対に、ジズビブの音が語中にあって、か・た行音の前にある場合には、本来濁音であるはずであるものを清音や半濁音で発音してしまうことがある[7]。 -- 波崎町教育委員会, 1990.3. -- 土浦市教育委員会, 1997.8, (土浦弁) 続土浦の方言/土浦市文化財愛護の会. --(茨城民俗資料;2), (土浦弁)土浦の方言/土浦市文化財愛護の会. ‚¨‚à‚µ‚ëB‹‰ƒXƒ|ƒbƒg@‹CåÀü‚Ì‹ß‚­‚ÌŠCŠÝ,