さよなら皆様 宝塚 歴代 10

JAC starts its overseas discovery journey in Beijing Auto Show
April 27, 2018

さよなら皆様 宝塚 歴代 10

経歴. 血液型AB型 、公称身長167cm。 愛称は「とうこ」。滋賀県 甲賀郡(現・湖南市)出身 。 ホリプロ所属、所属レコード会社はポニーキャニオン 2011年『MITSUKO』 - 1979年3月28日) - 瀬戸内美八(1979年3月29日 - 1983年8月10日) - 峰さを理(1983年8月11日 - 1987年11月29日)  - 日向薫(1987年11月30日 - 1992年3月31日)  - 紫苑ゆう(1992年4月1日 - 1994年12月26日) - 麻路さき(1994年12月27日 - 1998年11月23日) - 稔幸(1998年11月24日 - 2001年10月1日)  - 香寿たつき(2001年10月2日 - 2003年3月23日) - 湖月わたる(2003年3月24日 - 2006年11月12日) - 安蘭けい(2006年11月13日 - 2009年4月26日) - 柚希礼音(2009年4月27日 - 2015年5月10日) - 北翔海莉(2015年5月11日 - 2016年11月20日) - 紅ゆずる(2016年11月21日 - 2019年10月13日) - 礼真琴(2019年10月14日 - ), 高汐巴、大浦みずき、若葉ひろみ、但馬久美、朝香じゅん、秋篠美帆、安寿ミラ、真矢みき, 紫苑ゆう、麻路さき、白城あやか、稔幸、真織由季、絵麻緒ゆう、神田智、湖月わたる、星奈優里、月影瞳(東京公演のみ), 真矢みき、純名里沙、愛華みれ、海峡ひろき、美月亜優、詩乃優花、紫吹淳、匠ひびき、渚あき、初風緑, 愛華みれ、大鳥れい、匠ひびき(宝塚公演のみ)、伊織直加(専科)、楓沙樹、春野寿美礼、瀬奈じゅん, 和央ようか、花總まり、初風緑(専科)、安蘭けい(星組・東京公演のみ)、水夏希、大和悠河、遼河はるひ、彩乃かなみ, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/12/kiji/20180512s00041000185000c.html, https://www.oricon.co.jp/news/2171802/full/, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=安蘭けい&oldid=79977428, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, 2002年9月 - 10月、中国公演「蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」村人S, 2006年12月 - 2007年1月、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」レイモンド・ウッドロウ, 2007年8月、博多座公演「シークレットハンター/ネオ・ダンディズム!Ⅱ」ダゴベール, 2009年2月 - 4月、「My Dear New Orleans-愛する我が街-/ア ビヤント」ジョイ・ビー *退団公演, 2011年5月 - 6月 musical『MITSUKO 〜愛は国境を越えて〜』(梅田芸術劇場、中日劇場、, 2012年11月 - 12月 ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』(青山劇場、梅田芸術劇場) -, 2014年11月 - 12月 ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』(青山劇場、梅田芸術劇場、中日劇場) -, 2017年5月、ミュージカル『リトル・ヴォイス』(天王洲 銀河劇場) - マリー・ホフ 役, 2010年3月 「Frank & Friends/MITSUKO」(オーチャードホール、梅田芸術劇場), 2010年8月 安蘭けいmeets薬師寺三尊像「弦宴(いとのうたげ)」〜薬師寺コンサート〜(奈良, 2013年3月 「安蘭けいと京フィルプレミアムコンサート」(京都コンサートホール・大ホール), 2013年5月 「Musical Songs Concert SUPER DUETS」(東急シアターオーブ、名鉄ホール、NHK大阪ホール), 2013年6月 「ワイルドホーン・メロディーズ〜フランク・ワイルドホーン コンサート〜」(オーチャードホール), 2012年12月「CHESS in Concert」(東京国際フォーラム、梅田芸術劇場), 2009年9月21日「女優・安蘭けい誕生!The Musical『AIDA』のすべて」(, 2010年10月9日「ブロードウェイ・ミュージカル『ワンダフルタウン』開幕直前スペシャル!」(, 2011年5月14日「鬼才と女優の80日間・ウィーン〜大阪感涙の旅〜ミュージカル『MITSUKO』の出来るまで〜」(ABCテレビ), 2011年6月5日「伝説の日本女性 青山光子の生涯 〜感動の ミュージカル「MITSUKO」〜」(テレビ朝日系), 2013年7月 - 8月「Japan's Next Beauty」(FOX TV), 2010年4月1日 「読売日響グランドコンサート featuring スペシャルゲスト スーザン・ボイル」ゲスト出演, 2011年4月1日 「東北地方太平洋沖地震 現地へ届け、希望と勇気!!YELL! from TOKYO」出演, 2011年7月18日 「ニッポン放送 歌姫コンサート~歌で笑顔を、歌で勇気を~」出演, The Musical 「AIDA アイーダ」〜宝塚歌劇「王家に捧ぐ歌」より(2009年12月、宝塚クリエイティブアーツ). 宝塚歌劇団 配信情報 2020/10/26配信開始. 2008年『THE SCARLET PIMPERNEL』 2003年『王家に捧ぐ歌』 宝塚歌劇団の「すみれの花咲く頃」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)春すみれ咲き春を告げる 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 1921年(大正10年)、宝塚音楽歌劇学校(当時は宝塚少女歌劇団と一体であった。 )に入学し、翌1922年(大正11年)、月組に配属。 宝塚歌劇団11期生。昭和初期に男役で人気が出、1939年(昭和14年)、月組組長になる。 本公演で終演後に歌われる「さよなら皆様」の創唱者でもあった。 『宝塚BOYS』(たからづかボーイズ)は、2007年に初演された演劇作品。「女性だけの宝塚歌劇団にかつて男子部が存在した」という実話を下敷きとして描かれた物語。ストレートプレイであるが、劇中には宝塚で親しまれている歌やダンスが数多く登場する。, 2007年に東宝芸能により初演、2008年、2010年、2013年に東宝・東宝芸能の共同製作で再演された。, 終戦直後の1945年、宝塚歌劇団に男子部が誕生した。宝塚創始者の小林一三がかねてより構想していた「男女合同による本格的な国民劇」を意図した実験的なものである。明日の宝塚スターを夢見て集まった、出自も経験もさまざまな男性たちは、稽古に励みながら、宝塚大劇場の舞台に立つ日を待ち望む。しかし女の園である宝塚の生徒やファンたちの反発は強く、大劇場への道程は遠かった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宝塚BOYS&oldid=78222021, 男子部メンバーの芸名はいずれも、演じている俳優が考えたものである。そのため、キャストが違う場合は芸名も違っている。, 男子部メンバーの芸名は再演時は、基本の芸名があるが、日によって芸名が変わりアドリブ合戦が繰り広げられた。, 実際の宝塚男子部誕生は1945年12月、解散は1954年であり9年の歳月が流れているが、劇中では具体的な年数などは表現されない。ただし、, ラストシーンで流れているBGM「さよなら皆様」は宝塚歌劇の終演後に劇場内で流れる音楽であり、トランペットを池田役の山路和弘が吹いている。, 2007年の兵庫公演、および2008年の東京公演では、モデルとなった宝塚男子部のメンバー数名が観劇した。, 初演の本読みの際、一通り全部読み終わった途端、君原役の初風諄が男子部の無念の思いに感極まり、突然立ち上がりその場にいた皆に向かって「宝塚を代表してこの場でお詫び申しあげます。」と深々と頭を下げその場を驚かせた。, 再演の時には、山内圭哉が吉野圭吾演じる星野丈治のことをアドリブで「妖怪ピルエット」とニックネームをつけた。. 技術だけで評価される世界ではありませんが、それでもやっぱり「歌が上手い男役が好き!」という方は、多いのではないでしょうか。, ショーで歌うのももちろん上手いのですが、役として劇中歌を歌う明日海さんはより魅力的。, 下級生時代から綺麗な顔立ちが目立っていた和海さんですが、今や花組の脇を固めるバイプレーヤー的存在。, その歌唱力が認められ、2017年には地元・福岡のヤフオクドームで行われたパ・リーグのクライマックスシーズン、ファイナルステージの国家独唱にも抜擢されています。, 以前スカイステージで放送された「Music Family」という番組で披露した、「This Place Is Mine」(ファントムのカルロッタの歌)は上手すぎて震えます……。, 鳳月さんは、可愛くてかっこよくて、色気もある……そう、歌声にも色気がすごいのです!そして美脚!, 2012年、月組「ロミオとジュリエット」で下級生ながらヴェローナ大公に抜擢され、注目を集めた輝月ゆうまさん。, 低音域から高音域まで完璧に歌い上げています。(個人的にあのシーンだけでチケット代の元が取れているのでは?と感じるくらい素晴らしい歌声です), 入団当初は夏目雅子さんの姪として注目されていましたが、今やそれを払拭するほどの実力者として成長中。, 「無現無双」の新人公演で演じた宮本武蔵役は、『この子本当に新公学年なの?』と疑ってしまうほど。, 雪組版「ファントム」が大傑作となったのは、望海さんと相手役・真彩希帆さんの歌声による説得力が大きいのではないでしょうか。, この知らせに『だいもんの「さよなら皆様」を自分のお葬式で流してほしい』というファンが続出しています(笑), 雪組はトップコンビがずば抜けて歌ウマなので他の生徒さんが注目されにくいですが、95期の天月翼さんも要チェック。(→95期生一覧), 「ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~」の「back」のシーンは、かなり激しく踊っているのに、声が全くブレない……という筋力オバケっぷりを発揮。, 以前、毎日腹筋を100回している、とコメントしていましたが、日々の筋トレが歌にも生かされているのではないでしょうか。, 路線のスターさんではありませんが、星組の舞台を技術面から支えてくれる男役のひとり。, 99期生の遥斗勇帆さんは、まだ新公学年なのにまるで専科さんのような貫禄を持つ男役。(→99期生一覧), その歌唱力が認められ、「THE SCARLET PIMPERNEL」の新人公演ではショーヴラン役に抜擢されています。, 芹香斗亜さんは、“THE・歌ウマ!”というタイプではありませんが、とにかく声の良さが魅力。, 星組&花組下級生時代は頼りない印象だった芹香さんですが、ここ数年、ちょっと驚いてしまうくらい歌が上達しています。, 初めから上手な生徒さんも良いですが、成長が感じられる生徒さんは応援したくなりますよね。, 宙組版「オーシャンズ11」の新曲「オーシャンズ10」での真風涼帆さんとのハモりも素敵。, 96期生(→96期生一覧)の和希そらさんは、ダンサーのイメージが強いですが、歌も上手。バウ初主演の「ハッスルメイツ!」は和希さんの実力がたっぷり堪能できるので、まだ観ていない方は要チェックです。, 桜木みなとさん、和希そらさん、瑠風輝さん、鷹翔千空さんなど宙組の男役スターさんは歌に定評のある人が多いです。, 40歳すぎてから宝塚に目覚め、早5年。 今では宝塚歌劇の大事な日々の変化を記録に残しておきたいと 複数の宝塚ファンたちと一緒に、ほぼ毎日宝塚のニュースや思いを発信しています。. ラストシーンで流れているbgm「さよなら皆様」は宝塚歌劇の終演後に劇場内で流れる音楽であり、トランペットを池田役の山路和弘が吹いている。 2007年の兵庫公演、および2008年の東京公演では、モデルとなった宝塚男子部のメンバー数名が観劇した。 ラストシーンで流れているbgm「さよなら皆様」は宝塚歌劇の終演後に劇場内で流れる音楽であり、トランペットを池田役の山路和弘が吹いている。 2007年の兵庫公演、および2008年の東京公演では、モデルとなった宝塚男子部のメンバー数名が観劇した。 宝塚歌劇団花組のトップ明日海りおさんの退団が発表されて衝撃が走りました。そんな中で、「もうあの作品を実際に見ることができないんだな〜」なんて思うことも多く、やはり、劇団の作品は、「見れるうちに見る!」べきと強く思う最近です... 2019年2月8日、宝塚大劇場にて開幕した花組公演『CASANOVA』。華やかな衣装と、イケメン揃いの男役さんたちに美女揃いの娘役さんたち。このマリアージュがなんとも絶品!ヘアスタイルもそれぞれのこだわりが詰まった... 現在公演中の『エリザベート -愛と死の輪舞-』ではマックス役を演じる輝月ゆうま(きづきゆうま)さんです。最近では初の女性役とか宇宙人役とか毎回新しい一面を見せてくれていた輝月ゆうま(きづきゆうま)さんの魅力を紹介しますね。... 今日は、月組「夢現無双」の新人公演ですね。今回新人公演主演2回目の風間柚乃さんについて書いてみたいと思います。風間柚乃さんは宝塚歌劇団100期生の月組の男役さんです。(→100期生一覧)亡き夏目雅子さんの姪っ子とい... 歌が上手い、演技もうまい、そしてかっこいい宝塚歌劇団雪組のトップスター望海風斗。劇団一ファン数が多いことでも有名ですよね。今日はそんなみんな大好き望海風斗さんの過去の出演作品でこれはみたほうがいい!というものを望海さんの魅... 昨日、礼真琴さんは、次の星組のトップへの就任が発表されました。おめでとうございます!現在は、星組2番手の男役さんです。ということで、最近、礼真琴さんのエストレージャスを初めてみて、礼真琴さんが気になり始めちゃって・・・・・という方... ひろ香祐さんは、現在宝塚歌劇団星組の男役さんです。今大注目の95期生(→95期生一覧)です。その中でもひろ香祐さんは2番の成績で入団していますので、相当の実力派です。実際に最近でもメキメキと頭角を現し、星組に欠かせ... 宝塚歌劇団宙組の2番手男役・芹香斗亜。93期生(→93期生一覧)先日まで公演していた「オーシャンズ11」のラスティー役でしたね。ピンク色のスーツで軽妙洒脱なちょいワルラスティ。チャラい感じがかっこよかったですよね〜!... 和希そら「Brilliant Dreams」で「朝夏まなとさんに経験させていただいて嬉しかったことをみんなにも」. 小夜 福子(さよ ふくこ、本名:東郷 富美子(とうごう ふみこ)、旧姓:飯田、1909年(明治42年)3月5日[1] - 1989年(平成元年)12月29日)は日本の女優。昭和期の元宝塚歌劇団月組男役スター・月組組長のタカラジェンヌで、宝塚歌劇団卒業生。石川県生まれ、静岡県沼津市育ち。愛称は旧姓からイイダ、もしくはリンゴちゃん[2]。, 芸名は小倉百人一首の第94番:参議雅経の『御吉野の 山の龝風 小夜更けて 舊里寒く 衣打つ也 (みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり)』から命名された。, 1921年(大正10年)、宝塚音楽歌劇学校(当時は宝塚少女歌劇団と一体であった。)に入学し、翌1922年(大正11年)、月組に配属。宝塚歌劇団11期生。昭和初期に男役で人気が出、1939年(昭和14年)、月組組長になる。本公演で終演後に歌われる「さよなら皆様」の創唱者でもあった。, 1940年(昭和15年)8月、宝塚歌劇団在団中に「小雨の丘」(サトウハチロー作詞、服部良一作曲)でコロムビアからレコードデビューするなど活躍をつづけたが、1942年(昭和17年)絶大な人気の最中に宝塚歌劇団を退団。宝塚歌劇団演出家である東郷静男との結婚や出産(ジャズ歌手東郷輝久)などあり一時期休業するが、1943年(昭和18年)に第二次東宝劇団に参加して復帰した。, 戦後は劇団民藝に入団し、名脇役として活躍した。『セールスマンの死』、『アンネの日記』などの舞台に立った。1947年(昭和22年)に映画デビューして以降、映画やテレビドラマにも頻繁に出演した。気品がある優しい母親を演じることが多く、1957年(昭和32年)公開の『嵐を呼ぶ男』では石原裕次郎の母親役を演じた。女優活動は1988年(昭和63年)の舞台『三年寝太郎』が最後の出演となった。, 1989年(平成元年)9月15日(金曜日)、入院闘病中の身ながらもテレビ朝日「徹子の部屋」にゲストとして出演。宝塚少女歌劇団在団中の1939年(昭和14年)に第1回アメリカ公演でアメリカを訪問した時のエピソードなどを語った。同年末の12月29日、心不全のため死去。80歳没。, 没後、2014年に設立された古巣・宝塚歌劇団の「宝塚歌劇の殿堂」の最初の100人のひとりとして殿堂入り。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 天津乙女(1928年~1933年月組組長、1980年在団のまま死去) ・・ 門田芦子(~1933年月組組長、1933年~1937年星組組長、1938年退団) ・・ 小夜福子(1939年からは月組組長も兼任、1942年退団) ・・ 佐保美代子(1944年退団) ・・ 久慈あさみ(1950年退団) ・・ 南悠子(1971年退団) ・・ 故里明美(1959年退団) ・・ 藤里美保(1964年退団) ・・ 内重のぼる(1967年退団) ・・ 古城都(1967年5月31日?~1973年11月29日?) - 大滝子&榛名由梨(1973年11月30日?~1975年1月30日) - 大滝子(1975年1月31日~1976年6月22日) - 榛名由梨(1976年6月23日~1982年7月31日<1979年~副組長兼任>、1982年8月1日専科へ組替)  - 大地真央(1982年8月1日~1985年9月1日) - 剣幸(1985年9月2日~1990年12月26日) - 涼風真世(1990年12月27日~1993年7月31日) - 天海祐希(1993年8月1日~1995年12月26日) - 久世星佳(1995年12月27日~1997年4月30日) - 真琴つばさ(1997年5月1日~2001年7月2日) - 紫吹淳(2001年7月3日~2004年3月21日) - 彩輝直(2004年3月22日~2005年5月22日) - 瀬奈じゅん(2005年5月23日~2009年12月27日) - 霧矢大夢(2009年12月28日~2012年4月22日) - 龍真咲(2012年4月23日~2016年9月4日) - 珠城りょう(2016年9月5日~), 初瀬音羽子(1921年?~1928年) - 天津乙女(1928年~1933年) - 門田芦子(1933年) - 小夜福子(1933年~1941年) - 佐保美代子(1941年~1944年) - 室町良子(1944年~1950年) - 美吉左久子(1950年~1951年) - 畷克美(1951年~1952年) - 故里明美(1952年~1953年) - 沖ゆき子(1953年~1963年) - 美山しぐれ(1963年~1976年) - 水代玉藻(1976年~1983年) - 麻月鞠緒(1983年~1986年) - 朝みち子(1986年~1990年) - 汝鳥伶(1990年~1993年) - 邦なつき(1993年~1996年) - 汝鳥伶(1996年~1997年) - 立ともみ(1997年~2002年) - 夏河ゆら(2002年~2006年) - 出雲綾(2006年~2008年) - 越乃リュウ(2008年~2013年) - 飛鳥裕(2013年~2016年) - 憧花ゆりの(2016年~2018年) - 光月るう(2018年~), 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小夜福子&oldid=80212507, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, 月組公演「湖水の妖女」(1923年8月20日 - 9月20日、宝塚新歌劇場(中劇場)), 月組公演「角移し」(1923年10月25日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(中劇場)), 月組公演「猩々捕」「喧嘩は止めろ」(1926年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場), 月組公演「トンミーの夢」「時の経過」(1927年2月1日 - 2月28 宝塚大劇場), 月組公演「三人静」「イタリヤーナ」(1928年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場), 月組公演「巷談日本妖怪選」「ドナウの漣」(1929年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場), 月組公演「富士太鼓」「玉蟲祈願」(1930年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場), 月組公演「近代三銃士」「王朝華かなりし頃」「唐人お吉」「とんだ間違ひ」(1930年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場), 月組公演「紅葉狩」「かたきうち」(1931年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場), 月組公演「棒しばり」「フービーガール」(1932年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)*『棒しばり』は15日まで, 月組公演「十津川少女」「ピストルを撃ったが」(1932年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場), 月組公演「鏡獅子」「巴里ニューヨーク」(1933年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場), 月組公演「八犬傳」「お夏幻想曲」「ラヴリイラーク」(1933年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場), 月組公演「鳩姫里歸り」「素襖落」「青春」(1934年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場), 月組公演「白鳥城譚」「モオンブルウメン」(1935年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場), 月組公演「仇討以上」「七日公爵」(1935年9月25日 - 10月31日、宝塚大劇場), 月組公演「火坑」「になひ文」「ミュージック・アルバム」(1936年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場), 月組公演「玉蟲祈願」「気まぐれジュリア」(1936年3月10日 - 3月25日、中劇場), 月組公演「牡丹書譜」「若き日のハイネ」(1936年7月10日 - 7月26日、中劇場), 月組公演「ゐねむり寺」「ゴンドリア」(1936年9月26日 - 10月31日、宝塚大劇場), 月組公演「戀に破れたるサムライ」「マグノリア」(1937年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場), 月組公演「竹取後日日記」「黎明の歌」(1937年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場), 月組公演「砲煙」「たからじぇんぬ」(1937年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場), 月組公演「夜討」「マーチ・オン・タイム」(1938年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場), 月組公演「モロッコの豹」「宝塚花物語」(1939年2月26日 - 3月25日、宝塚大劇場), 月組公演「朝の歌」「我等の旅行記」(1939年8月26日 - 9月24日、宝塚大劇場), 月組公演「清姫」「春のをどり(白蘭の歌)」(1940年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場), 月組公演「思ひ出の流れ」「夏のをどり(花と稲妻)」(1940年6月26日 - 7月24日、宝塚大劇場), 月組公演「忘草忍ぶ草」「満潮」「航空日本」(1940年9月26日 - 10月24日、宝塚大劇場), 月組公演「夢見曾我」「美と力の讃歌」(1941年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場), 月組公演「正行出陣」「小夜ふく春風」「大やまとの歌」(1941年4月26日 - 5月25日、宝塚大劇場).

フォレックステスター ブローカー おすすめ 33, Pubg Miramar ??? 11, フリー ランス 手取り 20万 15, 竹野内 豊 実家 金持ち 5, 状況 が よく理解 でき ました 英語 35, マリアノリベラ カットボール 軌道 26, 銀シャリ 橋本 ナイトスクープ 8, 黒島結菜 陸上 部 13, 安田成美 中森明菜 不仲 4, 腎機能低下 原因 ストレス 7, 犯人探し 英語 ゲーム 39, カイジ 映画 利根川 名言 5, Pso2 スロット 導入店 4, オットギ ガーリックマヨネーズ 新大久保 19, ぼくらの 畑飼 死亡 14, Tomix 117系 Joshin 4, Meu ガバメント 互換性 7, 明大明治 中学受験 ブログ 4, 青木 宣 親 2ch まとめ 12, Afp 認定研修 おすすめ 14, 나는 나로 살기로 했다 通販 13, アン ファミーユ 竹田市 6, 宇治 拾遺 物語 一覧 9, Fラン 就職 知恵袋 56, ハニーズ コーデ 40代 夏 8, とれ っ ぴー ブログ 6, 根本美緒 4 人目 妊娠 40, 肉フェス ハム太郎 大阪 14, トト子 にゃー 歌 5, 日出学園 市川 有名人 12, 神山智洋 舞台 チケット 10, Teams サインインできない Ipad 30, 根本美緒 スリー サイズ 14,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *